導水琑言

目次


導水琑言序

故侍御医和田韞卿以方脈聞天下。而不著方論。 以為意之所解。口莫能言。唯有導水琑言一書。 即記其屡試而験者也。此雖特挙導水之一法。 善反之則一尺之矩。可以定天下之方矣。 今嗣泰中将梓而公于世。問序于余。余以為太史公作倉公伝。 録其所診。後世欲観古人診法者。於是手取焉。 因関其診藉。導水之治験。此編未載者頗夥。 今挙三則云。一夫嘗患疥癬。己愈満身洪腫。溺澁気役。 衆医与利水之剤。無験。乃為四物加香附子甘草浮萍湯使服之。 不日諸癃尽除。所以知利水而不利者。診其脈微而細。 膚嗇腠枯。心下痞塞。腹満而無力。病得之因患疥癬。 営燥衛泣。水道由此不利也。一士徇役于江戸。 患両脚浮腫。筋攣肉痺。衆医以為脚気治之。無験。 来于京師請治。韞卿曰。此疝瘕也。 即為四逆散加呉茱萸牡蛎劉寄奴湯与之。末三旬病已。 所以知非脚気者。切其脈沈緊。心下痞硬。脇下逆満。 臍左有塊。而胸腹無動。気息如常。故曰疝瘕。 一婦浮腫脚弱。筋攣気急。至夜気自左脇賁衝胸鬲。 煩悶不触寐。衆医以為脚気治之。無験乃按其腹。 心下拘急。胸下痞而有動。然心中不悸。身無所麻痺。 即為大柴胡加竜骨牡蛎呉茱萸甘草湯与之。 一剤而知。十剤而愈。所以知非脚気者。切其脈。 弦而緊。病得之肝気亢而中気塞。水道由此不利也。 之煕曰。古之喜用兵者。法初無不同。而不同之用。 子儀以寛。光弼以厳。王剪以衆。謝玄以寡。 孫臏減竈。而虞詡則増竈。医家之察四然二反。 亦何異乎斯。呉廷紹以楮実湯治喉痺。 以姜豆湯治脳痛。衆医記其方。他日試之皆(※)無効。 故曰古方治今病。猶拆旧屋建新屋。 諸家有医案。示所以拆旧建新之方也。 趙玄度好聚医書。為医蔵、繆仲醇指之曰。 此皆誤人之物也。仲醇豈不讀医書者乎哉。恐混法費人也。 所謂以書御者。不尽馬之情。後学者。 由此編得具一副活眼力。尚免為趙玄度耳矣。

※之皆―字がかすれて読めないため、燎原書院のものを参考にした。

文化二年九月
  栲亭源之煕撰并書

<戻>

導水琑言

東郭和田先生口授   男 哲筆受
           男 金+冏 挍

○夫水腫ノ病其症サマサマ有トイへトモ能其脈症ヲ審ニスルニ三候ニ過スヨク此三候ヲ識得シテ然後ニ薬ヲ施サハ恐クハ大ナル過ナカラン 是水腫ヲ療スルノ一大要領ナリ唯水腫ノ治ノミニ非ス万病皆此三候ヲ以テ本トス必倉卒ニ診察スルコトナカレ 所謂三候トハ何ソヤ曰実腫ノ候也曰虚実間腫ノ候也曰虚腫ノ候也実腫ハ其腫多シトイヘトモ治スルコト容易ナリ間腫コレニ次ク虚腫マタ其次ナリ 然レトモ此三症ハヨク彼ノ三候ヲ識得シテ薬ヲ施セハ治セスト云コトナシ唯極虚ノ腫ハ其腫些少ナリトイヘトモ薬効ナシ 故ニ此ヲ不治腫ト名ケテ療セス不治腫ノ診法左ニ詳ナリ此ニ贅セス

○凡実腫ハ其腫シツカリト堅ク勢アリテ手ニテ按セハ凹メトモ手ヲハナセハ乍故ノ如ク肉脹ス 虚腫ハ勢ナク其腫フワフワト和ラカニシテ按セトモ其跡急ニ起リ難シ是順症ノ腫状ヲ以テ虚実ヲ弁スルノ梗概也 又虚腫ニテ石ノ如ク硬キアリ其候実腫ニ紛レヤスシ実腫ニテフワフワト和ラカナルアリ其候亦大ニ虚腫ニ疑ハシ此ニ症ヲ弁スルコト他ナシ 唯脈ノ虚実ト腹ノ虚実ト皮膚ノ虚実ト舌色ノ虚実ト眼中ノ虚実ト腎間ノ動トヲ参候シテ然後ニ始テ其虚実ヲ知ルヘシ吾門是ヲ以テ六診ト云 六診ノ内腎間ノ候舌色ノ候皮膚ノ候皆別ニ口伝アリ又一種腫多ク有ナカラ其水肌表ニ達セス皮膚ニ皺ヨリタル者アリ 是大虚ノ腫也又一種腫ノ形状前症ノ如クナルカ又ハ石ノ如ク堅キ腫ニテ腹腰ヨリ以下夥シク腫テ臂肩胸背甚シク羸痩スル者アリ 是亦大虚ノ腫也右ノ二種多ハ不治ニ至ル者也又実腫ニテ腰腹以下多ク腫テ上部腫ナキ者アリ 是ハ臂肩胸背唯腫ナキノミニテ羸痩スルニハ非ス能能心ヲ用ヒテ此処ヲ弁シ且六診ヲ審ニシテ其実腫タルコトヲ知ヘシ治法後ニ附ス

○凡水腫ノ虚実ハ他病ト異ニシテ実腫トイエトモ脾胃ノ虚ヨリシテ発スル者ナレハ攻利ノ劇剤ヲ用テナヲナヲ脾胃ヲ損スルコト勿レ 唯病ニ於テ益無キノミニ非ス人ヲ損ルコト甚多シ深ク是ヲ慎ヘシ是水腫ヲ療スルノ一大戒也余声ニ吠ヘ耳ニ食シテ此説ヲ立ルニ非ス 往年此病因ヲ深ク考ヘス満腫ノ症ニ遇ヘハ必巴豆甘遂桃花牽牛ノ類ヲ以テ瀉下ヲ逞ス唯病者ヲ苦悩セシムルノミニテ効ヲ全スルコト甚希也 邂逅ニ効ヲ得ルコトアリトイヘトモ多ハ遠カラサル内ニ再ヒ満腫ス此時ニ至テ再ヒ瀉下ノ剤ヲ投スレトモ其効始ノ如クナラス斬斬ニ異症蜂起シテ終ニ救ヘカラサルニ至ルモノアリ 此時ニ當テ余カ満腔子一箇モ他ノ手段ナケレハ唯水腫ハ治スヘカラサルノ病ト錯悟シ凡一歳余モ水腫ノ治ヲ施ササリキ 然レトモモトヨリ方術ヲ好ノ癖深ケレハ手ヲ空シテ治ヲ施サルモ心ニ於テ隠ナラス及博ク古人ノ方籍ヲ読ミ始テ其病因ヲ了悟シ 次ニ其法方ヲ取捨シ是ヲ病ニ徴シテ其実効ヲ推シ方薬ヲ取用ルコト至テ簡約ニシテ無数ノ症ニ応ス縦横ニ治ヲ施スモノ今ニシテ五年余ナリ 極虚不治ノ症ハ験ナシトイヘトモ其他ノ諸症ハ効ナシト云コトナシ総シテ水腫ハ小水ヨリ利セスシテ大便ヨリ瀉下ヲ取ルハ益ナキモノト知ヘシ 勉テ方症ヲ能対配シ小水ヨリ通シ去ルヘシ然レトモ実腫勢甚盛ニシテ二便閉塞シ利水ノ剤ヲ投スレトモ涓滴モ利セス腹脹鼓ノ如ク呼吸逼迫シ苦悶シテ死セントスルモノニハ 甘遂末野薔薇実桃花ノ類ヲ投シテ下ヲ取ヘシ然レトモシハシハスヘカラス快下利シテ病勢ユルマハ能能診候シテ其方症ヲ対シ平和ナル行気利水ノ剤ニ転スヘシ 是実ニ已コトヲ得サルノ奇策ニシテ常法ニ非ス

○凡水腫ノ脈沈実ニシテ力アルヲ実トシ吉トス沈微沈細ニシテ力ナキヲ虚トシ凶トス 浮虚浮大ニシテ是ヲ按テ精神ナク例ハ風ニ木葉ノ散ルカ如ク木ノ水ニ浮カ如クナルモノハイヨイヨ虚ニシテ凶ト知ルヘシ 腫状舌色其他ノ諸侯トモ皆虚候ナルニ其脈反テ弦緊洪大ニシテ強クコレヲ按セトモ其脈勢イヨイヨ盛ニシテウツクシク丸ミアルコト聊モ無ク 例ハ薄キ竹箆ニテ指頭ヲ弾クヤウナル者ハ是極虚不治ノ脈也

○凡水腫ノ舌甚薄キ白胎ニシテ潤沢アルハ実腫ノ軽症也厚キ白胎又ハ黄胎ノモノハ一層重シト知ルヘシ 然レトモ虚腫ノ舌ニモ白胎黄胎アリ腫状ト脈状トヲ参考シテ其虚実ヲ弁スヘシ白胎ニテ枯骨ノ如ク乾燥スルモノ多ハ大虚ノ舌也 黒胎虚実二種アリ此舌口授ニ非レハ明ナリカタシ故ニココニ是ヲ略ス 厚キ白胎又ハ黄胎ニシテ舌ノ四辺紅鮮ニシテ例ハ緋帛ニテ縁ヲ取リタルカ如クナル者又舌ニ胎ナク火ノ如クニシテ乾燥セサル者皆虚候也 又胎ナク殷然トシテ火ノ如ク乾燥甚ク或白灰色ニテ乾燥甚キモノ供ニ極虚不治ノ舌也 又白胎黄胎或胎ナク赤色ナル舌ニテモ舌ノ左右ノ縁ニ紫黒色ナル斑点アルモノ是虚候ニシテ結毒アルノ舌也 総テ諸病トモニ舌傍ニ紫黒ノ点ヲ生スルハ皆結毒ノ候ト知ヘシ此外舌候数多アレトモ形色相似テ紛レ易キユヘ此ニ載セス 凡舌候脈候トモニ水腫ノミニ非ス万病皆是ヲ以テ候フヘシ

○凡水腫大便秘硬ナルヲ実トシ吉トス下利スルモノヲ虚トシ凶トス 又大便下利モセス常ノ通リニテ一日ニ五六度モ通スルアリ 又気急昼夜ニ五六度モ発シ其発スル度毎ニ大便ヲ催スモノアリ此二症皆大虚ノ兆也 又実腫ニシテ利水乏ク水穀分チカタク下利スル者アリ虚腫ニシテ大便秘渋スル者アリ 仔細ニ其腫状ト六診トヲ参考シテ混同スヘカラス

○凡水腫ノ症食ヲ嗜ム者ヲ実トシ吉トス食気ナキ者ヲ虚トシ凶トス 又虚腫ニシテ食ヲ貪ル者アリ此症皆脾胃虚損ノ甚シキ者ニシテ吉兆ニ非ス 又実腫ニシテ心下痞塞甚シク食ヲ思ハサルアリ此症亦前条ノ如ク腫状ト六診トヲ審ニシテ虚実ヲ弁スヘシ

○凡水腫吐血痰血下血アル者多ハ不治ノ症ト成リ易シ 然レトモ十中一二救ヘキ者アリ能能診候ヲ審ニスヘシ コレ血症ノ後ニ腫ヲ発スル者ヲ云ニ非ス水腫中血症ヲ兼ルヲ云也

○凡水腫ヲ病ム人ハ堅ク塩ヲ禁スヘシ麦飯ヲ和ラカニタキ昆布ヲ水煮ニシテ其汁ヲカケテ食スヘシ 汁ノ内へオロシ莢菔浅草海苔ナトヲ和スルモ苦シカラス或昆布ノ塩ヲ入レ冬瓜赤小豆ナトヲ煮テ食スルモ宜シ 鳥獣魚亀ハ云コトヲ待ス膏梁ノ飯ヲ食スルモ甚宜シカラス唯前ニノフル通ノ至極淡薄ナル食ヲ与ヘシ 必飽満セシムヘカラス夫食飽満スル時ハ脾気転セス脾気転セサル時ハ水道通セス 故淡薄ヲ食セシメ塩ヲ禁スルハ水道ヲ利センカ為也是水腫ヲ療スルノ一大手段也 脾胃大ニ虚損スル者又極虚ニ至ラサルモシハシハ下利スル者ハ麦飯ニヨロシカラス 陳倉米ナトノ味至テ淡キモノヲ一合或一合五勺ハカリヲ稀粥トナシ斟酌シテ一日ノ食トスヘシ 是亦一手段也麦モシクハ米多ク食セシムルモ其量二合ニハスクヘカラス 凡水気尽ルノ後五十日許モ塩ヲ禁シイヨイヨ再発ノ萌モ無レハ徐徐ニ塩ヲ食セシムヘシ

○凡水腫ヲ病ム人固ク浴湯ヲ禁スヘシ水腫ヲ病ム人浴湯スレハ其腫イヨイヨマス 水気尽ルノ後早ク浴湯スルモ宜カラス其腫多ハ再発スル者也 大法水気尽ルノ後軽者ハ三十日重者ハ六十日許ヲ経テコレヲ許スヘシ必軽忽ニスヘカラス

○凡水腫ヲ病ム人最房事ヲ謹ムヘシ呼吸逼迫等ノ苦悩モナキ腫ヲ病ム人ハ閑暇無事ナルヨリシテ欲情ヲ動シ間間欲事ヲ犯スモノアリ 慇懃ニコレヲ告戒スヘシ若是ヲ謹マサル人ハ其水通利シカタシ 大法水気尽ルノ後半歳許固ク是ヲ謹ヘシ若法ノ如クセサレハ其腫再発シテ頻年腫ヲ患ルモノ也

<戻>

実腫治法〔并〕方

○水腫心下痞硬小便短少ニシテ大便秘硬シ 其腫勢アリテシツカリト堅ク指ヲ以テ按セハ暫ク凹トモ手ヲハナセハ乍故ノ如ク肉脹シ 其脈沈実ニシテ力アル者是実腫也分消湯ヲ用ユヘシ 若水気多腹部ニ聚リ腹脹甚シキ者ハ三聖丸ヲ兼用スヘシ 毎服一銭白湯ニテ送下ス一日ニ二次若腹脹減シカタキ者ハ増テ三五銭ニ至ル

分消湯方
朮  茯苓 猪苓 沢瀉 大腹皮〔各大〕 橘皮 厚朴 枳実 縮砂 香附子〔各中〕 蜜香 甘草〔各小〕 生姜〔中〕
右水二合ヲ以テ煮テ一合ヲ取リ滓ヲ去リ分温テ両度ニ服ス昼夜三剤ヲ用 若胸中微飲アリテ微喘スル者ニハ蘇子ヲ加フ水気脇下ヨリ上衝スル者ニハ呉茱萸ヲ加フ

○腫状脈状及心下ノ痞大抵分消湯ノ症ニ類シテ唯心胸痞悶脇肋膨膨シテ飲食ヲ思ハス志気欝結シ怏怏トシテ楽マサル者ハ分心気飲ヲ用ユヘシ

分心気飲方
肉桂 茯苓 半夏 通草〔各中〕桑白皮 橘皮 羌活 腹皮 蘇葉〔各大〕芍薬 甘草 生姜 燈芯〔各中〕
右水煎症ニ随テ出入加減スヘシ

○腫状脈状大抵分消湯ニ類シテ心下覆盃ノ如ク痞硬最甚シク纔ニ身ヲ動揺スレハ気息逼迫スルモノ是水モツハラ心下ニ結聚スル也 他ノ薬ニテ救フヘキ者ナシ外台黒豆湯ヲ用ユヘシ〔此症心下ノ診口伝アリ筆授ノ尽ストコロニアラス〕 若腹満減シ難キ者ハ三聖丸ヲ兼用スルモヨシ 若脇下ヨリ水気上衝スルコトアラハ木茱丸ヲ兼用スヘシ 三四銭目ヨリ五六銭目ニ至ル或方中呉茱萸ヲ加ルモ亦可也

黒豆湯方
桑白皮〔大〕檳樃 茯苓〔各中〕
右三味黒豆煎汁二合ヲ以テ余薬ヲ入レ煮テ一合ヲ取リ滓ヲ去リ分チ温テ両度ニ服ス
黒豆煎汁ヲ作ル法
新黒豆一合半洗浄シ砂鍋ニ内レ水一升二合ヲ以テ煮テ六合ヲ取リ黒豆ヲ去リ汁ヲ用ユ即六合ヲ以テ前薬三剤ノ水トス
又黒豆ヲヒキワリ前薬一剤ニ二銭目ヲ合シ水二合ヲ以テ煮テ一合ヲ取リ用ユ其効本方ニコトナラス

○凡其腫状脈状黒豆湯ノ症ニ類シテ心下痞硬マタ一層甚シク呼吸逼迫シ利水シカタキモノ呉茱萸橘皮湯ヲ用ユヘシ 此方黒豆湯ニ比スレハ其病勢一等劇ナル者ニ宜シ

呉茱萸橘皮湯方
呉茱萸 橘皮 枳実 茯苓〔各等分〕
右水煎 症ニ依テ犀角ヲ加へ或一角ヲ兼用スルコトアリ又ハ半夏厚朴湯ニ犀角一角ヲ兼用スルモノアリ  虚腫ニハ附剤ニ一角或犀角ヲ加ルコトアリ犀角ト一角ト効験ノ差別アルコト屡実験ヲ得テ一家ノ口授アリ

○腫状脈状大抵分心気飲ノ如クニシテ唯心下急縮甚シク胸隔満悶利水シカタク呉茱萸橘皮湯ナト用ユルニ至ラサル者ハ理気湯ヲ用ユヘシ

理気湯方
即半夏厚朴湯ノ方内ノ蘇葉ヲ蘇子ニ代テ橘皮枳実桔梗連蕘ヲ加フル方也 若心下和シ難ク利水少ハ麦芽犀角ヲ加フヘシ

○凡其腫状脈状大略分消湯ノ症ニ類シテ喘咳甚シク呼吸短促ナルモノ是水胸中ニ聚ル也 先其上ヲ疏スヘシ越婢加朮苓湯コレヲツカサトル或云此症背悪寒ト煩渇トヲ主トシテ用ユト 此説的当ノ論ニ非ス悪寒ト渇トハ有ルモアリ又無キモアリ畢竟水気胸膈ニ聚リ喘咳ナトアルヲ主トシ用ユヘシ

越婢加朮苓湯方
麻黄 石膏 生姜 大棗 甘草 雲朮 茯苓
右水煎 若腹脹甚者三聖丸ヲ兼用ス
三聖丸方
鉄粉〔煆赤〕 禹余糧 蛇含石〔各等分〕
右各末トナシ糊ニテ丸トスルコト梧子大
水気専腹部ニ結聚シ腹脹気急小水不利スル者此丸大ニ験アリ 然レトモ虚腫腹脹ノ者ニハ効ナシヨク三候六診ヲ審ニシテ過ツコトナカレ

○実腫四肢十分ニ腫脹シ心下痞スレトモ硬ニ至ラス腹部満スレトモ脹ニ至ラス 手ヲ以テ腹ヲ按ニ空濡ナルカ如クニシテ腹底隠隠トシテ力アルモノ疏水湯ノ症也

疏水湯方
赤小豆〔一銭二分〕 大棗〔九分〕 地膚子〔七分〕 猪苓 沢瀉 茯苓〔各四分〕 黒牽牛〔三分〕
右七味各炒水煎 若心下痞シテ食ヲ思ワス志気舒暢セサルモノハ宿砂木香青皮各二分ヲ加フ

○満身洪腫其腫手ヲ以テ按ニシツカリト力アリテ其跡忽ニ起脹シ腫脹極テ甚ケレトモ嘗テ呼吸ニ礙ラス気息平常ノ如クナル者猪苓湯ノ症也 又一種腫ノ勢前ノ如クシテ腰以下満腫スレトモ臂肩胸背少モ腫ナク呼吸平常ノ如クナル者是亦猪苓湯ヲ用ユヘシ 渇ノ有無ヲ問ハス必此湯ヲ用テ先下ヲ疏スヘシ大ニ奇験アリ然レトモ此二症虚腫ニ紛レヤスシ 能能三候六診ヲ審ニシテ其実腫タルコトヲ弁スヘシ 又腫状脈状前症ノ如クニシテ心下痞満シ怏怏トシテ楽マス気息少短促ナルハ大橘皮加膠湯ヲ用テ其上ヲ和シ且其下ヲ疏スヘシ

猪苓湯方
猪苓 沢瀉 茯苓 阿膠 滑石〔各等分〕
右水煎
大橘皮加膠湯方
橘皮 茯苓 猪苓 沢瀉 桂枝 木香 朮  甘草 檳樃 生姜 滑石 阿膠
右水煎

<戻>

虚実間腫治法〔并〕方

○腫満指ヲ以テ按ニ濡硬其中ヲ得テ肌表ヒカヒカト光沢アリ其脈実ニシテ稍浮数ヲ帯フル者 是実ニシテ虚ヲ兼ヌルノ症也〔此診口伝アリ筆授ノ尽ストコロニアラス〕 温薬ニテ是ヲ導クヘシ大蒜煎ニ宜シ若病人蒜臭ヲ悪ム者ニハ鯉魚煎ヲ以テコレニ代フヘシ 若又鯉魚ノ腥ヲ悪ム者ニハ鯉魚霜ヲ用ユヘシ

大蒜煎方
赤小豆〔一合〕 蒜 生姜 生商陸根〔各三銭目細剉〕
右四味先赤小豆ト水トヲ以テ砂鍋ニ入レ火上ニ安シ次ニ三味ヲ以テ布袋ニ入レ赤小豆中ニ著シ是ヲ煮ルコト凡二時許 赤小豆熟爛ノ時ヲ候フテ布袋ヲ去リ赤小豆ヲ食セシム一日ニ一剤若其多ヲ厭者ハ剤半ヲ減セヨ唯病人ノ食量ニ随テ増損スヘシ
鯉魚煎方
鯉魚〔長七八寸者一頭去其鱗不去其腸〕 昆布〔方三寸二片〕 花椒〔一銭〕
右水一升八合ヲ以テ煮テ四合ヲ取リ其汁ヲ飲ミ且鯉ヲ食セシム毎日一剤
鯉魚霜方
鯉魚〔大者一頭不去其鱗腸〕 冬瓜〔各等分〕
右土器ニ入レ塩泥ニテ固済シ炭火ヲ以テ焼テ性ヲ存シ末トナシ白湯ニテ送下ス毎服一銭日ニ二三次

○水気久シク去ス唇口乾燥シ其皮膚堅厚ニシテ枯燥シ例ヘハ槁木ノ潤沢ナキカ如ク 心下痞硬胸中不利シ微シク喘気アルモノ是虚ニシテ実ヲ兼ルノ症也木防已加茯苓湯ヲ用ユヘシ

木防已加茯苓湯方
木防已〔五分〕石膏〔二銭〕桂枝 人参〔各三分〕茯苓〔六分〕
右水煎

○其腫状脈状大抵大蒜煎ノ症ニ類シテ心下和セス築築トシテ悸動スル者是畜水ト固有ノ積癖ト併セテ心下ニ聚ル也 姜桂加茯苓湯ヲ用ヘシ総シテ実腫虚腫トモ多ハ動悸ナキモノニシテ唯此間腫ニハ必動悸アリ 然レトモ草草ニ診察スレハ脚気ノ動悸ニ取紛フコトアルヘシ脚気動悸ノ症ハ此治法ト大ニ異リ必治ヲ誤ルヘカラス

姜桂加茯苓湯方
柴胡 黄芩 桂枝 乾姜 牡蛎 甘草 瓜楼根 茯苓
右水煎 若脇下ニ上衝スル者ハ呉茱萸ヲ加フ若脈一層虚候ヲ見ハシ心下和シ難キ者ニハ附子ヲ加フ

○脈症略大蒜煎ノ症ニ似テ呼吸短息喘咳スル者ハ千金越婢湯ヲ用ユヘシ

千金越婢湯方
即越婢湯ニ朮附ヲ加ル方也更ニ茯苓ヲ加フヘシ

虚腫治法〔并〕方

○其腫勢ヒ少ク心下痞硬或少シ気急シ或腹脹スルモノ是虚腫ニシテ未極虚ニ至ラサル者也 済生実脾散ヲ用ユヘシ此上シハシハ下利ナトアリテ木瓜檳樃草菓ノ類ヲ用ヒ難キ症アリ四苓散ニ附子橘皮ナト加テ用ル欤(※) 又ハ真武湯ヲ用ルノ場合モアリ〔真武湯ニ理中湯ヲ合テ用ルモヨシ然レトモ心下ノ候口伝アリ〕  能能三候六診ヲ審ニシテ誤治スヘカラス

※欤(ヨ・か)―歟の簡体字。文末につけて疑問・反語の語気をあらわすことば。

済生実脾散方
厚朴 朮  木瓜 木香 草菓 檳樃 附子 茯苓 乾姜 甘草
右水煎

○其症実脾散ニ同フシテ唯心下ノ痞コレヲ按テ力ナクハ香砂六君子湯ヲ用ユヘシ 痞悶気急ヲ苦ハ犀角麦芽ヲ加ヘ腹脹甚キハ厚朴ヲ加へ下利スルハ附子ヲ加フ 然レトモ此診加減ノ法口授シカタシ能能心ヲ用ヒテ是ヲ察スヘシ

香砂六君子湯方
白朮 茯苓 人参 甘草 陳皮 半夏 香附子 宿砂 藿香〔或去或加〕
右水煎

○其腫虚濡ニシテ力ナク按セトモ其跡急ニ起リ難ク 或腹以下腫アリテ臂肩胸背羸痩シ其脈微細或浮虚ニシテ心下大ニ痞悶シテ飲食美ナラサルモノ 是虚腫ニシテ実脾ノ症ヨリ又一層脱ノ甚シキ者也壮原湯ヲ用ユヘシ

壮原湯方
人参 白朮 茯苓 桂枝 附子 乾姜 宿砂 陳皮 破胡紙
右水煎

○其腫状脈状大抵前症ノ如クニシテ腰脚解■(人偏に亦、㑊)シテ力スクナク或臍下不仁スル者八味丸料ヲ用ユヘシ

八味丸料
地黄〔生乾熟随宜〕 山茱萸 薯蕷 沢瀉 茯苓 牡丹皮 桂枝 附子〔生製随宜〕
右水煎

○腫満堅硬ニシテコレヲ摩スルニ潤沢ナク 例ハ革嚢ニ水ヲ盛リテ其口ヲ紮ルカ如ク手当リカサカサトシテ堅キ腫ハ陽気ノ脱スル也 或水気十分ニアリナカラ其腫肌表ニ達セス肌膚皺アルモノ二症トモニ陽脱ニシテ多ハ不治ニ至ルモノ也 已コトヲ得スンハ防已茯苓加附子湯ヲ用ユヘシ〔或附子ヲ去リ本方ハカリ用ルノ症アリ〕 又補中益気湯ニ附子ヲ加ルカ又ハ五苓散ナトヲ合シテ用ユルコトモアリ

防已茯苓加附子湯
防已 桂枝〔各中〕茯苓〔大〕甘草〔中ノ小〕黄耆 附子〔各中〕
右水煎

<戻>

附録

○疥癬頭瘡内攻シテ腫ヲナスモノ是亦虚実ノ二症アリ 其内虚症少クシテ実症多キモノ也 能診候シテ虚実ヲ弁別シ症ニ随テ利水ノ剤ヲ投スヘシ 必瘡ニ拘泥スヘカラス元来疥癬内陥ヨリシテ起ルコトナレトモ当時満腫シテ腹脹気急スルハ皆水ノコト也 故ニ先其水ヲ利スルヲ以テ治トス其水快利スレハ先ノ内陥セル瘡発表ノ薬ヲ待スシテ悉皆表発ス 是予カ近年ノ新手段ニシテ屡効ヲ得ル所ノ者也 若腹脹気急至テ甚シク涓滴ノ利水モナク苦悶死セント欲スル者ニハ甘遂桃花ノ類ニテ一下ヲ取ルヘシ 然レトモ同シクハ下剤ヲ用ヒスシテ効ヲ全フスヘシ是マコトニ已コトヲ得サルノ一計ノミ治験後ニ附ス

○尼真錐者年二十八疥癬内陥シテ遂ニ腫脹ヲナス医二三コレヲ下ス腫益甚シ 尋テ発表利水ノ剤ヲ投ス亦効ナシ困苦已ニ極レリ予ヲ延テコレヲ診セシム 通身洪腫シテ腹鼓ノ如ク咳逆短気喘鳴鋸ヲ拽カ如シ予乃越婢加朮苓湯ヲ投ス 毎料重サ十銭兼テ三聖丸ヲ服セシム初昏ヨリ平旦ニ至ルマテ湯薬凡五剤丸薬凡四銭平旦ノ後腹中鳴動シ小水利スルコト一升許 喘鳴半ヲ減ス一時許ニシテ復利スルコト二升余喘鳴失フカ如ク腹脹半ヲ減ス 爾後小水日ニ益快利シ十日ヲ過スシテ満身カツテ水ナシ然後ニ先ノ陥スル所ノ瘡マタ勃然トシテ発ス 乃薬ヲ敷テ其毒ヲ尽シ薬湯ヲ製シテ浴セシム三十日ニシテ全ク安シ

○縫屋五兵衛者年四十前症ヲ患フ其症稍虚候アリ予乃千金越婢湯ヲ作テコレヲ服セシム十日ニシテ腫脹悉ク平ク

右ノ外治験数多アレトモ此ニ録セス能ク三候六診ヲ審ニシテ其症ニ対スル利水ノ方ヲ処スヘシ必瘡ニ拘泥スヘカラス是予カ内攻ヲ治スルノ法也

○夫脚気ノ病其初発多ハ皆膝骨弛緩行歩シカタク或踝骨疼痛或足筋攣急或腨脹硬脹シ遠行シテ疲タル状ノ如ク或両脚酸疼或麻痺シテ痛痒ヲ知ラス 或環口及臍下不仁シ或両脚痿弱頑痺ス各皆小水短渋ニシテ呼吸促迫シ虚里ノ動盛ナル者也 劇者ハ満胸ノ骨間悉ク皆悸動ス此症甚恐ルヘキコトニテ多ハ心ニ衝ノ根脚ト知ルヘシ 凡前ニ説ク諸症ノ内一二症アリテ小水イヨイヨ不利シ遂ニ腫ヲ発スル者ヲ脚気腫満ト云 又始終腫ヲ発セスシテ唯痿弱麻痺気急ナトハカリノ者アリ是ヲ乾脚気ト云 俗医ヤヤモスレハ輙云フ凡腫脚ヨリシテ発スルモノハ脚気ノ腫也ト嗚呼是何ノ言ソヤ笑フヘキノ至也 水腫ノ初発ハ皆脚ヨリシテ腫ルルモノ也唯前ニ説ク通リノ諸症アリテ後腫ヲナス者ヲ脚気腫ト定ムヘシ 右ノ症ナクシテ腫ヲ発スルモノハ皆平常ノ水腫也能能心ヲ用テ脈腹ヲ察シ猶且腫ヲ発セサルノ前右ノ諸症有ヤ無ヤト委シク是ヲ問フヘシ 若水腫ヲ脚気腫トナシテ誤治スレハ利水少キノミニテ格別ノ害ナシ脚気腫ヲ誤テ水腫ノ剤ヲ投スレハ其変踵ヲ廻ラサス謹テ誤治ヲナスコトナカレ

○凡脚気ノ脈大抵水腫ニ同シ故ニ脈候ヲ載セス四肢微冷シ脈伏シテ応セサルモノハ極危劇ノ候也 然レトモ此内ナヲ救フヘキ症アリ此診口授アリ

○凡脚気ノ舌候亦水腫ニ同シ是亦類ヲ以テ推ヘシ

○凡脚気ノ病其因マタ水腫ト同事ニテ虚実二症トモニ皆脾胃ノ虚ヨリシテ発スル者ナレハ其治吐下ノ剤ヲ用ヒスシテ効ヲ取ルヲ以テ上策トス 然レトモ呉茱萸木瓜檳樃桑白皮童便石膏麻黄ノ類ヲ用レトモ衝気少シモ降ラス 昏悶苦楚(※)シ涓滴ノ水モ利セス嘔吐スル者ハ能能三候六診ヲ審カニシテ却テ瓜蔕ノ類ヲ用ヒ一湧ヲ取レハ豁然トシテ速験ヲ奏スルコトアリ 是脚気水毒胸中ニ固泥スルノユヘ湧吐ニ非レハ治スルコト能ハサルモノ也 然レトモ其実症ナルコトヲ徹識セサレハ却テ命期ヲ促スノ助トナルヘシ 若前症ノ如クニシテ嘔吐ナク呼吸逼迫腹脹甚シク実候疑ナキ者ナラハ甘遂桃花野薔薇実ノ類ニテ一下ヲ取リ衝気ユルマハ症ニ随テ降気ノ剤ニ転スヘシ 右二症口伝アリ能診候ヲ審ニセサレハ必人ヲ誤ル容易ニ施スヘカラス若虚症ナレハ前症ノ如クナルニ犀角ヲ用ユルノ症アリ 真武ノ類ヲ用ルノ症アリ此二症亦口伝アリ

※楚―「脳」の書き込み有り。

○凡脚気ノ禁忌亦水腫ニ同シ食禁ヲ巌ニセサレハ薬ストイヘトモ効ナシ能能病者ニ告戒スヘシ

○凡脚気ノ症水薬口ニ入レハ即吐スルモノ是劇症ニシテ多ハ急変アリ 又病勢イマタ劇ナラサルニ時時吐アル者是亦多ハ危篤ニ至リヤスシ能能心ヲ用ユヘシ

○凡脚気初発手足少シク麻痺ヲ覚ヘ或腨脹硬脹シ或少ク気急或手足微腫シ或否ラス 其脈実スル者檳蘇湯ヲ用ユヘシ其効却テ小檳樃湯ニ優レリ

檳蘇湯方
即香蘇散ニ木瓜檳樃羌活木香ヲ加フル方也 〔外台小檳樃湯方 半夏生姜桂枝檳樃末以上四味水煎〕

○脚気乾湿二症ニ拘ラス小水短渋ニシテ気急シ手足麻痺甚シク或膝骨弛緩スル者越婢加朮苓湯ヲ用ユヘシ此症診候口伝アリ 〔方水腫中ニ出〕
若心下和シ難ク気急スル者ニハ木瓜檳樃ヲ加ヘ或呉茱萸桑白皮ヲ加フ或木茱丸ヲ兼用スルコト一日夜ノ間三四銭ヨリ四五銭ニ至ル 若脈症虚候アリテ心下和シ難キ者ニハ附子ヲ加フ 即千金越婢湯也千金越婢湯ニ木瓜檳樃呉茱萸ナトヲ加フル症モアリ木茱丸ヲ兼用スルコトモアリ症ニ随テ出入スヘシ

○脚気乾湿二症ヲ論セス小水不利シ心下痞硬最甚シク其状覆杯ノ如ク呼吸短促ソノ脈症実ニ属スル者外台黒豆湯ヲ用ユヘシ 大ニ奇効アリ然レトモ此症心下ノ候ヲ識得セサレハ用テ効ナシ〔心下候口伝アリ方水腫中ニ出〕

○脚気胸満気急シ其気上冲セント欲スルモノ大檳樃湯ノ症也

大檳樃湯方
檳樃〔大〕 生姜〔中〕 橘皮 呉茱萸 紫蘇 木瓜〔各中〕
右水煎 〔外台大小檳樃湯ノ方名ナシ近来医流ソノ探索ニ便ナランコトヲ欲シテ名ヲ命スルノミ〕

○脚気心ニ冲シ昏悶シテ死セントスル者桑白皮湯ヲ用ユヘシ

桑白皮湯方 〔此方外台方名ナシ假ニ其名ヲ命スルノミ〕
桑白皮 呉茱萸
右水煎 〔本方生姜アリ時ノ宜ニ随テ加減〕

○京都六七年前ヨリ急劇ノ病流行シ人ヲソコナウコト少カラス 其症心腹脹痛シ或胸中痛裂カ如ク腹攣急シ呼吸短促其状全ク結胸トモ云フヘシ 大抵形状右ノ如クナルユヘ時医多ク大陥胸湯ヲ用ユ予モ亦手段ナケレハ大陥胸湯ヲ用ユル者凡五六人 服薬ノ後暫時ハ病勢ユルムヤウニ見ユレトモヤカテ前ノ如ク盛ニナリ 其後ハ大陥胸ノ類ヲ用レトモ即時ニ吐出シ次第ニ胸中ニ上冲シ昏悶百苦シテ皆死ス 其迅速ナルコト或三日或六七日ニ過ス京師ノ俗コレヲ三日坊ト名ク 予屡ソノ病ヲ診スルニ其症結胸ニ似タレトモ其脈結胸ノ脈ニ非ス 皆浮虚或浮弱或沈微沈細ニシテ力ナシ因テ思フ此症実ニ非スシテ虚也 下剤ノ宜キ所ニ非ス全ク脚気ノ一種ニテ水毒急ニ胸中ニ上冲スル者也ト 乃外台卒上気門ニテ桑白皮湯ヲ選ミ出シ専一ニコレヲ用ユルモノ五六人或大便秘結ヲ苦ムモノアレトモ聊モ下法ヲ行ハス始終此湯ヲ用テ救コトヲ得タリ 其後右ノ症ニテ脱候多キモノ五六人アリ乃本方ニ附子ヲ加テ飲シム亦皆全ク安シ此症極急劇ノ症ユヘ其梗槩ヲ記シ以テ参考ニ備ト云

○脚気乾湿二症ヲ問ハス小水不利呼吸短促煩悶スル者呉茱萸橘皮湯ヲ用ユヘシ 〔方水腫門ニ出〕  此症桑白皮湯ト大同小異アリ 〔診候口伝〕

○脚気冲心ノ症桑白皮湯或呉茱萸橘皮湯ナト用レトモ苦味ヲ悪テ嘔吐スルモノニハ沈香後気湯ヲ用ユヘシ 然レトモ沈香交趾産ノ上品ニアラサレハ効ナシ

沈香降気湯方
沈香〔五分〕 縮砂〔五分〕 香附子〔一銭〕 甘草〔五分〕
右水煎〔不用塩〕 或症ニヨリテ蘇子茯苓ヲ加フルコトアリ此症病勢最甚シキ者ハ本方ニ一角ノ末ヲ兼用スヘシ 大抵昼夜ニ三銭ハカリヲ用ユヘシ大ニ奇効アリ又水気心胸ニ畜滞シテ利シカタク呉茱萸橘皮湯ナト用テ益通利セサルモノニハ半夏厚朴湯加犀角ヲ用ユヘシ 又疥癬内攻ノ腫格別喘満スル程ニ至ラス唯腹脹シテ利水シカタキ者ニ用テ妙也

○脚気上冲死セント欲スル症桑白皮湯ニ犀角茯苓ヲ加ヘ豁胸湯ト名ケテ用ユ 其効殊ニ著シ此症心下急迫最甚キモノハ豁胸湯ニ沈香降気ヲ合テ用ユ 若形病トモニ虚シテ勢ユルキモノハ真武湯ニ呉茱萸桑白皮犀角或甘草ヲ加ヘテ用ユ〔診候口伝〕 右ノ二方或童便ヲ加ヘテ用ユルコトモアリ

○脚気心ニ冲シ死セントスル者ヲ救フ方〔外台〕

檳樃〔三顆末〕 生姜汁〔三合〕 童子小便〔二升新者不須煖〕
右三味攪テ頓服ス剤ノ大小臨時ニ斟酌スヘシ

○脚気痿弱ノ症附子ヲ用ユヘキ症ニシテ千金附子湯ナトヲ用ルニ胸中一物アルカ如ク胸肋膨張シテ却テ快カラサル者ハ 千金越婢湯ニ木瓜檳樃ヲ加テ用ユル欤甚シキ者ハ犀角麻黄湯ヲ用ユヘシ此症ニハ二方トモ炮附子ヲ用ユヘシ

犀角麻黄湯方
犀角〔二両屑〕 麻黄〔二両〕 甘草〔一両〕 茯苓 防已〔各二両〕 黄芩〔一両〕 石膏〔三両〕  附子〔一両〕 朮〔一両〕 芎藭〔一両〕 防風〔一両〕 当帰〔一両〕 生姜〔三分〕 細辛〔一両〕 桂〔一両〕
右水煎

○脚気上冲気急治シテ後麻痺痿弱スル者千金附子湯ヲ用ユヘシ 若気急全ク去ラスンハ檳樃木瓜呉茱萸ノ類ヲ加ユヘシ若心下結聚久ク去リ難キハ鼈甲ヲ加フヘシ

千金附子湯方
桂枝 芍薬〔各大〕 甘草 附子 朮 茯苓〔各中〕 人参〔或代生姜〕
右水煎

○脚気冲心治シテ後痿弱最甚シク小水不利或腫勢少ク少腹力ナク麻痺スルモノ八味丸ヲ用ユヘシ 煎湯トナシテ用モ亦可也〔方水腫中ニ出〕

○脚気冲心治シテ後小腹疝瘕有テ下焦ノ気メクラス痿弱麻痺久ク愈サル者アリ 是千金附子湯八味丸等ノ症ニ非ス其脈腹ノ虚実ト疝瘕トヲ能能候ヒテ寄奴湯ヲ用ユヘシ 若心下痞硬脇下逆満等ノ症ヲ兼ハ呉茱萸牡蛎乾姜ナトヲ加フヘシ

寄奴湯方
朮 桂枝 茯苓 柴胡 劉寄奴 甘草〔本無甘草今加之〕
右水煎

 千金八所灸穴(※底本にある訓点は略す)
風市  千金云令病人起正身平立垂両臂直下舒十指掩著両髀便点当手中央指頭髀大筋上是  此法ノ如クシ穴ヲトルコトヲ婦女子ナトノ忌嫌フモノハ別ニ一法アリ  類経図翼云在膝上七寸外側両筋間此法ノ如ク曲膝頭ヨリ七寸上ノ髀ノ大筋ノ上ニ点スヘシ  両筋ノ間トアレトモ是ハ千金ノ通リ大筋ノ上ニ定ムヘシ
伏兎  千金云令病人累夫端坐以病人手夫掩横膝上夫下傍与曲膝頭齋上傍側夫際当中央是  此法ノ如キハ即膝上三寸陰市ノ穴也按ニ千金云陰市在膝上当伏兎上行三寸臨膝取之ト  此法ノ如ンハ伏兎ノ上三寸陰市也既ニ伏兎ヲ以テ膝上三寸ニ定メ其レヨリ上三寸ヲ陰市ト定ムルコト明ケシ  然ラハ臨膝取之ノ四字誤リ也甲乙経云伏兎膝上六寸陰市膝上三寸是ヲ以テ考フレハ千金陰市ヲ以テ伏兎トシ伏兎ヲ以テ陰市トシ前後相誤レル也  今膝上六寸ノ法ヲ以テ伏兎ヲ定ムレハ風市ト大抵相並也然ラハ同シ胃経ナレハ膝上三寸陰市ニ灸スルモ亦可ナランカ
犢鼻  千金云一云在膝頭下近外三骨箕踵中動脚以手按之得窟解是  三里ノ穴ヨリ上ノ方ヘ押上レハ膝眼ノ下一寸ハカリノ所ニ行トマル也  其ユキトマリノ骨ノ下ノクホカナル所ニ点ス
膝眼  千金云在膝頭骨下両傍陥者宛宛中是  足ノヒササラノ下ニ両眼ノ如ククホカナル所アリ  其クホカナル所ニ点ス両眼ノ如キ故膝眼ト云  犢鼻モ形犢ノ鼻ノ如クナルユヘ名クル也
三里  千金云在膝頭骨節下一夫附脛骨外是  足ノムコウス子ノ骨ノ外ノ方ヨリ押上レハ膝眼ノ下三寸ハカリノ所ニテ行トマル也  其ユキトマリノ骨ノ下ノクホカナル所ニ点ス又一法大指次指ヲ以テ膝ヲ囲ミ中指ノ当ル所ヲ穴トス
上廉  千金云在三里下一夫亦附脛骨外是 三里ノ下三寸也三里ヨリ斜ニ脛骨ニヨセテ附クヘシ
下廉  千金云在上廉下一夫 上廉ノ直下三寸也脛骨ニヨセテ附クヘシ
絶骨  千金云在脚外踝上一夫亦云四寸是  外踝上四寸トイフモノヨシ外踝ノ上カトヨリ押上レハ骨ノタユルトコロアリ  其骨ノタエメヲ少ハキホ子ノ方へヨセテ点ス
凡足部ノ穴ヲトル寸法ハ三里ヨリ解谿ニ至テ折テ一尺一寸トスルヲ用ユヘシ  千金ニハ同身寸ヲ用ユレトモ足ハ足ノ寸ヲ以テ量ルヘキコト也
右八所ノウチ犢鼻膝眼ナトノ一穴ヲ去テ三陰交ヲ加フルモ亦ヨシ三陰交ハ内踝上三寸骨ニソウテ附クヘシ 此灸痿弱等ノ症大ニ験アリ一穴ニ五十壮毎日灸スヘシ然レトモ腫満或上冲ノ気味アリテ虚候多キモノハ宜カラス 右ノ症去テ後唯脚弱又ハ膝骨弛緩等ノモノ灸スヘシ腫満上冲ノ気味アルモ実症ナラハ灸シテヨシ

○風毒亦脚気ノ類也然レトモ此病実症多クシテ虚症スクナシ 其症脚腫或焮痛スルモアリ軽キ者ハ檳蘇散熱気カロク焮痛忍フヘカラス 或皮膚赤ク色ツキテ皮破レテ水モレント欲スルヤウナルハ当帰拈痛湯ヲ用ユヘシ 熱気甚シク痛モ准シテ甚シキ者ニハ越婢加朮湯ニ木瓜檳樃ヲ加テ用ユヘシ 此薬ニテ痛去リ難キ者ニハ 大黄〔一匁〕 黒牽牛〔一匁〕 甘遂〔五分〕 右三味ヲ糊ニテ丸シ毎夜一銭ツツ兼用スヘシ 若脈症脱候アル者ニハ千金越婢湯ニ木瓜檳樃ヲ加テ用ユ此症ニハ下剤ヲ用ユヘカラス 或桂枝附子湯ナト用ユルノ症モアリ能能三候六診ヲ審ニスヘシ

当帰拈痛湯方
羌活 当帰 猪苓 知母 白朮 澤瀉 人参〔随症加減〕苦参 升麻 葛根 防風 蒼朮 茵蔯 黄芩 甘草
右水煎
実症ノ風毒硬腫シテ屈伸スヘカラス其痛咬カ如クニシテ忍フヘカラス日夜号泣スルモノ兎功散ヲ用ユヘシ
兎功散方
黒牽牛〔炒為末五十目〕 小茴香〔十匁〕
右為末和匀シ熱酒ヲ以テ送下スルコト一銭日ニ五六次頻ニ快下利ヲ得ルトキハ愈ユ 凡一昼夜ニ五六銭ヲ用ユヘシ然ラサレハ効ナシ予屡試ルニ風毒ノ腫痛ハ牽牛ヲ以テ下スヲ上トス 他薬ニテ快下ヲ得ルコトアレトモ其効牽牛ノ如ク速ナラス

○風毒ハ脚気ノ類タリトイヘトモ唯水気手足関節肌肉ノ間ニ凝滞シテ痛ヲナスハカリニテ 脚気ノ如ク冲心ノ患ナシ故風毒ハ病浅シテ治ヲナシ易シ 然レトモ往往脚気ニ風毒ヲ兼タル症アリ此症単ニ風毒ノ治ヲ施シ却テ人ヲ誤ルコトアリ心ヲ用テ診候スヘシ治法口伝アリ

<戻>

薬品説

朮   脾気ノ虚ヲ主トスルハ白朮ヲ用ヒ利水除湿行気ヲ主トスルハ蒼朮ヲ用ユ
橘皮  脾気ヲ和シ行ラスハ陳皮ヲ用ヒ欝気ヲ快クシ行ラスハ青皮ヲ用ユ
劉寄奴 本草家乙切草ヲアツルノ説アリ又ハンコン草秋ノキリン草ヲ劉寄奴ニアテオトキリ草ヲ小連蕘ニアツルノ説アリ イツレカ是ナルヲ知ラスコレヲ試ルニ乙切草効アリ故乙切草ヲ用ユ

   含章斎蔵

<戻>

導水瑣言〔畢〕

<戻>