蕉窓雑話 第一巻

底本:国立図書館蔵ヤ9-1083-1(1、2巻のみ)及び、京都大学デジタルアーカイブRB00000250(全巻)
参考図書:『蕉窓雑話・蕉窓方意解』雨宮良三(創医会)

→序文→凡例→医則→本文→附方

序文

蕉窓雑話 初編 全

蕉窓雑話序
我邦医政上古邈(※)矣不可得而詳 焉中葉以来専宗書来之意陰陽 旺相(※)司天在泉(※)只管(※)推求不散違其 範(※)其弊多騁(※)空理而失実際雖有 俊傑之士亦未能出其窩窟(※)也然以 其人誠愨(※)慎重失於密而不失於䟽 其言伝于今亦多可以為準則者至

※邈-とおい。
※旺相-陰陽五行説に関するものか。四季に応じて木火土金水の強弱を「旺相死囚休」として表す。旺(おう)は旺盛、勢いがあるという意味、相(そう)はやや強いという意味。(wikipedia)
※司天在泉-司天、在泉ともに運気に関する言葉。
※只管(しかん、ひたすら)-①すっかり。まったく。②ただただ。いちずに。
※推求不散違其範-「その範(陰陽五行の決まり事)が違い散らない(矛盾しない)ように推することを求める」という意か。
※騁-①はせる。馬をはせる。②思いをはせる。心ゆくまでのべる。
※窩窟(かくつ)-あな、いわや、ほらあな。
※誠愨(セイカク)-きまじめでかたいこと。

享宝(※)之間豪傑並出始盛唱復古直 求之于漢代一以長沙氏為宗斥(※)宋 元諸家以破其拘惑其績(※)固非不偉 而其持論過高求勝其弊全慶(※)陰 陽六経之説不問虚実不論根因一従 見証以施治亦未免通此而礙彼之 誚(※)也於是古方後世両派分立彼此 綿々莫之能折衷(※)及乎吾東郭先生出

※享宝-享保(1716~1735)から宝暦(1751~1764)の年代ということであろうか。後藤昆山(1659~1733)、吉益東洞(1702~1773)ら古方派の医師と重なる年代である。(和田東郭1743~1803)
※斥(せき)-しりぞける。おしのける。
※績(せき)-物をつくりあげるわざ。しごと。しあげた結果。(他、糸をつむぐなど)
※全慶-不明。
※誚(しょう)-責める。しかる。そしる。
※折衷(せっちゅう)-いくつかの異なった考え方のよいところを合わせて、一つにまとめ上げること。

曰聖賢在古用心尽力我儕(※)生千歳 之下読其書而学其道各法其所善 而闕其所疑則古人孰非吾師傷 寒金匱固我道之詩書(※)然而残缺(※)不 完宋元方書雖分趣不同亦孔註(※)鄭 箋(※)所謂夏取時商取輅周冤韶舞(※)採 択不遺学医法亦如此而引矣是 以先生施治不必於古亦不拘於今

※我儕(わなみ)-一人称の人代名詞。対等の者に対して、自身をいう語。
※詩書-中国古典の詩経と書経。
※残缺(ざんけつ)-残欠、残闕。書物などの一部分が欠けていて不完全なこと。また、そのもの。
※孔註-不明。孔安国による注釈であろうか。
※鄭箋-『毛伝鄭箋』のことか。詩経の注釈書。
※夏取…韶舞-『論語』衞霊公第十五の十「顔淵問為邦」の一部分。「顔淵、邦を為むることを問う。子曰く、夏の時を行い、殷の輅に乗り、周の冕を服し、楽は則ち韶舞し、鄭声を放ち、佞人を遠ざく。鄭声は淫にして、佞人は殆うし。」というもの。韶舞(しょうぶ)は中国伝説上の天子、舜が作ったとされる楽曲。

自有一種活致而可伝於後世者多 矣当時門人侍述文以国字録其説 輯為数巻名曰蕉窓雑話距今 殆将二十年先生己没録者亦漸 就木(※)豈得無感書之情乎是以不碩(※) 其固陋欲校訂之以公于世久矣今茲 戌寅夏偶嬰疔毒弐死而幸免因謂 此雖琑言亦先生之遺教今而不謀

※就木(しゅうぼく)-木(棺桶)に就くという表現から、余命がいくばくもない、死期が近い、という意味。
※碩(せき)-おおきくすぐれている。
※戌寅-1818年。

梨棗(※)永将滅蠹(※)塵(?)乃黽勉(※)従事先 以其一巻上于木如其二編三編則 追次続鍥(※)庶哉乎先生之遺沢(※)不 亡而門人之功力亦永存矣 文政紀元(※)戌寅冬至日
     近江 服部流謙謹撰

※梨棗(りそう)-(梨と棗の木は共に版木に用いられることから)版木、もしくは版木にして出版すること。
※蠹(ト、きくいむし、しみ、そこなう、むしばむ)-木を食う虫。しみ、という虫の名で衣類や書籍などを食う虫。物事に損害をおよぼす。虫が食う。
※塵-ちり、であるが文意は不明。
※黽勉(びんべん)-つとめ励むこと、精をだすこと。
※鍥(けつ)-鎌。きざむ。刃物で金属や石などに刻みつける。
※庶-①一般の人、もろびと。②もろもろの、いろいろな。③正妻でない女性から生まれた子。④こいねがう。
※遺沢-後世に残る恵み。
※文政紀元-1818年。

凡例

蕉窓雑話凡例
一此書蕉窓雑話ト名ツクルコト固ヨリ意義アルニアラス先生家塾ノ窓前ニ芭蕉アリテ其下ニテ筆記シタル故ニ名ツケシナリ
一此書先生蒙昧(※)ノ輩通暁(※)シ易キカ為ニ俚言(※)ヲ避スシテコレヲ教ユ録スル者亦其実ヲ失ハサランカ為ニ言語ノママニ記シテ敢テ文ヲ飾リ意ヲ巧ニセス
一此書初メ伊予国久保喬徳首トシメコレヲ録シ同国柁谷守清コレニ続ク其他諸子ノ続テ録スル者アリト雖モ歳月ヲ歴ルコト久シテ其姓名ヲ遺失シ知ルコト能ハスシテ喬徳守清ノ苦心最大ナリトス二子ナクンハ此書モ亦成ルコトナカラン但二子不幸ニシテ皆夭死シ草稿ヲ改ムルコト能ハス語辞雑駁(※)ニシテ完カラス故ニ予二子ノ志ヲ続キ実ニ質シテ刪訂シ且コレヲ補綴ス
一此書雑話ニシテ固ヨリ編次ナシ校正ノ時ニ当テ数話ヲ輯テ纔(※)ニコレヲ編次ストイヘトモ或ハ始ハ同シ話ニシテ終ニ至テ同シカラサルアリ或ハ始メ終リ同フシテ中程同シカラサル者アリテイマタ精整ナルコト能ハス読者コレヲ錯綜シテ見ルヘシ
一書中貴族ノ称号他医ノ姓名等苟クモ其過失ニ渉(※)ル者ハ伹某某ト記シテ名ヲ載セスコレ有テ治術ニ裨(※)ノナケ  レハナリ
一書中原話ノ足ラサルヲ続貂(※)スルアリ又愚按ヲ挿入スルアリ原話ニ混セシメサルカ為メ一等ヲ下シテコレヲ  録ス
一書中ニ話スル処ノ薬方及先生ノ家方ニ出ル者直ニ話下ニ於テ薬味ヲ記スル者アリ又唯方名ノミニシテ薬味ヲ記セサル者ハ尽ク巻末ニ附セン
               謙誌

※蒙昧-暗いこと。転じて、知識が不十分で道理にくらいこと。
※通暁-①すみずみまで非常に詳しく知ること。②夜どうし。
※俚言-俗な言葉。またその土地のなまった言葉。
※雑駁-知識、思想が雑然としていて、統一がないこと。
※纔-わずか。
※渉(ショウ、わたる)-①水の中を歩てわたる。②ひろく見聞きする。経過する。
※裨(ヒ、おぎなう、たすける)-①おぎなう。たすける。たすけ。②ちいさい。いやしい。
※続貂-《趙王倫(ちょうおうりん)の一党が下僕に至るまで高官に就いたので、貂(てん)の尾で飾った高官用の冠が足りなくなり、犬の尾で飾った間に合わせの冠が続くだろう、とそしられたという「晋書」趙王倫伝の故事から》① すぐれたもののあとに、つまらないものが続くことのたとえ。② 他人の仕事を受け継いですることをへりくだっていう語。(小学館デジタル大辞泉)

医則

※底本では訓点が記入されているが以下では省略する。

東郭先生医則
医之為任唯察病而已矣勿視富貴唯病之察勿視貧賤唯病 之察勿劇視劇病必也察劇中之易矣莫軽視軽病必也察軽 中之危矣克察之於斯而勿視彼亦唯医之任也察病之道也 医之所可用心者其唯変乎揣変於未変而以非変待変此之 謂能応変也視彼之変而我動乎其変此之謂眩乎変眩乎変 者不翅不能処其変亦不能全其常能応変者既已知其変故 其処方也不殆矣
凡病之為情也有二故薬之用亦有二曰剛曰柔柔以当柔剛 以当剛剛之制柔者有焉柔之制剛者有焉剛耶柔耶二而百 柔耶剛耶百而二唯智者知之而愚者反焉易曰剛柔相摩我 道雖小亦復爾矣
古人之診病也望色不以目聴声不以耳夫唯不以耳目故能 察病応於大表矣
古人之診病也視彼不以彼乃以彼為我其既無彼我之分是 以能通病之情矣
用方簡者其術日精用方繁者其術日粗世医動輒以簡為粗 以繁為精哀矣哉
欲得活路者必陥死地欲陥死地者必得活路
医之臨劇病也欲使彼活於我手者愛我也欲使彼死於我手 者愛彼也愛我者終不能尽我矣愛彼者誠能尽我古語曰不 入虎穴不得虎子余於医亦云
 右医則八条通計三百八十四言以簡而要取先生遺稿中  揚于巻首以示同志
                 謙誌

本文

※以下、基本的に1ページ(半丁、葉)毎に分けて記載する。

蕉窓雑話初編
   東郭和田先生燕語      門人筆記
医タル者ヨク心ヲ用ル寸ハ事々物々ノ中自然ト我道ノ 法則ト思合スベキコトヲ寓(※)スル者アリ近来宋画ノ鶴ヲ得 テ壁間ニカケオキ毎々見且ツ巧者ノ人ニ其画法ノ能キ マリタルコトヲ聞又傍ラ飛鳥井家(※)ニ畜レタル生タル者ヲ 見ナドシテ近頃余程鶴ノ画ノ見様ヲ覚タリ然ルニ別ニ本 ヨリ持タル所ノ鶴ノ画有ヲ此頃カケテ見ルニ前方ハ大 低ヨキト思シ鶴先ノ宋画ニ比スル寸ハ何分見ルニ堪ヘ

※寓(グウ)-①よる。身をよせる。仮住まいする。やどる。②ことよせる。かこつける。③目をとめる。むける。
※飛鳥井家(あすかいけ)-鎌倉時代から続き、代々和歌・蹴鞠の師範を家業とした(wikipedia)。現在白峯神社がある京都府京都市上京区には飛鳥井家の屋敷があった。

ス是此宋画其オシ処(※)ノ形(※)幾ツモ覚タル故ナリ是ヲ以テ 見ル寸ハ病ヲ診察スルモ全ク此ノ如キモノニテ兎角丁 寧ニ此方ノ見覚ノ形(※)幾ツモテキル寸ハ自然ト其病ノ深 浅吉凶ヲ見分ルコト分明ナリ扨又診察ノ法ト云モ別ニ子 細アルコトニモ非ス然ルニ近世所謂古方者流ト称スル者 ナト多クハ皆古ノ法則ト云コトヲ主張シテ徒ニ是ヲ其箇条(※) 証候ノ書付ニノミ求ム随分是ニテ表向一通ノ形ハスメ トモ夫ノミノ場ニテ術ヲ取寸ハ突付学問ト云者ニ成ナリ 実ノ活法ハ然ラズ其突付学問ト云子細ハ先寒熱来去シテ 胸脇苦満嘔吐ナドアル者一通ノカタニテハ小柴胡ノ症

※オシ処-押し処か。「押す」は①我意をつらぬこうとすること。②おもし。③威圧する力。(江戸語の辞典@講談社学術文庫)
※形-「カタ」とルビとあり。
※箇条-「カジョウ」とルビあり。

ト云ハサシヅメ(※)知レタルコトナリ書面ノミニテ云寸ハ左 様ナレトモ其病人ニ対シテ精シク是ヲ診察シ細カニ其因ヲ 推寸ハ右ノ証候ニテモ中々小柴胡ハカリニ非スシテ色々 用ル薬アル者ナリ右一通ノカタノミニテ行モノナラバ 古ノ書ヲ能読覚サヘスレバ随分夫ニテ見ゴト出来ルコト ナレトモ中々夫計ニテハ行ヌモノナリ故ニ兎角同症ノ様 ニ見ユル者モ其病因及少シヅツノ具合ニテ色々以テ行 処ノ薬ニ違アリ形法則バカリニテ出来ル者ナレバ夫サ ヘ覚ユレバ誰モ別ニ術ノ巧拙ハナキ筈ナリ故ニ本論ニ 大承四逆ヲツリ合シテ挙テアリ薬ハ大ニ違ヘトモ其見カ

※サシヅメー差し詰め。①さしつまること。どんづまり。②暫定的に結論を出すさま。結局。要するに。③当面。さしあたって。

ケ一通ノ処ハ同様ニシテ甚分チガタシ故ニ是ヲ並ヘ挙タ ル所ノアンバイ実ノ活法ト云モノナリ是又有法ノ法ハ 死法ナリ無法ノ法ハ活法ナリト云テ実ノ術ノ活法ヲ云 寸ハ其形法則ニククラレズシテ無法ノ法ヲ得ルヲ真ノ活 法トハ云ナリ形法則ニククラレルハ有法ノ法ニテ即是 死法ナリ実ノ活法ヲ得タリト云ヘカラズ此場ヲ能々呑 込テ修業スベシ先診察ノ法ヲ物ニ比類シテ見ルニ何ヨリ モタヤスク別ニ彼是ノ論ニ及ザルコトアリ総テ術ノコトハ 只アタリナシニ論センヨリハ物ニ比シテ見ルベシ其診察 ト云ハ今祇園二軒茶屋ナドノ如キ処ニ五六人モ■(※)机ニ

※■-月+木の字。牀であろうか。牀机(しょうぎ)は腰かけの一種。折りたたんで持ち運べる。

腰カケ並ビ居ルニ下河原ノ向ヨリ坊主頭(※)ニ大小ヲ指シ テ出(※)テ来ルモノアラン各是ヲ何者ナルヤト云寸ニ或ハ 是ハ法親王方ノ坊官ナリト云或ハ山伏ナリト云或ハ五 山ノ行者ナリト云衆評マチマチナル寸能出(※)テ来ル者ノ人 品取ナリヲ見ル寸ハ一ツモ右ノサス処ニテハナクテ反 テ是ハ侍ノ隠居セル者ナリト見ユルモ有ベシ医ノ病ヲ 診スルハ全ココラノ処ナリ只其円キ頭(※)ニシテ両刀ヲ横タ ヘタル処ハ右ノ各ノ云処ニ合スレトモ唯此処ハカリニテ 見定ル寸ハ大ニ見違アル者ナリ然ハトテ侍ノ頭ニサノ 字モナク山伏ノ面ニヤノ字モナケレトモ唯自然ノ処ニ其

※頭-「アタマア」もしくは「アタマ」とルビあり。
※出-「イ」とルビあり。

人品持前ノ処ハドコトモナク違者ナリ其違処ヲ見覚ユ ルカ診察ナリ無法ノ法ト云モ是ナリ侍ニサノ字山伏ニ ヤノ字ト云様ナルコトナレハ誰モ同シコトニテ見違モナク 巧拙モナケレトモ決シテ左様ニハナキ者ユヘ此処ヲ能々ワ キマヘテ夙夜(※)汲(※)々トシテ工夫鍛錬(※)スベシ是ヲ求ルコト深功 ナル寸ハ庭ノ樹木ヲ見ルニモ山ニ遊ヒ水ニ泛(※)ヒ又煙草 盆一ツヲ手ニ提テ見テモ事々物々ノ中ニ自然ト我術ノ 工夫ノ手掛リトナルコト寓(※)シテアル者ナリ兎角各我業トス ル一芸ニコリカタマリテ習熟スヘシ必多端ナル寸ハ術 ノ精妙ニ至ルコト能ハズ若シヨク其多端ナルヲ省(※)テ一筋

※夙夜-「シュクヤ」とルビにあり。①朝早くから夜遅くまで。明け暮れ。②朝から晩まで同じように過ごすこと。③朝早く出仕し、夜遅くまで仕えること。
※汲-「キフ」とルビあり。汲々で、一つのことに一心に努めるさま。また、小事にあくせくするさま、という意。
※鍛錬-「タンレン」とルビあり。
※泛(ハン)-①うかぶ。うかべる。ただよう。②ひろい。あまねく。
※寓-「グウ」とルビあり。
※省-「ハブキ」とルビあり。

ニ心ヲ趣(※)シメコレヲ思ヒコレヲ求ムル寸ハ我相応ニ見 識ノ開コトハホツホツト出来ル者ナリ此ノ如ニシテ一旦豁(※)然 タルコトヲ得ルニ至テハ実ニ手ノ舞足ノ蹈コトヲ知ラザル ノ喜アリ只一途ニ術ノコトヲ求ムヘシ
昔シ備前ノ国某ナル士代々鎗ノ家ナリシニ或時其家ノ 主人ニ甚愚ナルガ生レ出テ実ニ朋友ノ附合ノ挨拶等モ 出来ヌ位ニテ主家ヘノ朔望(※)ノ勤モ時々ハ忘ルル程ノ人 ナリシガ其術ニ於テハ妙処ヲ極メ其国ノ諸流モ敢テ当 ルコト能ハズ且ツ其祖ニモ劣ラザル者ト一国ノ衆評アル 故愚ナル人ナレトモヤハリ其術ヲ以テ家ヲ続シメラレタ

※趣-「ハシラ」とルビあり。
※豁-「クワツ」とルビあり。
※朔望(サクボウ)-陰暦の一日と十五日。新月と満月。

リ其愚ナルガ中ニモ我術ノコトニハ色々工夫アリテ其人 平日得テハ厠(※)ニ至テ出サルコト半時或ハ一時ニ過ルコトノ 有ルコト毎々ナリシ故後々ニハ家人気ヲ附ケ若シ厠ノ中 ニテ気ヲ閉ルコトモヤアルト窓ヨリ窺(※)見レバ兼テヨリ厠ノ 中ヘ箸(※)ヲ二本入置コトヲ工夫シオイテ厠ニ居ナガラ其箸 ヲ両手ニ構(※)テ左右ヨリツキ合テ鎗ヲ遣(※)マ子ヲシテ程ヨク 意ニ落合時トヲボシクニコニコト笑時モアリ又左モナキ カシテ面ニ皴(※)シテ工夫スル寸モアリ是ヲ以テ時ヲ移セド モ出ズ且ツ傍ラヨリ人ノ己ヲ窺コトモ知ラズ若シ余リ時 ヲ移スニヨリ行テ食時ノ過ルナドヲ告ル寸ハ始テオド

※厠-「カハヤ」とルビあり。
※窺-「ウカカヒ」とルビあり。
※箸-「ハシ」とルビあり。
※構-「カマへ」とルビあり。
※遣-「ツカフ」とルビあり。
※皴-「シハ」とルビあり。

ロキテ厠ヲ出ルナトト云様ノコトニテアリシトナリ加様 ニアリテ社(※)其術モ妙処ニ至ルヘシト戸田先生ノ物語シテ 毎々感セラレシコトナリ又或鞠(※)ノ家ニ生レテ其芸ニ妙ヲ 得タル人アリ是ハ七歳ノ時ヨリ七十余マデ毎朝未明ヨ リ起テ鞠ヲ蹴(※)コトヲ怠(※)ラズ常ニ雨天ニハ内ニテ蹴リ天ノ イマダ明(※)ズシテ鞠ノ上ヨリ落ルノ見ヘザルニモヤハリ誤 ラズ蹴タリトナリ一芸ニ名アル人ハ皆此ノ如シ銘々我 業ヲ励(※)コトハ此ノ如コソアリタキ者ナリ
医ノ心得ヘキ一大事アリ病人ヲ療治スル寸先一番ニ我 胸宇(※)ヲ杜塞(※)スルノ茅楚(※)アリ其子細ハモシ此病人ヲ仕損

※社-不明。
※鞠-「マリ」とルビあり。
※蹴-「ケル」とルビあり。
※怠-「ヲコタ」とルビあり。
※明-「アケ」とルビあり。
※励-「ハゲム」とルビあり。
※胸宇-「キヨウウ」とルビあり。心の中。胸のうち。
※杜塞-「トソク」とルビあり。杜(もり)は森と同義の他、ふさぐ、とじる、という意味がある。塞もふさぐ。
※茅楚-「ボウソ」とルビあり。茅は①草の名。かや。また、すすき、すげ等の類を含む総称。②かやぶきの粗末な家。楚は①すっきりしている状態。②いばら。③にんじんぼく。④しもと、むち(刑罰に用いる道具)。すわえ(木の枝や幹から、まっすぐに細く伸びた若い小枝)。⑤中国の国名。

シタラハ世ノ人ノ我ヲ庸医ナリト云ン病家ノ我ヲ罪セ ンヤト思コト一番ニ我胸宇ヲ塞ク茅楚トナリテ肝心ノ病 本ハ察セラレヌナリ此意ヲ能々穿鑿(※)スレハ人ノ疾苦ヲ 救ヒ人ヲ愛(※)スルノ職(※)ト云ハ表向ニナリテ実ハ我ヲ利シ 我ヲ愛スルト云モノニテ不忠ノ至極ナリ爰ニ処スル人 ハ何ホド苦心シテモ遂ニ其術ノ妙処ヲ候コトモ成リ難ク 又人ヨリモ却テ好ク思ハレサル者ナリ夫(※)人ノ性命ハ至 テ大切ナルコト故大病ト思ハハ生死不測(※)ノコト及我術ノ分 限ヲモ有体ニ病家ヘヨクヨク演説(※)スヘシ其上ニテ病家死 生ヲ一決シ彌(※)我ニ委任(※)セハ丹誠ヲ抽(※)デテ治ヲ施シ後日

※穿鑿-「センサク」とルビあり。
※愛-「アイ」とルビあり。
※職-「シヨク」とルビあり。
※夫-「ソレ」とルビあり。
※不測-「ハカラレザル」とルビあり。
※演説-「エンセツ」とルビあり。
※彌-「イヨイヨ」とルビあり。
※委任-「イヂン」とルビあり。
※抽-「ヌキン」とルビあり。

ノ褒貶毀誉(※)ノコトヲ脱却(※)シテ只忠誠バカリニナリテ何トゾ 病人ヲ救タク思ヨリ外ニ余念ナク只病人ト我ト向ヒ合 タルノミニテ傍ニ碍ルモノナキ心持ニナリテ我力量一 杯ノ治ヲ施スヘシ若シ我思ワクノ通ニ愈ズンハ即我手 ニテ打殺ベシト覚悟ヲ極メテ取カカリ他人ノ口舌ニ拘 ルコトナク唯一念ニ診察処方ニ心ヲ尽スベシ此ノ如クス ル寸ハタトヒ治功ナクテモ我忠誠自然ニ人心ニ徹通シ テ決シテ我ヲ怨ムルコトハナク却テ深ク信スルモノナリ是 我道ニ私セスシテ力ヲ尽シ誠ヲ尽スカ故ナリ
時疫ハ歳ニ因テ癘気ノ違ヒ病ム所ノ症モ同シカラス瘟

※褒貶毀誉-「ホウヘンキヨ」とルビあり。
※脱却-「ダツキヤク」とルビあり。

疫論ニ説トコロノ戦汗ヲ得テ解スルト云症モ何時ニテ モ此通リ病ムニ極リタルニアラス此症モ先年流行セリ 近年ハ見ヘス唯傷寒論ハ万代不易ノ法書ニテタトヒ病 ムトコロノ症カハリテモ其変ニ応シテ用ヒラルルナリ 若シ呉氏ノ云ル通リ初メヨリ邪気半表半裏ニアリテ発 汗桂麻ノ類用ヒカタシトセハ柴胡剤ヨリシテ入ルヘキ ナリ達原飲ハ九味清脾飲ノ変方ナリ又呉氏ハ承気湯ヲ 用ユルニ長セリト云ナルホト承気ハ逐邪ノ為ニ設ケ結 糞ニ拘ラスト云ヘルアタリハ承気ノ意ヲ得ラレタリ然 トモ柴胡剤ヲ用ユルニハ短ナリ如何トナレハ大柴胡又

ハ柴胡加芒硝ノ行処ヘ概シテ承気ヲ用ヒ下シテ後ニ始メ テ柴胡清燥及ヒ養栄ノ類ヲ以テ調理ノ方トセリ是裏ヲ 先ニシテ表ヲ後ニスルノ説ニ偏固セリ傷寒論ノ陽明篇 ニ熱邪ノ胃府ニ陥入スル間ヲ待ツケ小柴胡ヲ用ユル手 段ハ治療ノ細密ノ場ニテ仲景氏ノ教ハ格別ナリ
大柴胡湯又ハ柴胡加芒硝湯ノ行処ヘ概シテ承気湯ヲ用ユ レハ瀉下ハ同シコトナレトモ両脇心下ノ痞鞭ヲユルムル コト今一層力薄シ能々此所ヲ分別スヘシ承気湯ノ腹候ハ 心下クツロキテ臍上ヨリ臍下ヘ向ケテシツカリト力ア リテ脹モノナリ又陽明篇ニ説所ノ小柴胡湯ハ此症是非

トモ大承気ノ位ニ進マサレハ解セサル熱勢アルユヘ小 柴胡ニテ両脇及ヒ心下ヲ軽々ニアシラヒユルメテ中脘 以下ニ硬満スルマテヲ待ツタル手段ナリ又此処ヘ大柴 胡湯柴胡加芒硝ナト用ヒ瀉下スル時ハサツハリト解熱 ハセデ反テ荏苒(※)トシタル様子ニナリ終ニハ壊症トナル 者ナリ此処ノ大小柴胡又ハ柴胡加芒硝湯ノ行場ソレソレ ニ差別アリテ少シモ雷同セス瞭然トシテ明カナル分レメ アリ各コノ処ヲ意得心識スヘシ
 按スルニ先生傷寒論ニ於テ柴胡加芒硝湯ノ章ヲ説テ曰此証ニ云日晡所発潮熱マタ潮熱者実也ナト是症ス

※荏苒(じんぜん)-なすこともなく、段々に月日がたつさま。物事がはかどらず、のびのびになるさま。

 テニ陽明胃実ノ症ヲ帯タリ故ニ承気湯ヲ用ユヘキ処ナレトモ胸脇満テ嘔ノ症イマタ去ラサル故大柴胡方中芒硝ヲ加ヘ用ユルナリ即是大柴胡大承気合方ニシテ方中厚朴ヲ去タル方ナリト云ヘリ
疫症ニ大柴胡或大柴胡加芒硝ナト用テ解熱シテ後大ニ 肝気動シテ譫言妄語シテ狂ノ如ク是ヲ攻レハ攻ルホト其 勢盛ニ成モノナリ此処ニテ取アツカヒアシケレハ必仕 損スル者ナリ余往年此症ニヤハリ下剤ヲ用テ居テ何分 治セザリシヲ一医至リテ小剤ノ十一味温胆湯ヲ用タレ ハ服スルコト一貼ニシテ譫妄サツハリト止タルコトアリ又

同症ニ腹診ノ差別アリテ抑肝散ヲ用テ治シタルコトモア リ
常々云ル如ク凡ノ病人其勢猛烈ニシテ対症ノ薬ヲ用テハ 反テ扞格(※)シテ勢マスマス盛ニ成ヘキ者ハ彼幕ニテ鉄炮ヲ 受ルノ術ヲ行ヘシ是万病ヲ望ムニ第一ニ心得ヘキナリ 故ニツツカカリニ四逆散加大黄トモ行ヘキ症ニテモ何 分其薬ニ激スヘキ勢アリテ或ハ薬コゴトヲ云者ナトハ 思ノ外先ツ小剤ノ理気湯ト云様ナル者ヲ用テ一キワヤ ハラクヘシ其ニテ一旦ヤハラク処ヲツケコミ的当ノ剤 ヲ用ユヘシトカク治術ハイカ体ノ手キワモシカ子ヌ力

※扞格(かんかく)-意見などが食い違うこと。互いに相手を受け入れないこと。

量アリテ奇麗ニ品ヨク療治ヲスヘシ
凡薬方ヲ取マハスニハ随分ナルヘクハ古方中ニ求テ是 非トモ古方ニテ事ノカケルト云処ヲ近方ニテ補フ様ニス ベシサレハトテ只ムチヤクチヤニ古方ニ癖スルコトニハ アラス力ラ一杯古方ノ具合ヲ能味テ用ヒ其力ヲ以テ古 方ノスキ間ヘ入ル近方ヲ吟味スヘシ何ユヘニ此コトヲ平 生云ゾナレハ右ノ場ヲ悪ク心得レハ治術ノ上ニテ大ニ 誤ルコトアリ或門人西村孝安ナル者冬ヨリ微邪ニ感シテ アリシカ春ニ至テ猶ヲイマタ愈ヘス是ニ因テ門派ノ者 トモ日々問来テ面々案ヲ進ム孝安今已ニ年五十二ト云

ヒ且脈腹モ頗ル労役ノ候アリトテ一旦ハ医王ヲ用ヒ後 又升陽散火ニ生姜炒姜地骨皮等加味シテ用ユレトモ治 セズ是ニ因テ余モ自ラ行テコレヲ診察スルニ其脈牢弦 ナリ然レトモ強テ脱候ト云ヘキ程ノコトトモ見ヘス舌ニハ 微シク白胎アリ其腹部ヲ按スルニ心下支結シテ両肋下 ヨリ二行通リ実ニ竹ヲ立タル如ク皮表マデモツツハリ テ手ヲ弾シクガ如シ而モ久シク按腹シテ居ル中ニ夥シ ク鳴リ出テ留飲ノ下ルヲ覚ユ予トクト按スルニ是マツ虚 脱ノ候アリト云程ノコトニテハナク彼舌候ト脈中ノ伏邪 ノ勢ト相応ス是邪気イマタ解セザル処アルユヘナリ脈

ノ牢弦ナルハ腹部ノ拘攣ニヨレル也若拘攣モナクシテ グサ付タル腹ニシテ此脈ヲ見サバイカニモ労役ノ悪脈ト モ云ヘケレトモ左ニハアラズ此症必ズ拘攣ヲ緩ムルヲ先 トスベシトテ柴桂湯ニ芍薬甘草湯ヲ合シ広参二分ヲ調 ヘタルヲ用ヒテ拘攣ユルミ舌胎モ消シタリ全体此証ヲ 各労役ト見タルハ第一老人ト云ヒ殊ニ此人少シク煩イ アル寸ハ甚労役シタル者ノ如キ顔色アルト脈ノ牢弦ナ ルトヲ以テナリ然レトモ此人兼テヨリ調摂(※)ニ於テハ最称 スヘキ処アリテ世事ヲ以テ心ヲ労セズ能ク其分ラ安シ 情欲ヲ省キテ下元ヲ損セザレハサシテ労役スベキコトモ

※調摂(チョウセツ)―①健康保持に心を配ること。摂生。養生。②調節と同じ。

ナケレトモ近頃少シク肝気ヲ動シタルコトアリ故ヲ以テ其 動シタル処ヘ邪気ヲシメコミテ解スルコトヲ得サリシ者 ナリ是ニ因テ其拘攣ヲユルムルヲ先トスル也カヤウノ 処ヘハ医王散火ナトニテハ行スキテ程ヨク解スル者ニ 非ス手近ク古方中ニアルコトナレトモ只近方ノ手ナレタル ニ惑サルルナリ此等ノ処ヲ以テ予カ平日示ス処ヲ考ヘ 根気カギリニ古方ノ具合ヲ詳ニシ其ヨリ近方ヘ推シウ ツスベシ然ラサレハ毫厘(※)千里ノ謬アルヘシ医ノ最先務 トスヘキ処ハ此ニ止ルコトト知ヘキナリ
凡疫病ニ大熱煩渇譫語等ノ症熱ハ火ノ焼ルカ如ク渇ハ

※毫厘(ゴウリ)―きわめてわずかなこと。

焼石ニ水ヲ灌クカ如ク譫語ハ狂人ノ語ルカ如クアリテ 衆医皆曰コレ白虎ノ証ナリト或曰コレ承気ノ症ナリト 是皆当然ノ理ナリ然ルニ存ノ外ナル真武湯ノ行処アリ 又犀角生芐(※)ニテ動気ヲシツメ胸下ヲスカシユルメテ行 処アリ大抵病人ヲ診察スルコト如此モノニテ些少ノ模様 ヲ其中ニ理会シテ薬ヲ処スルコト雲泥ノ相違アレハ見証 ハカリニテハ別チカタシ能ク脈状ヲ丁寧ニシ能ク腹診 ヲ綿密ニシテ後始メテ治ヲ施スベシ
凡疫病ニ載陽シ面ノ赤キハムツカシシ升陽散火湯犀角 湯ノ症ニモアレカシ其湯ヲ与ヘテ二日目アタリ赤色退

※芐(カ、コ)-草冠に下。unicode(U+8290)。①草の名。がま。②草の名。地黄のこと。

クハヨシ退カザルハ難治ナリ
一病人アリ発熱シテ兎角夜中ニ熱甚シテ煩悶シ胸脇苦 満シ心下痞鞕シ脚部ニ腫気アリ柴胡ノ症ト云一巨手小 柴胡湯ヲ与フレトモ効ナシ病マスマス熾ナリ予是ヲ診視ス ルニ此人平生腹皮貼背ユヘ熱伏シテ且痞硬ニホダサルル ナリ予カ治スル処ハ解熱ニ利水ヲ兼ル方ナリ柴胡湯ノ 行処ニアラス則犀角湯ヲ与ヘテ心下クツト聞キテ小便 快利シ夜中ノ熱止テ煩悶モ減シタリ食モ少シク進ムユ ヘ麦飯ヲ喫セシメ後寛中湯ニ加呉茱萸犀角薯蕷生芐ノ 方ヲ服セシム日ナラスシテ快愈セリ

犀角湯ハ網目ノ方ニテ面白キ方ナリ犀角竹筎茵陳山梔 子ニテ胸中ヲ疏スル故ニ伏熱ヲ解シ小便ヲ導キ生芐ハ 水分ノ悸動ヲ鎮メ且茯苓ニ伴テ水道ヲ通シ芍薬ニテ心 下ノ凝ヲ解シ且ツ甘草ニ伴テユルムル方組ナリ
升陽散火湯ノ症モ上ヘシマリテ其ユヘ小水不利スルニ 用テ治スル者アリ六書ニ小水不利者不可治ト云ハ涓滴 モ利セスト云ホトノコトナリ陶氏ノ此言ハ傷寒論大陽ノ 中篇ニ手足躁擾捻衣摸牀小便利者其人可治ト云ヘルヨ リ出タル言ナリ
参胡芍薬湯ハ升陽散火ノ前ニ行ク方ナリ大柴胡ヨリ変

シ来ル方ニシテ脈腹大柴胡ホトノ実シタル処モナク又 胃中ニ実熱スル勢モナキ故大黄ヲ去ル又胸中ニ畜飲ナ ク嘔気ナク潤燥ヲ主トスル故半夏ヲ去ルナリ尤此症ハ 日数ヲ経テ熱気清解セザルユヘ津液枯燥スルヲ以テ人 参知母生芐麦門冬ヲ加ヘ清涼解熱ヲ専ニスル方ナリ
温胆湯ハ千金方ヨリ始リ追々数方ヲ製セリ何レモ胸中 畜飲ヲ疏スルヲ主トセリ千金ニ虚煩不得眠此胆寒故也 トアルハ即チ水飲ヲ畜ヘル故ニ胆カヒユルナリト心得 ベシ此旨ヲ心得レハ方意ヲ了解シ温胆ノ名義モ明ナリ 三因方ニ茯苓ヲ加ヘ得効方ニハ茯苓人参ヲ加ヘ竜雲林

ニ至ツテ六味ヲ加ヘテ竹筎温胆湯トセリ清心温胆湯モ 此ヨリ出タリ中ニ就テ筎温ハ尤モ人ノ唱フル方ナリ此 方表邪解シ荏苒日ヲ延キ熱ニ古ルヒツキテ専ラ胸脇肝 部ニ鬱シ攻撃ノ剤モ用ヒガタク又補柔ノ剤モ用ヒガタ キ故ニ前ノ畜飲ヲ疏スル剤ニ清涼解熱ノ薬ヲ加味シタ ル方ナリ柴胡黄芩ト伍セスシテ黄連ニ代ヘ莎根ト伴ナ ハセタルハ深ク工夫ヲ用ヒタル処ナリ
 莎根ハ古ニアラハレズシテ晩今ニ至ツテ其能ヲ発明セラル陶隠居曰方薬不復用古人為詩多用之而無識者ト古人ニ識ラレサルハ此者ノ不幸ナリ

竹筎ハ飲ヲスカスコトヲ主トス竹筎竹瀝トモニ胸膈ヘノ ミキクモノナリ上ヲスカス故下マテモ飲ヲ通達スル也 尤竹ハ淡苦ノ差別ナク用テヨキモノナリ
犀角ハ全体肝気ヲユルムル者ユヘ胸膈ヘシマル処ノ水 飲ヲサバクナリ肝気ニテシリオシヲスル故水飲カ胸膈 ヘ聚ル也ト知ベシ
生芐ニテ疫熱ヲ解スルハ実症ニ石羔ヲ用ユルト同様ノ 効験アリ故ニ知母生芐ト伍シタル処ハ即チ白虎湯ノ意 ナリ生鮮ニテ勢ヒ頗ル峻ナル故胸膈ヲ疏滌シ潤燥解熱 ハ勿論ナリ嘔吐ヲ止メ飲渇ヲ治シ動悸ヲ鎮ム然レトモ

勢ヒ頗ル峻ナル故ニ虚脱ノ者ニハ用カタシ大ニ下利ヲ 著ク元素曰性大寒胃弱者斟酌用之恐損胃気ト云ヘリ
生芐熟芐ノ分チハ生柿熟柿或ハ生蘿蔔乾蘿蔔ノ分チノ 如キモノト心得ヘシ生芐ノ方ハサツト解熱シテ鎮火ス ルノ力峻ニシテ胸膈ニ停滞セス必竟乾蘿蔔ノムツクリト シタル甘味ヲ以テ行テハ泥ム処ヲ引カヘテオロシ大根 ニテスツト胸膈ヲオシスカスト云アンハイ也
大津ノ一吏疫ヲ患フル中吃逆ヲ発スルコト五六日微シク 下利アリテ其脈一時ニ変革シテ定ルコトナシ諸医脱候ノ甚 シキ也トシテ手ヲ束ヌ予視ルコト半日許ニシテ曰是脱症ニ

アラスシテ吉兆ナリ旦ヨリ暮ニ至テ変セサルノ悪脈ナラ ハ最恐ルヘキコトナレトモ今此人ニ於テハ然ラス是肝気甚 タ亢フルノ人ナル故此ノ如ノ脈ヲ見スモノ也トテ四逆 散ニ生芐ヲ加ヘ古金汁ヲ入タルヲ用ヒ門人某生ヲ残シ 置テ帰レリ薬ヲ服スルコト三貼ニシテ脈候頓ニ定マリ其ヨ リシテ漸々快気セリ
升陽散火湯ハヤハリ柴胡組合ニテ両脇ヘセマル者ヲス カスナリ此薬ヲ用ル症ニシテ水分ニ動ノ付モアレトモツヨ ク引ハル寸ハ其動見ヘヌモノナリ引ハリユルム寸ハ沉 ミタル処ノ動モ見ルルナリ

疫邪ニテモ升陽散火湯ナトヲ用ヒテ居ルニ時合ニヨリ テ其アトヲ滋陰降火湯ナト■移ルハ方ノ転シヤウ穏ニ シテ甚手キレイナリ滋陰ハ全体腎家ニ缺ル処アリテ其上 肺部手ウスクナリ常ニ咳嗽ナトアル者ヲ潤シテ虚火上炎 スルモノヲ潤下スル処ノ薬ナリ
咳嗽ノ声モ段々気ヲ付テ聞覚ユレハ外感ノ咳胃中伏火 アルノ咳肝腎ノ虚火ヨリ出ル咳ナト聞分ラルルモノニ テ即四診中聞ノ一ツナリ
小柴胡湯四逆散トモニ肝脾ノ伏火ヲ制スル方ナリ又小 柴胡加石羔ナトハ其伏火ノ強キモノニ行ナリ若又ソレ

ホドニ清涼スルコトニテモナク畢竟石羔ノ行場合ニ比スレ ハ微火ト云ヘキ者ニシテ胃中メクラス宿滞アルヨリシテ 火ヲ生シ上両脇肝部ヘコハムニ因テ咳嗽スルモノニ小 柴胡湯ニ葛根草果天花粉ヲ加タルヲ用テ奇効ヲ得ルコト 夥シ是花粉葛根ニテ胃中ノ伏火ヲサマスノ趣向ニテ銭 氏白朮散ノ葛根ト同シ意ナリ天花粉ハ胃中ノ火ヲサマ シ又咽喉ノイラ付ヲ滑ニス咽喉ノ不利スルニ食塩ヲ用 テツキ開トハウラハラノ能ナリ胃中ニ伏スル処ノ微火 ニ因テ上咽喉モ不利シイラ付故ニ咳嗽ス其イラ付ヲ滑 ニスレハ咳モ自然ト止ノ道理ナリ葛根ノ胃中ノ火ヲサ

マスモヤハリ葛花ヲ宿酲(※)ノ症ニ用ルト同意ナリ草果ヲ 用ルニ至テハ大ニ妙処アリ此物ハ先胃中ノ宿滞ヲ逐モ ノナリ胃中宿滞アル寸ハ必ス伏火ヲ生シ又其ヘサシテ 肝火ヲ添其処ヲ草菓ニテメクラスユヘ花粉葛根ニテサ マスノ術活シテ来ルナリ昔日或老医ノ伝ニ云外邪ニ色 々発汗シテ汗モ出タレトモ其アトノ兎角ホトヨク解熱 セサルモノニ小柴胡ニ草菓ヲ加ヘ用テ奇効アリト今ヲ 以テ考ルニ此組合モ面白キコトニテヤハリ達原飲九味清 脾飲七味清脾湯ナトト同意ナリ達原飲ハ彼募原ニ達ス ル意ナリト然ルニ彼募原ノコトヲ云シハ畢竟立言ノ題ト

※宿酲(シュクテイ)―ふつかよい。

セシモノナリ故ニソレニテ見テ所詮其募原ノ処ヲ草菓ニ テサバクニハアラズ胃中ノ邪火ヲ散スルカ為ナリ故ニ 瘟疫論ニモ早ク胃中ニ邪ヲ結コトヲ云ヘリ其処ヘ草菓ヲ キカセタルモノナリ
右小柴胡ニ三味ヲ加ル方ハ門人某或俗人ヨリ伝テ予ニ 贈リシ方也此加減甚妙処アリ定テ凡医ノ組シモノニハ アラサルヘシ
一男其妻女ヲ哭シ初メ妻女ノ病ヲ省ルノ時微邪ニ感シ 後痛傷ノ時ニ至テ大ニ労倦シ其邪熱モ彌ススミテ遂ニ 命シテ疫ト云ヘキ者ニナリ絶食下利時々譫語シ唇舌乾燥

ス然ルニ又暑邪ニ感シテ渇シテ小便不利シ腹裏水飲ヲ 蓄フコレヲ推スニカフカフト鳴リ其熱ノ位ハ桂枝人参湯 ノ大陽ノ表熱アリテ協(※)熱下利スル者ヨリハ熱ノ容子フ ルビテ小柴胡アタリノ熱ノ位ナリサレトモ右体暑邪ヲモ 受ケ渇シテ小便数等ノ症モアリテサナカラ小柴胡ハカ リ用ユル症ニモアラス又附剤ヲ用ユヘキ場合モナシ故 ニ先柴芩湯ヲ用ヒタレハ諸症漸々ユルミテ下利等モ止 ミ唯譫語耳聾ノ症残リ腹裏ノ水飲サバケルニ随テ水分 ノ動ヲ見シタリコレニ因テ升陽散火ニ薯蕷生芐犀角ヲ 加ヘテ用ユ

※協-不明。脇であろうか。

総テ譫語ハ兎角タワコトクルメニ初メ言出シタルコトノ 条理ヲスツト言ヌクヲ佳トス只彼ノコトヲ一口二口言 サシテハ又直ニ此ノコトヲ言又外ノコトニ移ルト云ヤウ ナル条理ヲ乱シテ言モノハ甚悪候ナリ
時疫及ヒ其外ノ病症ニテモ総テ大病ト云ニ成テカラハ 眼中反テ精彩アリテ美シスキルハ甚悪シキコトニテ得テ ハ是ニテ見誤ルモノナリ労症ノシマイクチナドニハ別 シテ此候多シ必竟肺部ヘ強ク聚ル処ノ症ナルニヨリ肩 背其外ノ処ナトハ大ニ肉脱シテ居テモ顔色ハ依然トシテ アルナリ婦人ナト取分ケ顔色ノ甚美シク成テ居ルモノ

アリ是所謂眼ハ五臓ノ精華ナリノ意ニテ其精華ノ上ニ 聚リ切テマサニ散脱セントスルノ勢ナリ総テ上冲スル コト強キ症ノ火気ニテ明堂ノ勢ヨク見ユルモ是ト同シコト ニテ燈火滅セント欲スレハ其光ヲ益ト云ノ意ナリ疫ナ トニハ目ヤニ出テキタナキヤウナルガ却ッテ佳キモノ ナリ
舌色紅ノ色ニテヌンメリト美シク成リ全体ノ舌ノ形ヲ 失テ光アリテ乾燥シ其円フ厚ク成テ柔ニモメタル如キ ハ参附ノ行処ナリサレトモ右ノ舌候アルモノハ附剤ヲ用 ヒテザングリスルホトニ成ルコト甚難キモノニテ全体悪

キ舌候ナリ又汗ナクシテ譫言妄語ナトシテ居ル症ニ舌正 黒ニ焦ケテアル上ヲオシツブシタルヤウニ成テ乾燥シ テ其中ニ赤ギレノヤウニ裂ケテ其ヨリ血ヲ出シテ其人 立躁クモノモ附子ヲ用ユルノ舌也総シテ右ノ通ナルハ其 脈モ必根カナキモノナリ然レトモコレヲ浮メテ大ニコレ ヲ按セハ沉微沉細ニシテ力ナシナトト云カ如ク総テ浮大 ナル虚脈ト沉微沉細ナル虚脈ナトハ知レ易シ只知リ難 キハ弦緊洪大ヲ帯タル処ノ虚脈ナリサレトモ是ヲ能々 心ヲ用ヒテ診ヒ覚ユレハ分ルモノニテ其彌虚脈タルコト ヲ知リテ附剤ナトヲ用ヒヨク病ニ的当スル寸ハ右ノ弦

緊洪大ニシテバチバチト手ヲ弾クヤウニアリシキビシキ処 ノ勢ハヌケテ反テ脈勢弱クナリ真ノ虚脈ヲ見シテ彌附 剤ヲ用ユヘキ姿ニ成リ病勢モユルミテ是ヨリシテヲイヲイ 脈ノ精分モ付モノ也右様ノ処ヲ考ヘ見ルニヘニ色ナル 方ハ極虚ノ候ナリ故ニ病深シ黒キ方ハ却テ病浅シ是虚 火熏蒸ノ中ニテハ実症ノ方ナル故ニ病浅キナリ又一体 ノ容子ヲ見テ定テ此人ハ舌ハ黒焦ニナリ芒刺ヲモ生シ テ乾燥シテアルカ又ハ黄胎ニテモ甚厚クカカリテ有ヘ シナドト思テ舌ヲ出サセテ見ルニ思ノ外依然トシテ常ノ 通リニ潤ヒアリテ色モ変セスハ甚悪シシ舌候ト症候ト

喰合ヌ故ナリ去リナカラコレハ全体心胸ノ間ニ閉ル処 アルニヨリ右ノ通リニナルモノニテ薬剤的当シテ熱気 ヲ打上ル寸ハ却テ打通リテ舌ノ真面目ヲ見ハシ黒胎乾 燥ナトト云ヤウニ成ルモノ也左様ナルハ随分佳兆ニテ 悦ヘキコトナリ然レトモ又間ニハドウ打ヌケテモ熱強ク成 ルホト舌候依然トシテ変セサル者アリ是不治ノ症ナリ又 舌ノ一通ハゲタルアトノザクツクモノニ石羔ヲ用ユヘ キモノアリ附子ヲ用ユヘキ者アリ又四物湯ノ類ヲ用ユ ヘキモアリ此候ヒ方甚入用ノコトニテ常々病人ニ試ムル コトナレトモ何分紙上ニハ尽シカタシ故ニ実事ノ上ニテ伝

フルナリ兎角舌診ハ只陰陽虚実ヲ弁センカ為ノミノコト ニテ微細ノ処ニ於テハ強テ拘ルコトニハ非ス石附ノ分チ ナトノ如キムツカシキ病人ノ上ニテ虚実両道ノ大段ヲ 弁別スル処ニ於テハ是ニテ決セ子ハナラヌコトナリ脈候 モオシ回シタル処ニテハ虚実ノ二ツニニツツマルナリ左 様セサレハ薬方カタツカス舌候ハ諸病トモニ同シモノ ニテ疫ノ舌モ痘ノ舌モ別ノモノニハアラス然レトモ結毒 アルノ舌候ニ至テハ又別ノコトト知ルヘシ先諸病トモニ 皆脈腹舌症ノ四ツニテ病因虚実等ヲ決スルナリ脈舌ヲ 取ラス只腹候ト症候ヲトリ用ユルハカリニテハ肝心ナ

ル処ノ虚実ノコトニ於テ尽ササル処アリ
総シテ舌ニ白胎ヲ持ナカラ其下ニ全体ノ色ハ牛舌ノ如ク 藤色ニ黒ミヲ帯タル様ニ見ユルハ甚ノ悪舌ナリ此舌ニ テ面戴陽ナトスルハ尚更アシキナリ
結毒アル人ノ舌ハ上ノ部ハ白ケテアリテモ其中ニ何ト ナク黯色トモ云レヌアチナル色ヲ帯ルモノナリ又舌ノ 下ツラ薬缶ノツチ目ノ如クベツタリタリトシタル処アル モノモ亦一種ノ毒舌ナリ此等古人ノ説ニモ云ヘル処ト 引合セ見ルニ血分ニ毒アルニヨリテ右ノ通ノ形ヲ見ス 也是ヲ以テ馬明ノ血分ニ行者ヲ用ル処ト符号スルナリ

又此症ニ四物剤ヲ用子ハナラヌモアリ
馬明退ハ肌表ノコトヲ主ルニアラス血分ニアル毒ヲ動カ シ且消散スルモノナリ故ニ広ク用ヒ試ルニ悉ク右ノア ンハイノ処ヘヨクキクナリ此等モヤハリ草根木皮ノ及 サル処ヘキクモノト心得ヘシ
発汗後及吐下後ニ多ク水飲ヲ蓄ユルコトアリ是ハ全体外 邪ノ人ヲオカス寸ハ一身中ノ水気ヲ動スユヘ悪汗モ発 熱モ此水気ノ変動ニ因テ然ルコトナリコレニ因テ薬剤的 中シテ其邪気アチヨク(※)皮膚ノ汗ヘサシテ漏出レハ其水 気ノ動シタルモノモ邪トトモニ漏出ルナリ吐下シテ

※アチヨク-味良く。具合よく、上手に、うまい具合に、てぎわよく、などの意味。

取モ道理ハ同シコトナリ然ルニ若ソノ薬的当セスシテ汗 ニ成ルハナリテモ只汗ノミ取レテ邪気アチヨク解セサ レハ其アトニテ必ス水気ヲ蓄ユルナリ是只汗ヲ出スハ カリニテ邪気ニカラクミタル水毒サツハリトヌケヌ故 其本ヲオシテ見レハ悉ク皆其人ノ脾胃ニ勝レサル処ア ルカ又ハ今一等悪シキハ脾胃トモニ云分アルカト云人 ニアル者ナリ
小兒時令(※)ニ感シ熱アルモノナト只時令アシラヒノミシ テハ甚埒ノ明サルアリ時気ニ因テ持マイノ肝気ヲ動シ 額ナトニ青筋立テ甚腹立テヤスキモノニハ抑肝散ニテ

※時令(ジレイ)-①一年中の行事。年中行事。②時節。時候。

至テ手キハニサムルアリ
熱病ノコシケタルニ薬ノ少シキキ出タル処ニテ初テ遠 口臭(※)ヲ発シ且ツ唇燥ナトスルヤウニナルモノアリ 柴胡桂枝湯ノ症ニ心下支結トアルハプリプリトシテウ子 立(※)ナリ桂芍ト組テ行寸ハ表ヘ凝ヲ見シタル処ヲ治スル ナリ此心下ノ容子ハ大柴胡トモ瀉心湯トモ別ナリ能々 意ヲ用テ候ヘシ
桂枝ハ二行通リ及任脈ヘモカカルモノ也芍薬モコレニ 同シ此等ハ先両脇ヘハキツトカカルモノニテハナシ建 中湯ナト用ル腹ハ其攣急皮表ニ浮ミテ腹皮モ薄シ大柴

※遠口臭-不明。燕口瘡か。口唇ヘルペスのこと。もしくは、燕口風か。これは口蓋垂や上顎におこる腫脹のこと。
※ウ子立-不明。畝立(うねたて)であろうか。畝は畑で作物を作るために細長く直線状に土を盛り上げた所のこと。

胡及四逆散ナトハ腹皮ノ今一ツ裏ニテ攣急シ上皮ハ厚 キカ如シ
 先生四逆散ノ方ヲ棄廃ノ中ヨリ取挙ケ用ラレシヨリ世医往々コレヲ称シ用ユ然レトモ其腹状症候ヲ能理会スルニアラサレハ効験ナシ此方モト傷寒論ニ於テ症ヲ説コト詳ナラス文章ノ体裁亦本文ニアラス故ニ本論ニヨリテ此方ヲ用ントシテハ方証相対シカタシ今方意ヲ詳ニスルニ此方モト大柴胡ノ変方ニテ熱実ナキ故ニ黄芩大黄ヲ去リ胸脇ヲ緩ムルコトヲ主トスル故ニ甘草ヲ加フ其腹状ヲ指テコレヲ云ハ元来此症脇下凝

 結甚シクシテ深ク胸中ヘサシコム故ニ上ノ部ハ却テ緩ク見ヘ是ヲ按シテ腹底ニ徹シテ攣急スルモノチヨウト其腹小建中湯ニ表裏シテ建中ノ攣急ハ専ラ中脘ニアリテ腹表ニ浮ミ四逆散ノ攣急ハ専ラ脇下ニカカリテ腹底ニ沉ムナリ故ニ此腹状ヲ以テ外邪ノ症ニテモ雑病ニテモ何ニアレ見症不相応ノ種々ノ証候ヲ見レ假令四逆厥ストモ皆胸脇凝結ヨリ為ス態ニテ少陰ノ症ニアラサルコトヲ認テ此方ヲ用ヘシ近来嬰兒論ニ病態随時変動胸脇攣急スト能四逆散ノ症ヲ説リト謂ヘシ按スルニ此方本論ニ四逆等分トアリ然レトモ枳実

 ヲ減少シ他三味ヲ等分ニスベシ左ナクテハ此症ニ応シカタシ先生ツ子ニ試得テ斯分量ヲ定メリト云
虐ノ発シカケタル時ヨリシテ熱ノサメザル中煩渇スルト モ薬ヲ用ユルコトヲ禁スヘシ兎角サメヌ内ニ薬ヲ用ユレ ハ反テ薬煩シテ熱ノ覚ルコト遅キモノ也覚ヌ間ハ白湯又 ハ葛湯ナト用ヒテ置ベシ左様スレハ三時ノモノナラハ 二時ニテスムナリ又虐ハ色々怪異ナルコト多シ故ニ虐鬼 アリナトト云ハ皆是肝気ノ所為ナリ始ハ天行ニテ多ク ハ夏秋ノ間暑湿ノ邪気脇下ニ伏シテ伏邪ノ発スル処ナ リ伏邪ノ在ル処肝部ニアリテ肝癖ヨリシテ寒熱ヲ発シ連

綿トシテ日ヲ延クナリモト天行ニテ肝気ノ所為ナルカ故 ニ多クハ移精変気ノ術ニテ治スルナリ是天行ノ邪気ニ テ肝気ノ動シテアルヲ一途ニ決定サセテ其ニテ肝気鎮マ ルニ因テ落ルナリ三四発ノ後脈状熱候稍ユルムヲ察シ テ章門京門ニ灸スヘシ截瘧ノ妙法是ニ過タルハナシソ ノ瘧母ト称スル者ハ戦寒燔熱ニテ激動セラレ脇下ノ肝 癖浮キ起ツテ寒熱治シテノ後マテモ暫時ハ旧ノ盤踞(※)処 ヘオサマラサルナリ
積癖多キ人ノ瘧ヲ発スルニ小水短渋スルト云ニテモナ シ和通シナカラ必ス頻数ナルモノナリ又脈ニモ左右不

※盤踞(バンキョ)-①根を張って動かないこと。わだかまること。②その地方一帯に勢力を張っていること。

ツリ合ニ成リタカル者ナリ全体コレハ微邪ナレトモ伏 邪ニテ肝部ヘカカリ脇下ニ結聚スル故ニ癖物ノツキコ ミニテ脈路ヲ塞キ左右不ツリ合ニナリ又下モ疝ヲ動カ シテ腰痛スルモアリテ小水頻数ナルナリ
虐疾ヲ患テ後血色ノ旧ニ復セヌ処ヲ栄衛ノ虚ノ復セヌ 故ナリト云ハ入ホガ(※)ナリ百病トモニ何レ栄衛ニカカラ サルハナシ瘧ニ限リタルコトニハ非ス瘧後血色ノ復シカ タキト云ハ両脇ヘ聚ルコト強キ病ニテ其ツキコミユルミ 兼ル故ナリ右両脇ヘ聚ルコト甚シキ症ナル故間日(※)ニ発ス ルコトヲ為シ神霊アルカ如キ奇怪ノ候ヲ見ス也平人ニテ

※入ホガー入り穿。①和歌、連歌、俳諧で、趣向をこらしすぎて嫌味になること。②こまかく詮索しすぎること。
※間日(まび)-①あいまの日、ひまの日。②瘧(おこり)の症状のない日。

モ両脇ヘ気ノ聚ルコト強キ寸ハ乍血色アシクナリテ手足 モ振ヒ出ルヲ以テモ考知ヘシ
瘧疾ニ食禁ハイラヌモノナリ茄子胡麻南瓜及ヒ醋気ナ ト俗家ニテハ禁スレトモ食セテ苦シカラス
瘧疾ノ截薬柴桂湯ニ常山倍加三貼ヲ朝ノ七ツヨリ発ス ル時マテ温服シテ湯ヲアヒセルナリ〔常山和産ハ功ナシ〕 常山ハ肝部ヲスカスモノ也或俗方ニ小兒ノ疳ニ用ルコト アリ宜ナリ瘧ヲ治スルコト此物肝気ヲ疏スルヨリシテ截瘧 ノ功用アルナリ
老人ノ瘧ノ截薬ニハ広参煎汁ニテ熊胆ヲ送下ス

其候瘧ノ患アリ既ニ愈テ復発シ数日ヲ経テ治セス予段 々灸治ヲススムレトモ諸医外邪ニ灸ハ忌コトニテ以ノ外ノ コトナリト云コレニ因テ何分狐疑(※)シテ決セラレス所謂衆 口金ヲ鎖シテ(※)其事カレコレ遅クナリ再発ノ悩日ヲ延テ治 セス其後モ度々灸治ノコトヲ進レトモ猶未用ラレス故ニ其 ヨリシテ後ハ強テススメス唯時々診察シテ居タルニ数日 アリテ彼方ヨリ此節ニ至リテ灸治ハイカカヤト問ハレ タリ予即云先頃已来シキリニ灸ヲススメシコト決シテ外邪 ヘノ障ナキヲ知ラスシテコレヲ云ンヤ且高貴ノ人ニ対シ 一旦言ヲ出シテアトニテ彼様ハ云シカトモ左ニハアラテ

※狐疑(コギ)-ある事に臨み、うたがってためらうこと。
※衆口金ヲ鎖シテー不明。「衆口金を鑠(と)かす」という諺があるようだ。意味は「多くの人の言葉、特に悪口が重なると、恐ろしい結果を招くことのたとえ。讒言の恐ろしさをいう言葉。

実ハカヤウヤウナトト言ヲ違ヘンハ甚不埒ナルコト故再三 思慮ニ及テノ上ノコトナリ然ルニ諸医外邪ノコトニ拘泥シ テ灸火ヲ恐ルルノ説ニ惑ルル故ニ遷延シテ病ノ愈サル コト今日ニ至ル畢竟右体同シ趣ノコトヲ毎々申シタルハ何 カニモシテ早ク病ノ治センコトヲ思ヘル意ヲ尽シタルニ 候フナリ此上ハ用テ福トナシ或ハ用スシテ禍トナスハ 君ノ自トル処ニ在ルノミ故ニ又敢テ云ストココニ至テ 深ク予カ説ヲ是ナリトシテ灸治ヲ用ラレ灸スルコト両度ニ シテ寒熱頓ニ失ス扨其後数日ヲ経テ又往シ寸云ルル様先 コロ以来漸々快気ヲ得タリ去ナカラ往時木曽ノ山路ヲ

経タル頃カノ地ニ於テ受タル処ノ邪熱今ニ残レルニ因 ルト見ヘテ唯小水ノ濁ルコト今猶在リ其他ハ日ニ随テ快 シ是全ク色々心配ニアツカリシ故ヲ以テ也ト予云既ニ 灸火ヲ以テ瘧疾ヲ截ル是外邪ノ云ヘキナキヲ以テナリ 然ルニ何ソ残熱ノコトアラン苦残熱アル寸ハ灸火豈ヨク 害ヲ成サランヤ必竟今小水ノ濁ルモノハ固有ノ疝ノナス 処ニテ連年アル処ノコト也今ニ至リテハ悉皆疝ノコトナリ 又瘧ノ時分モ段々薬剤等ノコトモ聞コトヲ得タレトモ必竟ズ ル微邪ノコト何ニテモスムコトユヘ五苓散ニテモ不換金ニ テモ医ノ用ル処ノママニテ佳カルヘシト云ヘリ右ノ場

ニ於テハ強テ入組シ工夫ヲ用ルホトノコトニ非ルユヘナ リ然ルニ此頃ニ至リ段々右ノ症モ治シタルニツケ却テ 平日ノ上ニ於テ養生甚大事ナリ是ヨリハ勤テ八味丸ナ トヲ用ラルヘキコトナリト云シカハ甚実意ノ段ヲ忝(※)キ由 ニテ何ナリトモ存慮ノ筋ヲ包マス教諭シクレヨトノコトナ リ然ラハ存シ含ミタル通ヲ述ントテ云様ハ久々貴恙ヲ 拝診セシニ因テ貴体ノ容子ヲ会得セリ先全体ノ天受セ ラレタル処ハ厚シト云ヘトモ後天ニ於テカレコレ下元 ヲ薄ク成ラセラレタル処アル故是ヨリシテ益疝ナトヲ 動シ白濁等ノコトモ絶ス只天受セラルル処ノ厚キコトノミ

※忝(かたじけな)き

賞シテ他ノ人ニハ異ナル故ナトト阿諛(※)セハ一時ノ利ヲ求 ルニハヨカランナレトモ医ノ全体ハ然ラス予カ觕莽(※)ナ ルカ如キハ候ノ常ニ知レル処ナリ故ニ吾職分ノコトニ於 テハ是ヲ大事ト思フコトアレハ王候ト云ヘトモ憚ラスシテ 聊ノ忠ヲ尽スハ吾常ナリ先頃ヨリモ云ヘル如ク人身ノ 腎気ハ時計ノオモリノ如ク至テ大事ノモノナリ然ルニ 今候ノ重リ既ニ軽クナレリ此上ニ彌下元ヲ損シラレテ ハ益疝ヲモ動スル故ニ若其疝ニテ手足等ヲ牽攣シ中風 ノ形ナトヲ見サハイカカセンモハヤ是ヨリ追々階級ヲ 進マルル処預メ指ヲ屈シテ待ヘキニ似タリ若其時ニ至

※阿諛(アユ)―顔色を見て、相手の気に入るようにふるまうこと。
※觕莽―不明。觕(ソ、ゾ、ソウ、ジョウ、あらい)、莽(ボウ、モウ、あらい、おおきい、くさむら)あらい、がさつ、そそっかしい、などの意。

テ自然手足モ廃スルヤウノコトアリテハ何ノ甲斐カアラ ンヤ故ニ兎角コレヨリハ腎気ノ節約第一ナリ腎気ノ節 約スルハ閏房ヲ遠ルニアリ例ハ十分満腹シタル上ニテ モ其傍ニ菓子肴ナトアレハ一ツ取テ喫スルモノナリ是 其物ニ近ケハナリ次ノ間ニ有ヲワザワザ立テ食ニハ行ヌ モノナリ故ニトカク其物ヲ近ヅケザルニシクハナシ養 生ノ第一ハ房欲ヲ慎コトナリ是予カ阿諛セザル処ニテ イササカノ忠誠ヲ述ヘ吾職分ヲ尽モノナリ其禍福ノ 如キハ君自取舎セヨ若是ヲ以テ罪ヲ得ンモ敢テ辞セサ ル処ナリト云テ帰タリ

 我郷ハ水国ニテ湿邪ニ感スルノ所為ナルカ瘧疾多シ大抵瘧ヲ患ヘサルモノハナシ人ニヨリテ年々患フル者アリテ是ヲ病メハ伏邪ヲ除クナトト云テ幸トスルアリ夏秋尤多ク四時ニ皆アリ他邦ヨリ来寓スル者ナト得テハ此疾ニカカリ難儀スルアリ土地ノ者ハ多ク病ム故ニ其病情ヲ識リ他国ホト恐レヲナサス又他国ヨリ軽キニ似タリ鄙(※)シキ田夫ノ族ハ初メ分明ナラサル間ハ薬服スレトモ瘧ト定マレハ薬ハ止ルナリ四五発ノ後ハ路傍ノ地蔵ヲ縛リ或ハ田螺(※)ヲ取テ誓ナト種々ノ転気ヲ成シテ自治スルナリ然レトモ初瘧ハ日ヲ

※鄙(ヒ、いやしい、ひな、ひなびる)-①都市部から離れた地。②いなかっぽい。ひなびている。つまらなく卑しい。③自分のことをへりくだっていう語。
※田螺(たにし)

 経テ治シ難シコレモ幼年ニ病ムハ軽ク年ノ長スルホト重シテ得テハ百日許モカカルナリ然レトモ十発許モスレハ段々軽ミテ假令発リテモ病牀ニ著ス或ハ間日或ハ数日ヲ間テテ微ニ寒熱ヲ覚ヘ荏苒日ヲ延ナリ愚按スルニ大抵病ハ習ハシナル者ニテ鄙賤ノ者ハ軽ク富貴ノ家ハ重シ瘧疾モ近年脚気ノ症ニ兼疚(※)ムモノアリテ動モスレハ衝心ヲ引出シ数人死シタル者アリ恐ルヘシナルホト截瘧ノ薬ニテ頓ニ落ルモノハ一通ノ者ナリ人参養胃又ハ医王湯ナトヘススム者ハムツカシシ小兒ノ瘧ハ鷓胡菜湯蛔虫ヲ下セハ妙ニ愈ル者

※疚(キュウ、やましい、やむ、なやむ)
※鷓胡菜湯-鷓鴣菜湯(しゃこさいとう)であろうか。

 ナリ
癇ニテ大ニ閉チ人事不省ノ者薬汁下ルモアリ下ラサル モアリ此症ニ工夫ヲ以テ頻ニ大灸ヲスルナリ世医多ハ 皆五十壮百壮許灸シテ見テ応セストシテ止ルアリ是未其意 ニ達セサルナリ随分大灸ニシテ終日夜ツツケテ灸スヘシ 甚シキ者ハ灸シテ七日ニモ至ルナリ又時疫中ニ癇ヲ発ス ルアリ是モ矢張カマハズ灸スヘシ医俗トモニ多ハ皆熱 気アル処ヘ灸スルコトヲ甚忌モノナリ故ニ病家ヘモヨク ヨク其ワケヲ説キキカシテ灸スヘシ灸治相応シテ癇ヒラク ニ至レハ疫熱モ一所ニヌケテシマウモノ也是必竟癇ト

疫熱ト一モツレニ成テアルユヘ大灸ニ叱リ散サレテシ メカラミタル処ノ癇ノヒラクニツレテ邪熱モ一ツニ散 スルナリ此後ニテ表ヲ治スルコトハ決シテ入ラヌ者ナリ是 ニヨリテ彼救裏宜四逆湯救表宜桂枝湯ト云ヘルナトノ 治術ヲ知ラサル人ノ書述シコトヲ識ヘシ四逆ヲ以テ其症 ヲ治スレハ其後ニ表症ハ残ラヌ筈ノ者ナリ又右之通ツ ヨク癇ヲ発シタルモノ多クハ仰臥シテ居者ユヘ背ヘハ 灸シカタシ故ニ中脘ノ開キ天枢徹腹章門京門アタリヘ 灸スヘシ必シモ枝葉ヘ眼ヲツケスシテ兎角根本ヘサシ ツケテ治ヲ施スヘシ

虚煩不得眠ト云モ厥陰篇ニ本文ニテ解シテアリ按之心下 濡者為虚煩也トアリ梔子鼓湯ノ処ニテ弁スヘキヲ漏シ タリ是モヤハリ彼停食ノ腹候ノ如也停食ノ腹ハ心下凹 シテアル者アリ虚字虚谷有声ナトト云ヘル如シ唯フハフハ ト麩ノ如キニハアラス濡ト云モ全ク腹底マテ軟ナルニ アラス此症ナト何分右体ノ煩悩アルニフハフハトスル腹 ニハナラヌ者ナリ故ニ腹候此ノ如キハ虚濡ト云ヘシ此 虚濡ノ形ニナルハ胸中ヘ聚ルユヘニ必底ニテ引ハルモ ノナリ此弁ヲ以テ分ツヘシ
半夏瀉心甘草瀉心生姜瀉心湯アタリノ痞ハ必ス腹表ヘ

浮テアル故ヨク手ニ応スルモノナリ
大黄黄連瀉心附子瀉心湯アタリノ痞鞕ハ腹底ニ凝著テ 表分ヘ浮立ヌユヘ手ニ応シカタシ姜桂湯ニ於テ謂ル所 ノ心下微結ノ意気方ニテ腹表ヘハ痞鞕ノ容子知レカタ キ故ニ按之濡トハ云タル也此具合大黄ヲクミ合セタル ヲ以テ知ヘシ先黄連ニテ胸中ヲスカシ大黄ニテグツト オシテ行ノ意也此処ヘ只ノ瀉心湯ヲ用テハ何分其ツヨ ク底ニ凝タル処ノ痞鞕ユルマヌナリ又右ノ症ニシテ今 一段ノ背方ヘキビシクゴテ著タルモノニテ大黄ハカリ ニテハ力届キ兼ル寸ハ附子ヲ組コンテウカセル也総テ

此類ノ方ニ用タル附子ハ底ニゴテツキタル病ヲ動カシ テ浮立セル為ナリ此大黄ト附子ノスリ合ノ具合能々意 ヲ用テ会得スヘシ四支厥冷ニハ至ラスシテ只上ヘツキツ メ頭汗ナト強ク出ルニ附子ニ浮セ大黄ニテ下ヘサシテ 推シ下ス寸ハクツトウキ立テユルムナリ大黄附子湯ニ テウカセルモ同意ナリ
三黄湯ノ腹モ底ヘシマリ強キモノナリ大柴胡及ヒ四逆 散加大黄ナトハ三黄湯ナトニ比スレハ上皮ニツイテシ マリツヨキヲ下スノ意ナリ
地黄剤ニ附子トスリ合セルモアリ大黄トスリ合セルモ

アリ又芩連トスリ合セルモアリ其病状腹候ニヨリテ據(※) ナク色々ニ組合サ子ハナラヌ摸様アルモノナリ久下利 ナトノ症ニ一体ノ容子ハ是非附子ト行タキ様ニ見ヘナ カラ能々脈腹ヲ丁寧ニ診候スル寸ハ何分附子ニテハヨ ロシカラス却テ半夏瀉心湯ニ薯蕷生姜ナトト組子ハナ ラヌアリ此等ノアンハイハ古方リキミノヒンヒントシタ 医ナトハ捧腹(※)シテ笑コトナレトモ実事ノ上ニテハ是非トモ 彼様ノ組合ナケレハナラヌコトナリ此症ナトハ専ラ水中 ニ火ヲ持テ下利スルモノ也症ニ因テハ真武湯ヲ用テヨ キモアリ又四逆散ナトニテヨキ久下利モアリ兎角診察

※據(キョ、よる)-ある物事の原因、方法、基準などの意味。
※捧腹(ホウフク)-腹をかかえて大笑いすること。

ヲ丁寧ニスヘキコトナリ
石膏ト附子ト組合寸ハ虚寒アレハ必其ヘ火添テ附子ノ 受アンハイ悪キト云処ヘ行ナリ是石膏ニテ附子ノ勢ヲ削 コトニモナリ火ヲモ制スルト云気味合ナリ又石膏ヲ行テ モナキト云程ノ処ヘハ附子ヲ滑石ニ併セテ用ルコトアリ 猪苓湯ニ加附子ナトト云ノ類ナリ又附子ヲ煨(※)製ニシテ 用ルモ向ノ火ニサワル故附子ノ勢ヲ削ナリ製附ハカリ ニテハマタ火ニサワルト云処ヘハ附子生姜ト組合用ユ 八味丸ノ意ナリ附子瀉心湯大黄附子湯ナトモ主治功能 ハ違ヘトモ大黄ハ石羔ノ代ノ気味合ナリ後世ノ薬方ニモ

※煨(ウェイ、うずみび)-中国料理の調理法のひとつで、ごく弱火で長時間煮込むこと。

苦寒ト辛温トヲ並ヘ用タルアリ此等ハ皆具合モノナリ 連附六一湯ナト尤工夫アリテ組シモノナリ総シテ其々ノ 行ヘキ症ナレトモサワル処アツテ受具合悪キト云処ニ テ止コトヲ得ス斯ハ組シモノナリ
小鳥ヲトル吹矢ニモガリヲ付ルトテ矢ノ先ノ肉中ヘ入 テ引カカル様ニ逆ニソグコトアリ薬剤ノ組合ニモ此ノ如 キアンバイアリ済世実脾散ナトニハ此モカリ有ル薬ト 云ヘシ木香木瓜梹榔草果ナト是ナリ真武湯ナトニハコ ノモガリナシ実脾ノ方ハ右ノ品ニテ或ハ推シ或ハ開キ ナトスル故ニヌツポリセスシテ附子ヲヨク働カセルナリ

木香ハ胸中ヲ推シヒラキ木瓜梹榔ハ心下ヲ推シテスカ シ又梹榔草菓厚朴トクミテ胃中ヲ推シスカシメクラセ 姜附ニテ水寒ヲ温煖シ又甘草乾姜ニテ心下ヲユルメ朮 苓ニテ胃中ノ水ヲ下シ水導ヘサバクナリ真武湯附子理 中湯ナトハ水ノ肌表ニ見ル症ニアラス四支沉重疼痛シテ 少シハ肌表ヘモ水気ノ及ト云位ニハ用ヘシサレトモ先ハ 腸胃間ニ水ノ聚リタルモノナリ故ニ真武ナトヲ肌表心 胸ノコトニ用テハヌツポリトシテ働キアシキナリ実脾散ハ 香六加附ナトトモ違ヘトモ全体ハ虚症ニテ実症ニハア ラズヤハリ附子ヲ用子ハナラヌ症ナレトモ然ラハトテベ

ツタリトシタル附剤モヤレズ何レ鬱滞ヲ兼タルノ症ニ テ胸肋心下ヘ聚ル処アルノ症ナリ故ニ虚中ノ実トモ云 ヘシ彼ジヨビジヨビトシテ腹力ナキモノニハアラス此方ヨリ 外ニ附剤ニテ推シスカス処ノ組合古方中ニナク宋ノ時 分ナトニモ甚稀ナリ故ニ予此方ヲ取用ルナリ宋ノ危益 林ノ得効ニハ朴附湯トテ附子厚朴二味ノ方モアレトモ今 一イキナリ又同書ニ木香入ノ薬ヲ鼓脹類ノ中気薄モノ ニ用ル方モアリ
総シテ古来ノ方書ヲ読ニモ大黄附子トスリ合セ又ハ石膏 大黄ト組合セ又ハ附子黄連トスリ合セタル処ナトノ主

意ニ骨ヲ折テ見ルヘシ
総シテ古来ヨリ組立アル処ノ薬方ニモ例ハ四隅ノ荷持柱 ノ如クオモ荷ノカカル方ト間ノ柱ノ如ク荷ノカカラヌ 方トアリ其間ノ柱ハ何ニテモスムモノニテ竹ヲ以テシ テモ杉杙ニテモヨシ是只タケツケ又ハ上ノアシライニ ナルマテ也後世ノ方ニテモ数ノ中ニハ何分此方ナクシ テハ叶ハヌト云彼荷持柱ニナル処ノ方アリト知ヘシ 一男子年二十五歳四年来右膝微腫シテ行歩艱難其状稍鶴 膝風ニ類ス其腹ヲ診候スルニ右臍下拘攣尤甚シクコレ ヲ按ス寸ハ右脚ニ引テ痛ミ又右膝ノ腫タル処亦左膝ニ

比スレハ頗ル別ニ筋肉ヲ貼スルモノノ如シ右荏苒タル 病ヲ抱テ其人性甚急迫ナリ初大黄附子加甘草湯ヲ用ヒ 後四逆散加良姜牡蛎劉寄奴ヲ加タルヲ用テ愈ルコトヲ得 タリ此症スヘテ肝気ニヨリテ成モノ多シ故ニ唯足ノミ ニ眼ヲ付テハ多ハ治セス畢竟葳霊仙杜仲牛膝ナトヲ用 ルハ皆枝先ノコトナリ右腹裏ノ癖物ヘ取ツキ病ノ根本ヘ カケテ治スレハ薬方ヲ用ルコト至テ簡約ニシテ効験ヲ得ル コト甚的実ナリ此病人ナトハ余程病毒コシ付テ一通ニテ ハ動キカヌル者ユヘ先大黄附子湯ヲ用テ癖物ノ腹底ニ 沉タルヲ動シ浮立シモノナリ此症ノ小腹ニ沉固シタル

癖物ナトハ附子ニテ浮スコト尤大事ナリ此シメコミノ摸 様ヨクヨク意ヲ用テ見覚ユヘシサレトモ附子ハカリ用テハ 徒ニ病ヲ激動サセルハカリナル故ニ其動スル処ノ勢ヲ 大黄ニテ削リ取テ下ヘ抜キ又大黄ニオシツクル処ヲ附 子ニテ互ニ持上サスルノ手段ナリ是薬方ノ妙用ナリ又 附子ハ脱陽ヲ挽回スルノ能アリト云ノモヤハリ此場ト同 シコトナリ故ニ四支厥冷シタル症ニ腹ノ浮出タルハナキ モノナリ腹ノ沉ム故ニ厥冷脱陽スルナリ其沉タルヲ浮 スレハ即回陽スルナリ脱陽ト云ヲ外ノ如ク心得ルハ非 ナリ如此ニ貫通シテ見レハ至テ簡約ニナルモノナリ至テ

簡約ニシテ用ヲナスコトハ却テ広シ又鶴膝風ト云モ古人命 名ノ義ヲ後世ニハ取違テ居ルナリ外邪風湿ノコトヨリ来 ルト心得ルハ誤ナリ総シテ風字ヲ用ルノ病外邪ヲ指ノ外 二様アリ伝変至速ナル処ノ病ヲ名ツケテ風ト云モノ一 ツナリ又肝経ヨリ事ヲ発スル者ヲ名ツケテ風ト云ト二 ツナリ是即厥陰風木ノ義ニ取タル者ナリ鶴膝ハ形ヲ以 テ名ツケ風ハ風木ニヨリテ名ツケシモノト知ヘシ
一婦人年三十五病毒ニカラメラレ体形十二三歳ナル女 子ノ如ク脊僂マリテ亀背ノ如ク両膝屈ミテ伸ヒス脚肉 痩削スレトモ膝頭ニ凝リテ鶴膝ヲナスニモアラス又月

事モ少ツツ通スルナリ然レトモ此ノ如キ病人ナレハ蒲団 ニ載テ舁(※)キ行ニアラサレハ自由ナリ難シ其脈ハ沉緊ナ リ其腹ハ所謂虚濡ト云状ニテ背ヲ貼シ肋下ヲ探ルニ攣 急ノ筋サシ内リ緊シク胸背ヘシメコミタリ此症何ニテ モ上胸膈ヲ推下シ疏滌スルニアラスンハ治スルコトアタ ハスト云テ家方理気湯加山慈姑ヲ与ヘ紫円ヲ兼用シ数 月有テ全愈スルコトヲ得タリ此等ノ症ハ腹中ノ癖物モ脇 筋ヘサシコミ引上ルコト甚シキニ因テ底ニテ攣急スルナ リ専ラ胸膈中ノコト故ニ大黄附子湯トハ行カタシコレカ 為ニ理気湯ヲ以テ胸中癖物ヲ推下シ紫円ヲ以テ其ヘサ

※舁(カ)-①(二人以上で)物を肩にのせて運ぶ。かつぐ。②だます。あざむく。

シテ畜聚シタル水毒ヲ疏滌シタルナリ
紫円ノ功能ハ先赤石脂代赭石トモニ胸膈ノ気ヲ鎮墜シテス カスモノナリ杏仁モ利気ノモノナリ胸中疏利スル寸ハ 上下升降ノ気出来ル処ヲ巴豆ヲ以テツキ下シテ行ノ意 ナリ

附方

附方
十一味温胆湯 〔回春竹筎温胆湯之ナリ〕
   柴胡  香附子 人参  黄連  甘草    竹筎  桔梗  陳皮  半夏  茯苓    枳実  〔本方加姜棗〕
理気湯 〔家試〕
   半夏  茯苓  厚朴  桔梗  連堯    蘇子  橘皮  枳実
犀角地黄湯 〔千金〕
   犀角  地黄  芍薬  牡丹皮

升陽散火湯 〔六書〕
   人参  当帰  柴胡  芍薬  黄芩    甘草  白木(※)  麦門冬 陳皮  茯苓    姜   棗
犀角湯 〔医学網目〕
   犀角  竹筎  茵陳  梔子  地黄    茯苓  芍薬  甘草
寛中湯 〔経験〕
   桂枝  芍薬  枳実  厚朴  甘草    姜   棗

※木―朮の右上の点がかすれて消えてしまったか。

九味清脾湯 〔済世〕
   青皮  厚朴  白朮  黄芩  半夏    柴胡  茯苓  草菓  甘草
七味清脾湯 〔三因〕
   厚朴  青皮  半夏  良姜  烏梅    草菓  甘草
四物湯 〔局方〕
   当帰  芎窮  地黄  芍薬
抑肝散 〔直指〕
   当帰  柴胡  芎窮  朮   茯苓

   釣藤鈎 甘草  〔方中加用芍薬〕
截虐方 〔家試〕
   広東人参〔二戔(※)〕
   水二合煎其八分ヲ取上品ノ熊胆五分ヲ送下
大黄附子湯 〔金匱〕
   大黄  附子  細辛
半夏瀉心湯 〔傷寒〕
   半夏  乾姜  黄芩  黄連  人参    甘草
猪苓湯 〔傷寒〕

※戔(セン、ザン、サン、そこなう)―銭の略字か。字自体の意味は①すくない。わずか。②そこなう。

参胡芍薬湯 〔入門〕
   人参  柴胡  芍薬  麦門冬 知母    地黄  枳実  黄芩  甘草  姜
温胆湯 〔千金〕
   半夏  竹筎  枳実  橘皮  茯苓    甘草  姜
清心温胆湯 〔医鑑〕
   麦門冬 芎窮  人参  遠志  当帰    白朮  芍薬  茯苓  陳皮  半夏    枳実  竹筎  菖蒲  香附子 黄連

   甘草
滋陰降火湯 〔回春〕
   生地黄 乾地黄 当帰  芍薬  白朮    知母  黄栢  橘皮  麦門冬 甘草    天門冬 姜   棗
桂枝人参湯 〔傷寒〕
   桂枝  甘草  白朮  人参  乾姜
柴苓湯 〔得効〕
   柴胡  黄芩  半夏  朮   茯苓    猪苓  沢瀉  甘草  生姜

   猪苓  茯苓  阿膠  沢瀉  滑石

※茯苓 猪苓 沢瀉が重複している。

連附六一湯 〔正伝〕
   黄連  附子  姜   棗
実脾飲 〔済世〕
   蒼朮  厚朴  茯苓  附子  賓榔(※)    木瓜  木香  草菓  甘草  乾姜
附子理中湯 〔局方〕
   附子  人参  白朮  乾姜  甘草

※賓榔―檳榔のことであろう。