蕉窓雑話 第三巻

底本:国立図書館蔵ヤ9-1083-1(1、2巻のみ)及び、京都大学デジタルアーカイブRB00000250(全巻)
参考図書:『蕉窓雑話・蕉窓方意解』雨宮良三(創医会)

本文

※以下、基本的に1ページ(半丁、葉)毎に分けて記載する。

蕉窓雑話三編
   東郭和田先生燕語      門人筆記
老医ニ成ルニ随テ叚々(※)偏狭ニナル人アリ此ノ如キハ所 詮論ナキコト也左モナキハ追々年ヨルニ付ケテ工夫スル 寸ハ自分ノ体ニテヨク具合ヲ知ルルモノ也イカヤウニ 考見テモ具合ハ肝腎二蔵ノミノコトニテ今一脾胃ハソバ ニ付テ用ヲナス処ノモノ也毎々云通リ総シテノ物スキノ 本ハ心ナリ此ワケハ已ニ失心シテオルモノナトハ寝食ヲ モ忘ルルヲ以テ知ベシ何レ心ハ君主ニテ今日ハカヤウ

※叚々-段々であろう。

セント云命令ヲ出ス処ノモノ也其命令ヲ受テ働キ其事 ヲ成スモノハ肝ニテ■■(※)■難(※)ヲ嘗ムル処ノモノ也然ル ニ右ノ通リ其肝気ニテ種々ノ苦労ヲ堪忍今日ノ処ヲ働 コト或度ヲ過シ失意スルナドノコトアル時ハ必其肝気大ニ 傷ルコトヲ致シテ両脇心下ヲベツタリト塞クニ因テ胃中 ノ精華ヲ上心肺ヘ次上ルコト出キズ胃ノ気モカジケ心肺 ヘモ虚火相聚リ甚ニ至テハ必咳嗽吐紅(※)ナトノ症ヲ見ス 也古来ヨリモ云ヘル通リ肺ハ皮毛ヲ主リ脾ハ肌肉ヲ主 ル処ノモノ故右ノ通リナル時ハ必皮毛モ悴枯シ肌肉モ 消痩シテ来ル也又右体ノ姿ヲ見スホド肝気亢ル時ハ必

※■■-漢字は、険の山偏(嶮の略字か)と阻の山偏(誤字か)というもの。「険阻」かと思われる。意味は、けわしいこと。けわしい所。
※■難-一文字目の漢字は「養」の異体字のようであるが、文脈から「艱」と考えられる。「艱難」とは、困難にあって苦しみなやむこと。つらいこと。
※吐紅(とこう)-吐血。喀血のこと。『漢方用語大辞典』

又腎部ヲモ扇動スル故自然ト房欲ハルモノ也左アツテ 下元薄ク成ル時ハ肝気モ弥(※)動シ立テ或フサキ或亢リ其 変種々無量ニ成ルホド猶房欲ハ盛ニナルナリカヤウニ 肝気ノ亢ルコト益甚ク成時ハ其余リニテ弥脾胃モメグラ ズ心肺モカジケテサマサマノ虚候ヲ見ス也此処ヲ古来 ヨリ名テ気虚労役ト云ヘリ此場ヲヨク徹底シテ見ル寸ハ 実々ノ処ハ此気虚労役ニ於テ別ニ補益スルノ薬ハナキ モノ也然トモ人四十已上ニモ至ル時ハ自ヨク慎テ腎気ヲ 倹約シ房欲ヲ制断スルコト也タトイ断房セストモ殊ノ外房 事ヲ節ニシ寡欲ニスル時ハ肝気モ治メスシテ自ヨク治リ

※弥(み、び、いよいよ、いや、や)-①ひろくゆきわたる。あまねく。②いよいよ。ますます。

肌肉モ自然ニ長スルモノニテ兎角房欲ヲ節ニスルハ補 益ノ第一也四十已上アタリニテ斃ルルハ多ハ房欲ヲ過 度スルニ因テ也老成ノ人ハ何レモ上ワ向ヨリハ甚身持 モ好ヤウニ見ユルモノナレトモ反テ壮年ノ時ヨリモ情欲 ハ深ク成ルモノ故其場ヲ味イ耽ル時ハ必命ヲ亡ニ至ル コト也所謂気虚労役トハ此等ノコトヲ云タルニテ外ニ気虚 労役アルニハ非此処ヲヨク慎ミ嗜ナム時ハ老ニ至テモ 精神益爽ナルモノ也右体ノワケ合ヲ知スシテザツト心得 只清肺湯ヤウナルモノヲ用専肺気ヲ攻ルナト云カ如ハ ラチモナキコトニテトクト其本ヲ正ス寸ハ肝腎ノコト也故

ニ補益ノ術ハ専房欲ヲ禁スルニアルコト也予四十已後叚 々老試ルニ全ク右ノ通リノコトト見ヘタリ人身ノ具合ハ 此二経ノ専事ヲ用ル処ニ過スト知ヘシ
例ヘハ咽中如炙臠(※)ト云一症ニテモ只其症ハカリニ目ヲ 付テ治方ヲ施シテハタマタマハ薬ノキクコトモアレトモ多ク ハ治セヌモノ也思ノ外大柴胡ニテヨキモアリ四逆散ニ テ治スルモアルモノ也兎角症ニ泥テ治方ヲ施シテハ書付 学問ニ成ル故思シキ手際ハ出キヌモノ也如炙臠(※)ナド云 ハ畢竟枝葉也此処ニ眩惑セヌヤウニシテ何ガ故ニ此ノ如 キト云処ヲオシ尋テ治ヲ施スベシ又前方ニ強ク心労シ

※如炙臠-本文には訓点あり。「炙臠の如し」

愁傷シタルコトナドアルト云ガ如キモ其診候ヲ詳ニセス シテ一概ニ其ヲ持込テ治ヲ施ス時ハ大ニ病因ヲ取間違フ コトアル者也
予十七八年前初テ四物湯ノ真面目ヲ会得セリ此湯ノ具 合ヲ合点シテヨリ即脾胃ヲ補ノ説ヲ会得シ其ヨリシテ腎 部ヲカワカサヌト云コトヲ会得シタリ斉ク統テ云寸ハ脾 胃ヲ損スルモ腎部ヲ虚セシムルモ皆是肝ノ所作也又卒 暴ニ吐血下血シ或婦人ノ崩漏ニテハナシニ卒カニ前陰 ヨリ多ク血ヲ下スノ類モ皆肝火ノ為ス所也故ニ血症ア ル人気分踈擾(※)ナル時ハ何分ニモ其血止ラヌモノ也先四

※踈擾-「踈」はうとい、まばら。「疎」の異体字。「擾」はみだれる。わずらう。「躁擾」であろうか。

物湯ハヲシクルメテ云時ハ肝ヲ緩ムルノ剤ト心得レハ 何ノ子細モナキコト也総シテ現在ニ吐衂下血等アルカ又ハ 前方ニ多ク失血シタルコトニテモアルカト云ニハ四物類 ヲヤリテヨシソノ血ゴトノナキニハ血剤ハ用ヌト云ハ 至テ未熟ナル了簡也又地黄類ハ体ノ弱キ処ヲ取立ルモ ノノ如ク心得ルモ非也左様ナル了簡ニテ用テハ地黄ニ テ治タルヤラ何ニテナヲリタルヤラ其ワケハ知レヌモ ノ也此等ノ方意ニ於テハ予積年昼夜ヲ舎スシテ工夫ヲ用 タルコト也イカガナガラ世医多クハ此湯ナドノ方意ニ於 テハ徹底セスシテ説ヲ立ルアリヨク徹底シテ見ル時ハ其道

理ヲ以テ四方八隅トモニ窺ヘクシテ上皮ノ処ニテ耳目ノキ(※) ヨロヨロトウロ付コトハナキモノ也必上スヘリニテ耳目 ヲキヨロ付スベカラス実ニ意解心誠ノコトナリ
胃中真陽ノ気トハ即水穀ノ精気也故ニ人若シ飲食ヲ絶 時ハ必真陽脱シテ死スル也全ク人参ナトノチカラニテ実 ニ是ヲ補ルルモノニハ非ス今ニテモ寒風ヲシノイテ往 来シ手足モ冷ヘ胃中モ空虚シタル時ナト食餌ヲ用レハ 乍チ気満チ合テ体中モ温マルコトヲ得此精気ヲ益ス也人 参ニテ此アンバイヲセントハ無理也人参ハ真陽ヲ補フ モノニハ非ス只其胃口ニフサカル処ノモノヲユルムル

※キ-不明。ヰとも見える。

ノ道具也其ユルメヤウニ次第階級ハアリト云ヘトモ以テ 行処ノ薬ハ皆同シ道具也畢竟人参モ黄芩モスヘテ云時 ハ同ク細工ヲスル小刀ニテ只其々ニサマサマノツカイ 場アルマデト心得テヨシ人参ハカク別ニ神霊ナルニハ 非此ヲ別叚ニ神霊アルモノノ如ク思ヨリ色々ノ了簡違 出キル也ヤハリ心下ニ聚タル肝気ノユルムモノト心得 テヨシ
予往年東洞先生ヲ師トセル其初ハ議論ヨリシテ取カカレ リ其議論ト云ハ先凡テ(※)腹裏ノ毒ハ下シテ取尽サルル者也 ト云ルルカ彼家ノ立テ方也此毒ト云モノ別ニコロリト

※凡テ-おしなべて、すべて。

シテアル物ハ下シテモ取ラルヘシ彼二本棒ト唱ラレシ処 ノ二行通ニ引ハリタルモノナトハ一身ヲカラム処ノ力 ラ筋也気滞ナトスレハ是ヘ引ハリ付テ色々宿飲ナトモ 凝結スルユヘ是ヲユルムレハ其宿飲ナドモサバケ引ハ リモ緩ミテヨキコトナルヘシ去ナガラ是ノ毒モ取尽サル ルモノニヤト云シカハ其答ニ尤然ルコトニテ毒ハナメノ 如クナリテ下ルモノ也毒尽タル腹ハフツクリトシテ麸ヲ オス如ク軟ニナルモノ也ト云レタリ然ラハ先生ハ年来 ノ養生ニテ定メテ自ラ毒ヲハ取尽シ玉ント云ヘハ勿論 左様ニテモハヤ麸ノ如クナリテアリト也ソコテ左モア

ラハ其毒尽テフウハリト成リタル処ヲ見テ是マテ疑ヘ ル処ヲ明ラカニスルコトヲ得ハ大幸也願クハ先生ノ腹ヲ 見セ玉ヘト云ヘハ色々ヨリモツカヌ他ノ話ノミシテ中 々見セラレス毎々此ノ如クナリシ故後ニハ門下ヘ来ル 病人ノ毒ノ尽タル処ヲ見セ玉ヘト云ヘハ是ハ此方ノ門 人ニアラザレハ見セスト云レシヨリ然ラハトテ門人ト 成レリ或時ラク焼ノ薬茶碗ニテ薬ヲ湯ニタテテ飲ルル ヲ見テ何ヲ召上ルニヤト云シカハ黄鐘也ト云レタルユ エ先生ノ腹ニハ毒ハ尽タル由兼テ聞ケル処也然ルニ何 故ニ今又此薬ヲ用ヒ玉フヤト云ヘハ是ハ三十年来用ユ

ルコト此ノ如シ今ニ始〔ラ〕サルコトト也然ラハ毒ハ尽テモハヤ 今日左様ノ薬ニハ及ハヌ処ナルヘキニ何ユエニ毒ナキ 処ヘカヤウノ薬ヲ用ヒ玉フヤ是定メテ毒ノ未ダ尽サル 故ナラン若三十年ノ薬力ニテ取サル処ノ毒ナラハ何ノ 年何ノ日ニカ尽ンヤ世間ヨリ門下ニ来テ治ヲ請者モ亦 イカナル長病タリトモ豈ヨク三十年ノ間ノ療治ヲ受ンヤ 是ヲ以テ見レハ此毒ハ尽スベカラザルニ似タリ我見ル 処ハ是ト異也必シモ其コリ付引ハリタルモノヲ尽ク下 スコトニハアラズシテ只其凝リ結ヒタル処ヲユルムレハ夫 ニテスムコトニテ此ユルミタル処ハ即毒ノ尽タリトモ云ヘ

シ何ソ必シモ其物ヲ下シ尽スコトヲセン畢竟是ハ一身ヲ 約束スル処ノ大事ノ力筋ニテ尽ク下スヘキモノニハア ラザルベシト云是ニ至テハ先生ノ説ヤヤ窮スルニ似タ リ此時先生右ノ議論ノ答ナクシテ直ニ遥ノ余処ノ話ヘハ ヅレテ云ルルハ扨天竺ノ釈迦ハ療治ハ上手ニテアリシ 也然ニ中華ニテ班固ナドト云モノ治術ノコトヲモ知ラス シテ後漢書ニ於テ気ノ結ナトト云コトヲ云残シタリ気トハ 天地間ニ満タル処ノ者也若我今ニテモ班固ニ対面スル コトヲ得ルモノナラハ班固ドノ何ント気力結ハルルカノ 結バルルナラハサア此ヘ結デ見セラレヨト云ハハ一言

一句モアルマジト也此レ万病一気留滞ノ説ヲ看破セン トノコト也然トモ此結字ノ義理必シモ男ムスビニシツカリ トムスビ堅ルコトノミニモアラズ積結凝結ナド云ヘルハ 気ノコリ堅ルコトナリト云ヘハ結ノ字ノ本義ハ然ラス最 古ルキ処ニテ云ヘハ結縄ノ政アリ是縄ヲ結ニアラズヤ ナドト云レタリ叚々議論モアリシガトモイツトテモ終ハ 右ノ通リワキ道ヘヌケラレシユエ始終片付ス故ニ後々 ニハ議論モ止メタリ然シテ自身ノ腹ハ生涯見セラレズ唯 其末期ニ至テ病中ニ候タルコトアリ然トモサスカ一家ノ先 生ホドアリテ其終命セラルル時ニハ甚引キ付ケサシコ

ミナドスル中ニテキツト端坐シテ終ラレタリ其平生ノ気 象ノ強サ是ニテモ思ヤルベシ
桂枝湯麻黄附子細辛湯ナドニ烏頭ヲ加用テ沈痼シタル 病ヲ動カシオイテ其アトヘ下剤ヲカケテ治スルコトナド ハ東洞老人ヨリ始マリシコトニテ最卓見ナリ
胸膈ノ方ヘ癖物ノ衝込テアル人ハ其腹表ヘ浮タル方ノ 脈ススムモノ也癖物ノ沈タル方ハ脈閉ルモノ也又人ニ 因テ脈ノカサヒクキ方ハ其常ニシテカサ高ナル方ハ病ノ 所為ニテ亢ルモアリ癖物ノアル方ヲ下ニ寝ル者トフリ 分ニアルモノ也其癖物ノアル方ヲ下ニシタガル者ハ胸

中ヘ衝込タル処ノ長キモノナリ
腹形ヲ候フニハ兎角幾度モ按シテ見タリ又浮メテモ見タ リシテ腹力及腹ノコリアンバイヲヨクヨク気ヲ付見ルベ シ又軽々ニ上ヨリ下ヘ数遍ナデテ皮膚ヲ試ヘシ虚実ハ 皮膚ニテヨク知ルルモノ也又動気ノ一旦亢ルノト実持 前ノ動気トハ違モノ也兎角動ハ底ニ隠々トシテ知ガタキ ハ実体ニシテ佳シ至テ厚ク極実シタル人ハ其動手ニ移リ カタキモノナリ
摂州高槻ノ鳥屋ノ伝ニ凡テ(※)屋ノ上又ハ岸ノ処ナトノ高 ヨリ拠(※)ナク飛子バナラヌコトアリ其時ニハ所詮勢ノ止ラ

※拠-よりどころ。

ヌト云処ニテワサト屋子ノ端マテ走リ来リテ端ニ成タ ル時臍下ヘ気ヲ脹リ口ヲ閉テドツト飛下ル中今二三尺 許ニ成タル処ニテ我体ヲ上ヘ飛上ル心持ニカガム寸ハ ヤハリ三尺ノ処ヨリ飛シワリ合ニ成テフウワリト落ル モノニテ直ニ落タルナリニテアルカルルモノ也ト云ヘ リ此鳥屋ハ人ノ及ハサル処ノ喬木ノ上ナル鳥ノ巣ヘ行 テ其巣ヲ手ニ持ナガラ下ヘ飛テヲリシ也是ニ因テ其中 間ノ者トモ色々其術ヲ問ヘトモ云ズ予故アリテ此伝ヲ聞ク コトヲ得タリ是ヲ以テ考ルニ彼高キヨリ堕ル者ナトハハ ツト思フ拍子ニ口ヲ開テ堕ル故其時ノ呼吸ノアンハイ

ニテ下ヘ随テヨリ癖物グツト衝コム故ニ息ヘカカリテ 痛ム也口ヲ閉気ヲツメテ随レハ息ヘハカカラヌ道理也 故ニ此息ヘカカリイタムハ左ニテモ右ニテモ其癖物ノ ツキ込タルニ因テ也故ニ此癖物ヲユルムルヲ尤捷也ト ス総シテ打撲傷ナト直ニ居風呂ニ入ルルコトナトハ忌ヘシ 又打撲トサヘ云時ハ紅花蘇木ナトヲ定リトシテ用ルコトタ ワイモナキコトニテ役立ヌモノ也打撲ノ気ハハナレテ療 治スヘシ兎角其時ノ症候次第ニ治ヲ施スヲ佳トス症ニ 因テ水飲ヲ多ク胸膈ヘシメコムモノナドハ沈香降気湯 合豁胸湯シタルナドモ用ユ其中トカク四逆散アシライ

ニテ佳キ症多シ初ヨリ此方ニ療治スレハ取アツカイモ 思ママニスレトモ人ノ療治ノアトヘ出テハモハヤ初叚ノ 手合ハ場ヲハツレテアルコトユエ只其癖物ヲ程ヨクアシ ラウヘシ顛墜スレハ決シテ癖物動スル故也又多ク酒ヲ飲 テヲル人ナトハ一通リノ打撲ニテハ常ノ人ホトハコダ ワラヌ者也是其気動セスシテサホトニ癖物ヲモツリ上ス ユエ也沈醉ノ人ヲ狐狸ノ類ノ誑(※)サヌモ気ノ動カス故誑 カスコトヲ得セヌナリ
総シテ古来オリシテ打撲墜壓等症ノ煩燥昏憤ナドスルヲ見 レハ一切ニ皆瘀血心ヲ攻ルモノ也トシテ蘇木大黄紅花桃

※誑-たぶらかす。うそを言ったり、ごまかしたりして人をだますこと。

仁ノ類ヲ用ルコトニシテアルユヘ後人此顰ニ倣テ(※)其脈腹ヲ モ弁セスシテ概シテコレヲ用ルハ大ナル誤ニテ尤ナゲクベ キコト也往年摂州原村ト云ヘル山家ノ農民ノ女子三月節 句ノ前ニ山中ヘ艾ヲ取ニ出タルカ数人ツレダツテ巉岩(※) 窈窕(※)タル処ヲ挙シ上リ行ク中ニ烏帽子岩ト云ヘル甚大 ナル岩アリ数百丈ノ深谷ニ臨ミ其岩ノ頂キ烏帽子ノ形 ニ似タルヲ以テ名ケシ也尋常ノ人ハ此岩ニ上ルコトモ少 ナルニ右ノ女子トモ此石間ニ好艾ノ多キヲ見テ叚々ト挙 上リシ中一人猛気ナル女子アリテ岩ノ背手ヘ廻リ尤高 キ処マデ上リシガ不図フミハヅシ顛墜セリ下ハ悉クソ

※顰ニ倣テ(ひそみにならいて)-善し悪しも考えずに、やたらに人のまねをする。また、他人にならって物事をするのを謙遜していう言葉。(『荘子』天運から)
※巉岩(ざんがん)-するどく切り立っているけわしい岩山。
※窈窕(ようちょう)-美しくしとやかであるさま。

ギタテタル如キ石ノミ畳タルカ其谷底ヘハ十丁(※)モ廻ラ サレバ行レズヅレノ女子トモ驚キアワテテ急ニ本路ヘマ ワリ親ニ告タリ其在処ヨリ右ノ場処ヘハ一里(※)足ラズモ アリシカ親始近隣ノ者トモモ定メテ体ハ悉ク砕ケタルナ ラントテニワカニ其処ニ行テ見タルニ面体手足トモ皮肉 ハコトコトク疵ツキタレトモ砕タルニハ至ラズ呼吸モアレ トモ悶絶シテ急ニ精神付ス故ニ戸ニノセテツレ帰リタリ予 ガ故郷ヨリハ一里半アル処ナルガ早速予ガ家兄ヲ招テ 見セタリ家兄コレヲ診スルニ六脈時ニ随テ有ガゴトク 無ニ似タリコレヲ胸腹ニココロムルニ時アツテ下部ヨ

※十丁-約1090メートル。
※一里-約4キロメートル。

リ胸中ニ衝上ルモノアリ此物上ル寸ハ必煩悶シ且脈ヲ シテ伏セシム其上衝スルモノヲツヨク按ス寸ハクツト 下リテ腹中雷鳴ス家兄因テ謂ラクツ子ツ子打撲傷損ノ症 ニ瘀血ヲ主張セルノ説ヲ疑シガ今此症ノ主タル処ノモ ノハ皆水気也サラバ此墜タル拍子ニ変動シタル処ノ水 気ヨリサバカントテ先其親類ヲ始メトシテヨリ聚リタル モノトモニ全体ノ難治ナルコトヲトクト心得サセテヨリ外 台ノ走馬湯ヲ沸湯ニテシボリ出シ傍ニ付居テ一夜中飲 セタルニ水ヲ吐下スルコト多シサレトモ血ハ少シモ出ス吐 下ニ随テ彼上衝スル処ノモノ漸々ニユルミ煩燥スルコト

モ静リテ容子ヨクナリ翌朝ニ至テハ上衝サツハリト止 タレトモ腹底ノ邪水ハ未ダ尽ザル処アルニヨリ薬ヲ残シテ 帰レリ翌々日ノ朝ニ至テハ精神モ了々トナリシニヨリ 走馬湯ヲ止メテ調理ノ剤ヲ用タレバ日ヲ経テ全快シタ リコレヨリシテノチイヨイヨ水気ノ変動ナルコトヲ信シテ蘇木 桃人ノコトニハアラズトシテ療スルニ予ガ今日ニ至リテ経 験甚多シ走馬湯ハ袋ニ入沸湯ニテ度々シボリ出スニ白 沫出ルモノ也其沫ノ出タルヲ用ベシ
屡解蔵セシ人ノ云首ヲ切ラレタルモノハ何レモ其心下 石ノ如ク堅ク成テアリト左モアルベキコト也

腎気虚損シテアル人肝気上ヘツキ上リ夫ナリニテ下ラ ヌモノアリ手足ナドケタリトナリテ用ラレサルヤウニ 成モノ也此ワケハ時計ノ如キモノ也時計ノ下ノヲモリ アレハ上ノテンヒンハヒラヒラトヨク廻ルモノ也若其 ヲモリ取レル時ハキユツト上ヘツリ上テ何分再タヒ下 ラス故ニ上ノテンヒンモ廻ラヌヤウニ成ル也然亦再ヒ 重リヲカケル時ハ本ノ如ク廻ル也人ノ腎気ハ此ヲモリ ト同様ノモノト心得ヘシ上部ノ損シタルマテナレハ治 シ易キモノナレトモ重リナシニハ治セラレス腎気ハ尤大 切ノ者也十五戔ノ重リノ処ヘ十戔ノ重リヲカケテハ程

ヨク廻ラス又重リハ本ノ通リニテアリナカラチヨツト 上ノ処ヘ竹箆ニテモサハリテ廻ラヌヤウニ成タルハ其 竹ヘラヲ取除ケハ本ノ如ク廻ル也故ニ腎気ハ実シテ在テ 上ニ閉ル処出キテ手足ノ廃シタリ強クツキ上タルハ治 シ易キモノナリ
後藤家ニ万病ハ一気ノ留滞ニ因ルト云ヘルモ随分聞ヘ タルコトニテ尤然ラサルニハ非ス又東洞家ニテハ其本ヘ 取付テ万病一毒ト云レタリ此毒トハ水穀ノ濁気ノ成ル 処ト也勿論其毒ヲ取尽スト云レシコトナトハ全体無理ナ ルコト也其ワケハ凡人身固有ノ癖物ハ譬ヘハ猶天地間ノ

石ノ如シ其頑硬ナル処ノモノヘ無形ノ気結聚スル時ハ 其石必祟ヲナスコトアリ人身癖物ノ害ヲナスモ亦猶其石 ノ如シ故ニ其聚リタル処ノ気散スレハ其石旧ノ如シ人 身モ同シコトニテ気開ク寸ハ癖物旧ノ如シコレヲ是非トモ 取尽サントスルハ無理ニシテ労シテ功ナキニ似タリ其ユエ ハ先固有ノ癖物ト云ハ人身固ヨリ有処ノ腹力ラノ筋ニ テ即彼家ナト二本棒等ノ名アリ其力筋ヘサシテ無形ノ 気凝聚ル時ハ追々夫ヘサシテマタ種々敗濁ノ物モ凝結 ヒテ害ヲナス也故ニ其気ヲユルムレハ自然ト癖物ユル ミ癖物ユルム時ハ気モ亦随テ散ス然トモ本ヨリアル処ノ

筋ハ除ヘキモノニ非ス只其ユルミタル処ヲサシテ無病 ノ人ト云ヘシ然ヲ其毒ヲ下シテ取時ハ麩ヲオス如ク腹軟 ニナルモノ也ト云又気ハ結ハレス積レヌモノナトト云 レシハ無理也又香川氏ノ聖賢儒中ノ医ト云レシヲモ周 南コレヲ色々ト諫ラレシカトモ聞入スシテ彼薑ヲ舎スシテ食 フノ康子薬ヲ遺ル云々丘未達ナト云処ヘ取付テ説ヲ立 ラレシユエ周南ヤカマシク云レシ也是畢竟孔子ヲ無理 無休ニ医者ニスル了簡ト云モノ也夫ヨリハ手近ク大学 ニ物有本末事有終始トアルヲ医ノ事ニ取テ見ル時ハ即 今病ノ上ニ付テ必其本ト末トアリテコノ方ヨリ是ヲ治

スルノ術ニモ亦必先後アルコト也又香川ノ方薬ヲ簡略ニ セラレタルモ理屈ハ聞ヘタレトモメツタニ繁ヲ厭テ簡ヲ 貴タルハカリニテ徹底シテ其術ヲ精密ニセサル故治療ハ 甚拙ナカリシ也故ニ其頃ロノ世俗ノ劇談ノ中ニ珍ラシ キモノト云題ノ中ニ香川太中ノ療治下手ト云シコトアリ 扨其後藤ノ万病一気ノ留滞又其根ヘ取付テ東洞家ニテ 万病一毒ト云レタルモ皆尤至極ノコトハ也然トモ此等ハ 皆各一方ヘ片ツリテ害アリ畢竟気ヲ利スレハ毒モユル ミ毒ユルメハ気モ利ス是両方ノモチアヒト云モノ也故 ニ予ハ何レヘモ片ヨラヌ也又古来ヨリ人身ノ気血ヲ栄

衛ト云テコノ二ツニテシメククリスルト云モヤハリ無 形ノ気ノ有形ノ血ト持合ニ成テ人身ヲ栄養スルナトハ 尤ノコト也今日我体ニテ考フルニ尤モ左モアルヘク覚ル コト也故ニ今胸膈ノ無形ノ気利スル時ハ下心腹ニアル処 ノ有形ノ物ユルム是無ト有ト持合ニナル故也有形無形 ノ持合ハ天地自然ノ道理ニテ先譬ヘハ無形ハ風有形ハ 雨也其無形ノ風ノ目ニモ見ヘス音トハカリノ物ニテ有 形ノ砂石ヲ飛ハシ屋ヲ崩シ木ヲ折ルコトモ出来ルモノ也 故ニ有ト無ト持合子ハ凡ノ事ハ出来ヌモノ也彼男女交 会シテ胎ヲ結モ先無形ノ気ノ動ニ因テ有形ノ精ヲ施カ為

ス処ニアラスヤ又今紙袋一ツ製スルトテモ先中ヲフク ラスニ手ヲ入テ見テ行届カヌ処アレハ必息ヲ吹込テフ クラシ又息ニテ行届ヌ処ヲハ手ヲ入テ指ニテ折付ル也 是亦有形ト無形ト持合ニ非ヤ故ニ天地ノ道理ニテ治術 モ出来ルモノト知ヘシ彼日月星辰風雨霜露適トシテ教ニ 非ルハナシ是故ニ聖人仰テ天象ヲ観テ以テ天ニ法リ俯 シテ地理ヲ察シテ以テ地ニ則リ是ヲ以テ教ヲ立ラレシモノ 也然シテ人ハ固ヨリ天地ノ気ニ因テ生長スル処ノ者也然 ヲハ何ソ天地ノ道理ニ漏ンヤ即其漏サル処ノ理其因テ 生ヲ受タル処ノ道理ニ従テ治ヲ施サハコレヲ名ケテ聖

賢儒中ノ医ト云ンモ亦誣タリ(※)トセサラン乎故ニ総シテ物 コトヲ成就スルハ尽ク有ト無ト持合ニ成コト也ヨク其道 理ヲ察スル時ハ至テ小術ノ中ニテモ尽ク其理ハ寓ノア リ吾門ニ用ル処ノ降気術ナトモ即有形ノ手ニテ腹ヲ按 シ無形ノ呼吸ヲ操リテスルコト也其無形ノ呼吸ヲ鼓動シテ 又有形ノ癖物ヲユルム是ニ因テ其癖物ノ処ヘ凝リ結タ ル処ノ頑疼宿水等モ後ニハ叚々消散スル也又俗伝ニ多 武峯ノ菴羅果(※)ヲ服用シテ痰飲ヲサハキ水気腫満ヲスカス ユエ有形ノ水飲モ従テ利スル也又苑林ナトノ中ニ風ノ

※誣タリ(しいる・あざむく・そしる)-ありもしないことを事実のようにいう。
※多武峯ノ菴羅果(とうのみねのあんらか)-多武峯は奈良県桜井市南部にある山、および、その一帯にあった寺院のこと(Wikipedia)。菴羅果(あんらか)とは菴摩羅果(あんまらか)、マンゴーの果実のこと。藤原鎌足の長男の定慧和尚が唐の五台山から菴羅果の種子を持ち帰り、和州多武峰に植えたが、これはマンゴーではなくカリンの間違いだったという話がある(http://kampong.life.coocan.jp/Nov05/Part1/contents/karin.html)。

ヨク透キトヲル時ハ草木ヨク生長シ若風気トヲラサル 時ハ欝シテ虫ヲ生シタリナトシテ枯悴ス若又人身ヲ箱ナト ニ入テ置カハ忽チ気寒テ死セン是ヲ以テ有形ノモノノ 必無形ノ気ト持合コトヲ知ヘシ是有無ノ道理ヲ近ク小キ 処ノ人身ニ取時ハ気血ノ二ツニツツマル也故ニ彼一毒 一気ハ畢竟ハ栄衛二ツ也然レハ別ニ毒ノ理屈モ入ラス 別ニ一気沙汰モ入ラヌコトニテ只出ス入ルル両方持合ト スレハ説モ穏ニシテ手叚ニ於テ甚益アリテ便利ナリ然シテ 其気血ハ車ノ両輪ノ如キモノニテドチラニテモツマツ ク時ハ其車ノ行ヌ如ク人身ノ気血モ何レニテモ■タツ

ル時ハ病人也気血ツリ合タルハ無病ノ人ナリ
総シテ盗賊ヲスルモノハ人ノ屋舗ヘ入コミテヨク糞ヲ遺 シヲクモノ也是ヲ俗ニ彼徒(※)ノマシナイニスルコトト云ハ 非也是マジナイニハアラサレトモ己ガ精神ノオサマリタ ルト否トヲ試ルコト也初心ノ盗ハ何分人家ニ入テ糞スル コトハ出キヌモノト也然レバヨクヨク気ノオサマリタル ニアラザレバ是ハ出キヌコト也今コレヲ吾医事ニ比類シ テ見ルニ肝積強キ人ナドミダリニ気ヲイラチナドスル 寸ハ大便不通ジニ成リ気シツマレバ通スルモノ也此等 ノ処其事ハ違ヘトモ気ヲツリ上ル処ヨリ不通ジナルハ同

※徒-いたずら

コト也
大便秘結スルモノ下剤ニ限ラズ三和散類ノ気剤ニテ通 スルアリ四逆散類ノ甘味強キモノニテ通スルモアリ四 物湯類ノ潤剤ニテ通ルモアリヨク四方ヘ目ヲキカシテ療 スベキコト也療治モ碁ナドウツヤウナルモノニテ上手ハ 二十手モ向ノ手合ヲ見ハカリテカカリ下手ハ僅ニ一手 二手先キモ闇夜ノ如シ
二行ノ動ノ任脈ノ方ヘ迫リタルハ別ニ論ナシヤハリ二 行通ノ取アツカイニシテヨシ只水分ノ真ノ動悸ト二行 ノ動ノ任脈ヘウツリタル假動トヲヨク分ツヘシ

延胡索ハ胸膈ヘシマリタル処ヲオシスカスモノ也又胸 中ヘモ行キ小腹ヘモ行テ肝火ニテ乾血ヲ畜タル痛ヲヨ クヤワラクルモノ也総シテ上ヘキクモノハ下ヘモキクモ ノ也ヨクヨク熟慮スヘシ
酸棗仁ハ抑肝ノモノ也故ニスベテ眠ルト眠ラザルトニ ハ限ラズ虚ヨリシテ肝気ノヲダツ者ニ用ル薬也是ヲ以テ 地黄当帰酸棗仁釣藤鈎ナドト組合テ具合ヨキ也先ハ大 黄石羔ナドト組合ス薬ニハアラスシカシ千金ナドニ酸 棗仁石羔ト組合タル方モアレトモ是ハイカカニヤ十分ノ 組合トモ云ガタシ兎角薬ノ組合ハ料理ノ取合ト似タルモ

ノニテ其組合大事也酸棗仁ト釣藤鈎トハ又少シ違アリ 酸棗仁ハ虚候ノ方ヘ行キ釣藤鈎ハ虚実トモニ行モノニテ 畢竟鉤ニ引カケテ引延ルヤウニ引ハリヲユルムルモノ 也酸棗仁ハ肝気ノオダツコトノオモニ成ル処ヘ行モノ也 カヤウ心得レバ何レヘ持テ行テモ自由ニ働也必眠ノコト トバカリ思ベカラズ此物随分清心抑胆湯ナドニモ組合 セ用テ佳ヤウナレトモ是ハ少シ行アンバイ違ヘリ又同ジ 眠ラセル薬ニテモ竜甲丹ナトノ如キ阿片熊胆竜麝ノ類 ヲオモニ用テ眠ラセルハ上ミ心胸ノ間ノコトニテ一叚上 ノ処ヲ取サバクコトナリ麦門紅花ナドト行クハ脈腹トモニ

虚シタル処アリテ其虚火ノ上ヘヲダツテイレ付キ上実 ノ強キヤウニ見ユルモノ也根元実症テ右ノ姿ヲ見ハセ ハ三黄加石羔或麦門加石羔ナド用ベキモノナレトモ全体 虚候アツテ左様ノ薬ハ行レヌト云処ヘ行也麦門ハスリ 合スモノニ因虚実トモニ用ラルル薬ニテ火逆ヲ潤下スル モノナリ
麦門冬モ任脈ヘカカルモノナリ
総シテ人ノ腹ノ皮ハ上ノ方ニテハ厚ク下ノ方ニテハ薄キ モノ也常々手心ニ熱アル医ハ得テ人ノ体ニ熱モナキヲ 熱アル如ク思フコトアルモノ也カヤウナル人ハツ子ニ心

得テ手背ニテ熱ノモヤウヲ候ヘシ
身柱ノ穴ヲ灸スレハ上ヲスカスハモトヨリナシトモ只上 ヲスカスノミニハアラス心下ヲヒラク也畢竟督脈ヘ灸 スレハヤハリ任脈ヘモ透徹スルノ意ト見ヘタリ小児吐 乳ノ症ナト心下ノ癖物ヲ動シテ直視上竄(※)等ノ症ヲ顕スモ ノ身柱ニ灸シテヒラクヲ以テ知ルヘシ此症ハ癖物ニテ心 下胃口ヲ塞ニヨリテ吐乳シ且上竄ナトサセル也故ニ其 心下ヒラク時ハ諸症止也章門ナト灸スルハヤハリ其凝 タル処ヘ直ニサシツケルニ成ナリ故ニ両脇ノコリヘ直 ニサシツケテハ反テ激動スヘキ勢アルモノニハ風市ナ

※竄(ザン・サン、のがれる・かくれる・にげる・はなす・あらためる)

トヨリ初ムヘシ是遠アイヨリ章門ヲスエル意ニナル也 屡灸アタリナトシ易キ人ニハ必其病ノアル処ヲオサヘ テ灸スヘカラス甚動スル者也カヤウナルハ必先三里風 市ナトノアタリヨリタンタン腰ノ辺ヘスエノホリ病ウ キ立テ後直ニツキツケテスユヘシ腰ナトヘスユレハヤ ハリソレニテ両脇心下モ叚々トユルムモノ也其ユルミ シ処ニテ心ニアタル辺ノ背部ナトヘ灸スヘシ彼大柴胡 ヲ以テ疏通セ子ハナラヌ腹候ヲモチナカラ先理気湯ヲ 用テ上ヲスカス手叚モココノ具合ト同一理也総シテ薬ヲ 用ユルニモ灸治ナトスルニモ其キキ場ト受アンハイヲ

ヨクヨク考ヘキコトナリ
同シ拘攣シタルモノニテモ其付処ノ部位ヲ分ルハモト ヨリ大事ノコトニテ最力ヲ用テ習熟スヘシ又皮表ニ浮タ ル引ハリト皮肉ノ間ニアルモノト肉中ニアリ肉下ニア ルモノヨクヨク其分チヲ診候シオホユヘシ
膻中鳩尾五ノ腧ナト灸スルコトヲ世ニ忌メトモ是ハ拘也灸 シテ苦シカラズ
五ノ腧ヲ灸スルコトヲ禁ズト云コト拘リタルコト也千金ニモ 胸痺心痛ニ心腧ニ灸スルコト百壮トアリ又病源候論ノ五 蔵五腧ノ処ニモ心腧ニ灸スルコトアリ此等ノ説ニヨレバ

忌ベキコトニアラズ亦今日屡試ルニ何ノ害モナキモノ也 霊枢ニ痛ヲ以テ腧トスト云タル処アリ此取カタ甚面白 キコトナリ
土用中ニ灸ヲ忌ハ土用ハ土ニ属シタルモノユヘ其時ニ アタリテ灸スレバ脾土ヲヤブルト云ノ義ト見ヘタリ此 モ大ニ拘リタルコト也カマワズ灸スベシ
梅雨中ニモカマワズ灸シテ害ナキモノ也
鳩尾サキヘ強クコリ聚リテ其腹形大柴胡ノ症ト見ユル ヤウナルモノニシテ大柴胡ヨリハ軽クアシラワサレハナ ラヌト云時半夏厚朴湯ニ川芎ヲ加ヘ用テヨク胸膈心下

ヲスカスモノ也此等ノアンバイニテ川芎ノ疏肝タルコト ヲ知ヘシ
肝腎ノ虚火亢ヲ虚里動ニテ診候スルナドハ所謂靴ヲ隔 テ癢ヲ掻クト云モノ也水分ノ穴ノ動ノ亢ルヲ以テ診候 スベシ
臍中ニ動亢ルモノハ中気下陥ト云ルハ実ニ然リ
水分ノ動亢ルモノニモ地黄剤ヲ用ザルアリ是ハ動ニ候 ヤウアリ勿論症候眼色脈舌ナドヲモヨクヨク引合セテ 見ルコト也天稟(※)ハ甚厚キ人ニシテ下元ヲ損イ虚火ノ動シテ アルモノノ疫ナトワツラウヲ大柴胡類ノモノニテ下ス

※天稟(てんぴん)-うまれつきの性質・才能。

時ハバタバタトクツルル也是体ノ丈夫ニ見ユル処ヘ目 ヲ付耳ヲヨセル故カヤウノ誤アル也視色不以目聴声不 以耳(※)ト云ハ是ノ処ナリ
良姜古来ヨリシテ乾姜ノ今一ツ上ワテヘユクヤウニ用テ アリ全体温熱ノモノユヘ腹痛ナトヲヨク止ル也是熱ト 辛トニテ飲ヲサハク能アルユヘ也丁子ナトニ比スレハ 勢ハ今一キワ猛ナル処アリ此物ハトカク右ヘツキ聚ル モノニ用テ効アリ是予カ多年用ヒ覚ヘタル処ナリ又小 茴香ナトモ香竄(※)ノモノニテ肝気ヲスカスノ能アル也 総シテ大病人ノ上ニテハ下地ヨリ持カカリタル疝塊積塊

※視色不以目聴声不以耳-文中に一部訓点あり。書き下すと「色ヲ視目ヲ以セズ、声ヲ聴耳ヲ以セズ」となる。
※香竄(こうざん)-不明。

ナドノツ子トハ在リ処ノ方角ヲ変シタルハ甚悪症也ツ 子ハ左ノ方堅カリシカ其宿■(※)ニワカニ右ヘウツリ左ハ クワクワトスルヤウニ成タルナド云モノハ必油断スベカ ラズ
総シテ陰痿強中消渇ナドニナルモノハ彼左癱右瘓ナド ニ成モノヨリハ全体ノ疝塊ユルキ也疝劇ウ(※)シテ腎気虚ス レハ肩ヘ引ハリ胸ヘ衝キナドシテ左癱右瘓等ノ症トナ ル也其疝ノユルキ人ハ陰痿消渇或強中ナドニナル処マ デハコヒ付ル也中風スル人ハ悉ク皆疝強シテ下部ノ虚 シタル人也予此症ニ於テハ多年コレヲ実事ニ試ニ治験

※宿■-二文字目は判別不可。病ダレであることはわかる。宿痾(しゅくあ)か。宿疾、持病の意。『漢方』
※劇ウ-劇クの誤写であろうか。

亦数多シ是ヲ以テ世ヲ欺ザルコト鬼神ニ正スベシ彼八風 ト云賊風ト云ヒ鬼撃飛尸云々ノコトニハアラズ肝部ノ病 ナル故ニ彼肝ハ東方ノ水也厥陰風木ナト云処ヨリ出テ 風字ヲ以命名シタルモノ也又世ニ所謂卒中風ニテ急死 スル者ナドハ右疝ノコトニシテ最腎元ノ虚憊シタルモノ ナリ
寛中湯ハ其候ヒ中脘ニアリテ全体中風ニカカル薬ナレ トモヤハリ上心胸ヘモカカルアンバイアリ兎角抑肝加芍 ニテモ行ス四逆散建中湯半夏瀉心湯類ニテモ行スト云 処ニ行キ間アル薬ナリ寛中湯ハ半夏厚朴湯ニ甘草乾姜

湯ヲ合シタル方ニテ其腹形二行通両ノ脇下肋下コリナ クシテ筋ダタス只心下ヘベツタリトシテ下ニ水飲ヲ持ユヘ 胃中モメグラズシテ痛ナドアルモノニ用ユベシ
一貴人ノ簾中(※)春秋四十歳一疾ヲ得ラレテヨリ既ニ十八 年ニ至ル其間唯一医ノ薬ヲ絶ズ服用セラル其医ノ進ル 処悉皆軽浮ノ気剤ノミ也然シテ其症ハ頭痛頭眩欝冒シテ 席上ヲ行歩セラルルコトモ成リカタクコレニ因テ面モ細 長ク痩ラレテ皴ツキ血色ヲ失ヒ脛ナトモ骨立チ既ニ十 年来ハタヘテ経行ナク右臍傍ニ疝塊アリテ脇肋ノ下甚 拘攣ス予即四逆散ニ良姜牡蛎劉寄ヲ加ヘタルヲ用風市

※簾中(れんちゅう)-①すだれで仕切られた内側。簾内。②常に①にいるような高貴な女性貴婦人。また、公卿・大名などの正妻を敬っていう語。

三里三陰交ノ辺ヨリ初テ日ゴトニ灸火ヲ施ス其間 時々小故アリト云ヘトモ始終転方セス乙卯初冬ニ至リ未 タ期年ナラサルニ脇腹大ニユルミ肌肉長シテ無病ノ時ノ 如ク頭眩欝冒等ノ諸悩一洗スルガ如シ即初冬ノ日院参(※) ノ時ニ至テ初テ少シク月使ノ至ルアリ此等ノ処ハ理気 剤ナドニテ経行ヲ順ニスルモノトハ腹候大ニ相違アル コトナリ
劉寄奴ハスベテ疝ノ腹裏ヲカラムヲヨクユルメルモノ 也ユヘニ総シテ疝ヨリ出タル病ニ用ユ此物古来ヨリトカ ク血分ノコトニヨク用テアリ此物ヲ用覚タル其モトハ或

※院参(いんさん)-上皇・法皇の御所に参上すること。

家ノ伝方ニ劉寄奴大甘草小二味ノ薬ヲ疝ニ用イ妙ニ治 験アリ予此方ヲ得テヨリ色々作略シテ用ルニ其効験日ニ 新也先陰嚢ヘ強ク脹モノナド或行気香蘇散又ハ三和散 ナドニ茴香川棟子ノ類ヲ加ヘ用ル場合ナドヘ四逆散或 抑肝散加芍薬ノ方等ニ劉寄奴ヲ大ニ加ヘ用レハ奇効ヲ 奏スルコト甚速ナリ勿論劉寄奴ハ茎葉花実トモニ刻ミ用ル コトナリ
白芥子ハ外台ナドニハ疝ニモ用ルコト出タリ先此物ハ頑 疼ヲ取サバクコトヲ主トス又瘀血ヲ破ル功モアラン歟 安中散ノ症ニ小腹ノ底ニテグサ付モアリ

凡テ臍旁ニ疝塊ナキ人ハ少ナルモノ也然トモ間ニハナキ 人アリ是モヌケタル丈夫ナル人也腎気十分ニ実シタル 人ハ疝塊ナシ又人ニ勝レテ脚力健ナル人ハ疝ナキ故ヨ ク長途ナトヲアルク也兎角多房家ニハ疝多キモノ也故 ニ必脚力弱キモノ也何レ疝ノ聚リ位スル処ハ少腹ニテ 陰器ノ方ヘ向ケテハ取分ケ筋絡多キユエ色々ノ敗濁ノ モノノ滓ナトモタマリ易キユエナリ
総シテ小腹臍旁ナトニ疝アル人ハ歩行スレハ必腰ツヨク 草臥ルルモノ也カヤウナル人ハ必章門京門ナトヲ我手 ニヲシナカラ歩行スレハ必ヨキモノ也随分章門京門ナ

トヲ灸シテヨシ
毎日遺精シ易キ人ハ多ハ臍旁ナトニ疝アルモノ也故ニ 格別ニ心労スルコトアルカ或長途ヲ行ナトシタル夜ニ必 遺精スル也トクト其人ニ尋スレハ皆是ヨリハ腰ノ方ヲ モニ草臥易シト云モノ也陰痿或常ニ痢便ヲ下スモノナ トモ疝ニ因モノ多キナリ
壮実ナル老人ナト夜分ニ至リテ体中甚痒クシテコレヲ 掻コトツヨケシハコセガサ(※)ノ如キモノ出ヤカテニ没シテハ 又掻ケハ出シテツイニ其カユキコト止ヌモノアリ是必肝 火ノ強キ人ナリ即其肝火ニテ血分ヲ燥シ血燥スレハ益

※コセガサ-こせ瘡。皮膚病の一種。湿疹、痒疹などをいう。

火モ熾ナルニヨリ右ノ通リノ症ヲ見ス也此症四物湯ニ 黄連解毒湯ヲ合シ浮萍ヲ加ヘタルヲ用テ奇効アリ浮萍 ハ血分ノ火ヲスカシ並ニ血分ノ毒ヲサハクモノ也故ニ 前症甚シテソレヨリ腫気ナト持モノニモヤハリ前方ニテ 大抵ハオシテ行ルルモノ也症ニヨリ羚羊角ヲ加ルモヨ シ又前症其具合ニヨリテハ逍遥散加減或莎芐湯ナトモ 用ヘシ又浮萍ヲ末ニシテ薬湯ヲシテ癩病ヲ浴洗スルコト アリ是モ右ト同意ノ能也故ニ梅毒ナトニモ場合ニヨリ テ用ユヘシ
家方莎芐湯ハモト俗伝ノ方也初メ寺町松原下処ノ梅村

何某ト云ヘル書林(※)ノ子東武ノ須原屋ノ処ニ奉公シテア リシカソノ須原屋ノ家ニ四物湯ヲ何モ等分ニ合シテ香附 子ヲ倍加スルノ方アリテコレヲ散薬トシテ積気血ノ道ニ 妙也トテ諸国ヘ売リ弘ムルコト夥シキ由梅村氏予ニ語ル 予コレヲ考ルニ甚面白キ組合ニテモト凡医ノセンコトト 見ヘスコレヨリ叚々此湯ノ的候ヲ工夫シ且方ヲ作略シテ 用覚タリ今モ症ニヨリテハ香附子ヲ倍加スルコトアリ
大便秘結スルモノニ四物湯ニ甘草紅花麻人ヲ加ヘ用コト アリ
疝ノ甚シキヨリ肝火ヲ亢ラセテ種々ノ変動ヲ生スルモ

※書林(しょりん)-①書物がたくさんあるところ。②書店、本屋、書房。

ノハ譬ヘハ諸変ハ仏ノ如ク疝ハ仏ノ下ノ蓮花台ノ如ク 肝火ハ仏ノ後ノ舟ゴカウノ如シ故ニ其台ヲメギハトセ ハ仏モ大燄モタヲルルナリ
老若ニ拘ラス不図シテ髪ノ赤ク成ル人アリ肝火ノコト也此 モ其脈腹次第ニ抑肝四逆大柴胡或虚候アラハ地黄剤ナ ト其々ノ行間ヲ見合セ用レハ治スルモノナリ
狂後ノ不語モ全体ハ肝ノ変動也シヤベリタルアトヒツ クリカヘリテ不語ニ成シモノ也故ニ何ニモ別ニ子細ア ルニハアラス
肥前長崎ニテ年寄徳見何某ナル者鼻淵ヲ患ルコト三年諸

医肺虚ニ因コト也トシテ百治スレトモ寸効ヲ得ズ其後東武ノ 役ニツイテ京師ヲ過リ(※)治ヲ予ニ求ム時ニ其人両鼻ヨリ 濁涕ヲ流スコト夥シク自ラ云フ是ニテハ東武ニ至リテモ 公用ヲ努メガタシ何トゾ彼地ニ着マデニコレヲ止メテ 玉ヘト予答テ云フ凡ソ人ノ病ヲ療スルニ月日ヲ限テ受 合コトハ成リガタキモノ也サリナカラ今此症ニ於テハ見 ル処アリ謾(※)ニ東武へ着ルルマデニ直シテ見ントテ四逆 散ニ呉茱萸牡蛎ヲ加テ与タリ其ヨリ早速京ヲ発シテ東 ニ趣ク途中日ニ三貼ツツヲ服シタルニ品川ノ駅ヘ着ノ 前日ヨリ彼夥クタラタラトヌケタル鼻水サツハリト止

※過リ-とおり、か。
※謾(マン、バン)-①あざむく、ごまかす。②あなどる。③おこたる、ゆるむ。

タリ此症古来ヨリ肺部ノ病トテ辛夷白芷ノ類ヲ多ク用 タリ又風邪ノ後余邪ニテ成ルコトノヤフニ云ヘリ是皆タ ワイモナキコトトモ也是ハ尽ク肝火ノ上肺部ヘツキツメル 処ヨリ上下ノ気隔塞シテ成ルコト也又鼻ツマリ易シテ朝々ナ ト鼻中ニトウガラシノ皮ノヤウニナリテ血ノカタマリ ナドノ出ル症モ同コト也右鼻淵ノ症外ニモ経験数々アリ 然トモ必シモ四逆散ニ限ルコトニハ非ス脈腹ヲ詳ニシテ方ヲ 処スベシ
疝ニテ月事ヲ妨ケ又月事ノ時ニ当リテ腰腹ヲ悩ミ痛マ セ又疝ニテ或便秘サセ或下利サセ或小水ヲシテ渋ラセ或

頻数ナラシム是皆同根ニシテ色々ニ形ヲ見スモノ又婦 人血塊ヲナスノ初多皆此疝ニテフメグリナル故其処ヘ サシテ血ノヨリカタマルユヘ終ニ塊トナル也故ニ血塊 アレハ其人必疝アルモノ也塊ヲ成ント欲シテ未タ成ラス 何年モ立テモヤハリグワグワトシテアル中ナレハ取レ 易シ此時ハ疝ヲ治スルヲ先トスヘシ桃仁牡丹皮延胡索 ナドニテチヨツチヨツトシタルコトシテ反テ疝ヲ動シテイ ヨイヨ血ヲ聚ル也此等ノ処即手叚ノ先後ニテ医ノ水ブ タノ打ヌキ処也古人モ是ニ於テハ大ニ目ノトドカサル 処アリ

白濁ノ症ハ疝ニ因テ膀胱ヘ熱ヲ移ス故也是ハ尽ク精液 ノ濁ニ成ニモアラズ熱ニテ濁ヲ生スル也又白濁ニ梅毒 ト疝トクミ合テ腎膀胱ヘ熱ヲ移スヨリ成アリ又只精ノ 淋瀝スルモ夢交スルモ陰痿モ同ク疝ニヨルモノ多シ然 シテ疝ノ強キ人モ根元ハ腎家ノ天稟薄キ故也
疝ノ四逆加減ニテ動キカヌルモノハ烏頭ニ目ヲ付ヘシ 若烏頭ヲ用テ動サ子ハナラヌ症ナラハ先一通リハヤハ リ蜜入スニ桂枝加朮烏ナトニシテ用ヘシ烏頭ハ角製ニシテ 用テヨシ又外ノ薬ハ袋ナシニシテ烏頭バカリヲ袋ニ入 ユルクククリテ煎シルモヨシ是瞑眩サセヌ為也東洞家

ニテハ烏附トモニ両手切ニセラレシユヘ粉ニナリテ瞑眩 甚シキナリサレトモ功能ハ瞑眩セヌトテモ同コト也
遺精白濁ナトノ疝ニ因テ成ル假症多キコト毎々云ヘル通 ニテ真ノ腎虚ヨリ出ルモノヨリハ兎角偽症多キモノ也 又陰頭ノ冷ルモノ腰ノ冷ルモノナトモ疝ニ因ルモノ多 シ又強中ノ症ニテ夜分ナト始終陰茎ノ勃起スルモノモ 畢竟陰痿ノ症ノ裏ノ手ヘマワリシモノニテ二トモ同シ症 ヨリスルモノ多シ
疝ニ腎虚シテ陰嚢ノハルモノアリ総シテ疝ハ腎気虚スレ バイヨイヨ変動スルモノ也故ニ老人ニハ疝ニナヤムモ

ノ多シ陰嚢ノ大ニ腫タルモノ烏頭煎ナドヲ用ベキ場合 アリテコレヲ用ルニ一向効ナク只ガブガブト水ヲ吐コト ハ二三升ナレトモユルマズシテ終ニ不治ニ及シモノナドア リ至テヨク肥タル人ナドニモ此症アルアリ皆下部ノ力 ヌケタルモノ也故ニ烏頭附子ハ同物也トハ云ヘトモ右ノ 場合ナドニテ其具合ノ違コトヲ知ベシ村井氏ナドハ塩ツ ケノ附子ハキカヌモノ也ト云ヘトモ是ハ僻説也烏頭ノ性 ハ甚猛烈慓悍(※)ナルモノユヘ沈寒痼疾ノ動カヌ処ヘモガ リモノヲカケテ大ニユスリ動カスノ能アリ此ノ場合ヘ 附子ヲ用テハ効ナシ少陰病ノ四逆真武附子湯ナトノ場

※慓悍(ひょうかん)-剽悍とも。すばしこく、しかも荒々しく強いこと。

合ヘ烏頭ヲ用テモアシシ甚温和ニシテドウモ云ヘヌムツ クリトシタルアンバイアルハ附子也烏頭ニハ何分其ア ンハイナシコレニ因テ金匱千金外台等ニ至テ烏頭附子 ヲツカイワケタリ是其能ニ相違アルユヘ也サレトモ水気 ヲ逐ノ能ハ烏頭トモニ同コト也東洞先生ハ彰明附子記ヲ引 テ山野自生ニアラサレバ用ヲナサズ肥ヤシタルハアシ シ今唐ヨリ来ルモノノヤウニ大ナルハ山野ノ自生ニハ ナシト云レタリナルホド一通リハキコユレトモ今唐ヨリ 来ル附子モ勢ハ甚強キモノニテ生ノ附子ヲ末ニシタル ヲ八味丸ナドニ入用レバ三四モ転顛倒スルホド瞑眩ス然

シテ烏頭ノ小キモノトハ何トナク一体ノ功能タゴウタル 処アル也桂枝加附子湯ノ如キモ梅毒ナドノ沈滞シタル ニ用ル寸ハ烏頭ヲ用テモ然ルベシ脱候ヲメアテニシテ用 ル寸ハ附子ヲ用ベキコト也又附子ヲ製シテ用ルコトハ先脾腎 ノ気ナド薄シテ肝腎ノ虚火炎蒸スルモノハ是非トモ附子ハ 用子バナラヌ症ナレトモ生ニテ用テハ勢スルドクシテ虚火 ニサハル故其勢ヲソイデ火ノサキニサハラヌヤウニス ル也附子ノ塩出シハ四五日モ水ニ浸スベシ
予若カリシ時或人ノ疝ヲ患ルヲ治スルニサマサマ攻劇 スレトモ効ナシ時ニ一老医アリ予ニ教テ東垣ノ加味建中

湯ヲ用ヨト云シユヘ即チコレヲ用ルニ立ニ愈ルコトヲ得 タリコレヨリ叚々工夫シテ右ノ薬ヲ用ヒ覚ヘタリ
寛中湯及理気湯ハ自製スル処也是皆疏通ノ品バカリヲ アツメテユルムルモノナリ寛中ハ半夏厚朴湯ニ甘草乾 姜湯ヲ合シタルナリ別ニ又香六ニ甘乾ヲ合シ用ルコトモ アリ
理気湯加甘草柴胡方ナドニテヤハラガヌ腹痛ニ香蘇散 ニ青皮ヲ加ヘ姜煎シテ用イ効アルアリ
椎茸キクラゲナドハ消化セヌモノナリ
同シ軽剤ニテモ理気湯ノ方ハ少シクノシ手アリ半夏厚

朴湯ハ軽クスカスモノニテヲス者ニハ非ス譬ヘハ酒宴 ノ終リニフクサノ吸物モ出シニクキト云処ニテ百合根 ニ梅干或松露ナドノ類又ハ生姜ノスリ汁ナトアシラウ タル如キテンガウ同前ノコトヲスルヤウナルモノニテ随 分アツサリトシタルアシライナリ又半夏厚朴湯ニ甘草 乾姜湯ヲ合シタルハ寛中湯也此甘草乾姜湯ナドモヲス コトト思ハ非也只胸サキヘコリ堅リタル飲ヲグツトユル メル手叚也
又厚朴ハ炒スシテ気ノ強キヲ用ヘシサレトモ理気湯半夏厚 朴湯アタリノ厚朴ハ炒テ用ルヨシ家方ノ順気湯ハモト

医通ノ方也此方中炮姜黒炒ニシテ用黒炒ノ山査口伝ノ加 味也山査ノ黒炒ハ疼滞シテアル血ヲ行ラス也此方一通 リノ経閉ニ用テ大ニ奇効アリ全体ハ気剤也黒炒ニスレ ハ姜査トモニ功能ツ子ニ異ナリト知ヘシ此例ニユクモノ 猶外々ノ薬ニモ数アルヘシ工夫スヘキコトナリ
東垣老人ノ手叚ニ臍旁ニ塊ヲ生シ上下ヘ拘攣スルヲ脾 胃不足ニ因トテ茯苓建中ニ青皮木香ヲ加ヘタルヲ用ラ レシコトアリ是モ益気湯中ニ升柴アルカ如クムツクリト シタル薬ノ中ヘピントシタルモノヲ一ツ入タル也是即 建中湯ノ別門ヲ開タル也此症ハツ子ノ疝塊トハ少異也

一通ノ疝塊ハ臍ヨリハ斜ニ下テアリ脾胃不足ノコリハ 臍ヨリ少シ横ヘ下ル心持マテ也左右イツレニアリテモ 同シコトナリ
東垣ノ茯苓建中ニ加味ノ方ノ行ク処ノ拘攣ハ一通リノ 疝ナドノコリアンバイトハ違イアリ其上ヘ凝処モ違テ 臍ノ正横ニアタル位又ハ臍ヨリ上ワテマテカカルモア リ疝ナレハ臍ヨリ下ツテアルナリ
又大腹痛ニ建中湯ナト用レトモ効ナキモノニ水分動ヲメ アテニシテ莎芐湯ヲ用テ治スルアリ左脇下ナドヘツヨク サシコミイタム者諸薬効ナキニモ得テハ水分ニ動アリ

テ地黄剤ニテユルムアリ
二陳湯香蘇散ノ類ニ癖シタル医ハ心下脇下ヘツカヘコ ミシモノナドヲ一概ニ軽キ薬ニアラザレバスキユルマ ヌモノノ如ク心得テカリソメニモツカヘルモノニハ甘 草ナトヲ減少シ甚ニ至テハ断シテ左ヤウノ処ヘハ用ザル アリ是大ナル了簡違也ナルホド軽虚淡薄ナル疏利ノ剤 ニアラザレバクツロガザル症モアレトモ又甘味ノ剤ニア ラザレバユルマザルモノモ甚多シ故ニ一概ニ拘ルモノ ハ六ニ非也甘味ニテ心下脇下ヲユルムルノ徴ハ補中益 気ノ分量ト其症候腹候トヲ照シテ悟ルベキコト也若又是非

トモ日本人ニハ甘味ノアイカタ悪キナラハ悉ク和方ヲ用 テ彼ノ華人ノ甘味ヲ主トシテ製シタル方ナトハ用ザルヤ 否ヤ
良姜ト呉茱萸トハ大抵右左ヘ付ユクユヘ先一度ニ並テ ハ用ヌ也安中散ニ良姜ヲ去呉茱ヲ加ルコトハアリ
呉茱萸良姜ナドノ如キモノモ或気ヲ開クノミニ片付或 水飲ヲ利スルモノニ片付ナドシテ気水ヲ別ニ二手ニ説分 ルハ宜シカラス全タイ気聚ル寸ハ水飲モ随テ聚ルモノ ユヘ気ヲメグラセハ水飲モ随テメグルノ道理也総シテ気 ノ聚リタルハ温物ニアラサレハホドヨクメグリカタシ

辛温ノモノニテ気ヲメクラセハ水飲ハ自ラメグルベシ 故ニ此二物ニカキラス総シテ気ヲメグラスモノハ皆水飲 ヲモメグラスモノト知ベシ唯其物ニヨリテ行処ノ部位 トカノ強弱又ハ其物々ニ少ツツノ天才アル処ヲ分ツベ シ古来ヨリノスベテ腹痛ナドニ多辛温ノ物ヲ用イタル モ同道理ニテ気ヲシメツクレバ必水飲アツマル故桂茴 呉良椒姜ナドニテ気ヲホドク寸ハ水飲随テ散シ腹痛随 テ止ノ手叚也然ラバトテ苦寒ノモノヲ用ザルニハアラ ズ其場ニヨリテ邪火ヲ相カモスルニ至レバ随分苓連大 黄ナドノゴトキ苦寒ノ剤ヲ用ヒテホドカザレバナラヌ

コトナレトモ先十ニシテ七八ハ温物ニテメグラスヲ捷也トス 故ニ腹痛シテ咽渇ク症ナドニ熱湯ヲノメバ痛ノ処ヘノア タリニ■ロ甚ヨキモノ也若冷水ヲ飲メバ甚ココチアシ シ大抵皆此ノ如キモノニテ其熱湯ノ至ル寸クツトアツ キノニテ聚ル処ノ水飲散スル故也薬ヲ以テユクモ此ト 道理ハ同シ又灸ヲスエ湯ニテムスナトモ皆道理ハ同コト 也兎角術ノコトハ総テ何レヘ以テ行テモ縦横左右上下トモ サシツカヘナク融通スルヤウニ取マワスベシサシツカ ユル処アリテハ面白カラズ是ヲ以テ呉良ナドモ気ト飲 トハ通シテ弁ズベシ唯気ヲ利スルモノ也唯水ヲサバクモ

ノ也ナドト別々ニ分チテハ甚サシツカヘアリテアシシ 其ワケハ乾嘔涎沫ヲ吐スルノ症ニ呉茱萸湯ヲ用此等モ 涎沫サバケル故ニ嘔モ止モノナリ此涎沫モ水飲ノ凝タ ルモノ也乾嘔ハ気ノツキノボル也サスレバ気ヲオシメ グラシ涎沫ヲサバクノ薬ニアラズヤ涎沫モ下ヘ聚ル水 飲モ道理ハ同コト也又呉良ノ行処ノ位モ一通ハ左右ヘ付 ルコトナレトモ打混シテ説寸ハ左右正面トモニ行スト云コトナシ 総シテ人身ハ何処ニテモ一処滞ル処アレバ其ヨリ諸方トモ ニ滞ルナリ故ニ薬モ一処ヲ開ケバ諸方トモニ開ノ道理也 只細ニコレヲ分テハキツトソレソレノ行場ハアルコト也又

総シテ古来ノ書ヲ読古人ノ術ヲ考ルニモ兎角サシツカヘ ザルヤウニシテ捨ルモノスクナキヤウニ取マワスベシ故 ニ其本ヅク処ノヒ子リ出シハ一風違テユケトモ折マワシ テ落コム処ニ至テハヤハリ同道理ニ落合ヤウニスルコト 也然ル寸ハサシツカヘモナク古人ノ方法モ皆此方ノ取 マワシニテ用立也故ニタトヘバ寒疝ノ名義ニテモ古来 ヨリシテ説処ハ先其病ノ発スル寸ハ必悪寒戦慄シ或腰冷 スルニ因テ名ヲ寒疝ト云也是一通リハ聞ヘタルコトナレ トモ予ヲ以テコレヲ見レバ今少シ尽サザル処アルニ似タ リ全体人トシテ疝塊アル寸ハ必コレヘ多ク水飲ヲシメヨ

セルモノ也水飲ヲシメヨセルユヘニ必腰ナドヘモ水ヲ カケル如ク冷ユル症アリ且悪寒戦慄ナドスルモ皆是水 気ノ変動也寒トハ水ノ名ニシテ水ノ態ハ冷也水ヲシメツ クルカ常ナルヲ以テノ故ニ名テ寒疝トハ云シモノ也総 シテ疝アル人ハ必現在ニ水寒ノ腹裏ニガブ付コト甚ヲ以テ 知ベシサレトモ此等モ折マワシテミル寸ハ古来ヨリノ説 ト同シ処ヘ落ル也又婦人腰冷ノ症ヲ衛任ノ二脈ノ虚ニ 因テ子宮モ冷ルユヘ外腰冷ノ患アリト云是古来ノ説ニ テナルホドキコヘタルコトナリ然ルニ此症モナキ婦人ニ ハ先ナキモノニテ必寒疝腰ニ付テアルユヘコレヨリシテ

腰冷スル也又男子トハワケ違ヘトモ帯下ノ症ナトモ寒疝 ベツタリト腰ニ引付テアルニヨリ腰ノ辺及子宮モ冷ル 故是ヨリシテ叚々不メクリニ成テ白物ナトヲ下スコト也故 ニ灸ナドニテメグラセルモ折マワシテミレハ皆同処ヘ 引カカルコトナリ又経行ルノ寸腰腹ヲ痛マセ熱気ヲ見レ ナトスルヲモ内ニ瘀血乾血等アルニ因テノコト也ト云トモ 是モ多皆疝ノナス処也タトヘ瘀血乾血等アリトテモ其 全体ハヤハリ疝ヨリシテ不メクリニナル故自然ト血モ瘀 滞スルニテ児枕痛ト同道理也ココヲ以テ此等ノ症ハ多 皆瘀血ノ気ヲハナレテ疝ノ療治ヲスレバ速ニ効アルモ

ノ也サレトモ又間ニハ叚々滞リタル処ノ瘀血ニテ害ヲナ スコト主トナリテ先此方ヨリサバカ子バナラヌモノモア レバヨク其標本ヲ正シテ治ヲ施スベキコト也又陽気ノ下陥 スルナドト云ヘルモ古来ノ説ハ先脾胃ノ気薄弱ニナリ テ腎気モトモニウスクナリコレニ因テ清陽ノ気下ヘ陥 ルト云コト也是モ胃中ノ気メクラサレバ必其ヘサシテ水 寒ヲ聚ル故其水気ニテ陽気ヲシテ下陥セシムル也脾胃不 メグリナレバ腎部モ不メグリニシテ同ク水寒ヲ聚ル故拠 ナク陽気下陥スルモノ也コレニ因テ回陽スルト云ハ皆 水寒ヲ散ゼシムルコト也畢竟有形ノ水寒ヲ散スルユヘ無

形ノ陽気回復スルト云モノ也然ラサレバ無形ノ陽気タ ルニ回復スルモノニアラズ四支厥冷ナドノ回陽スルモ 同コト也故ニ附子ナドハヤハリ水寒ヲ温散スルニ因テサ マサマノ働キアルコト也東洞老人ノ薬徴ニモ附子ハ水ヲ逐 ト書レタリ此等ハ尤至極ナルコト也然ルニ総シテ薬ノ寒熱 温涼ノコトナドヲ捨テ説レザリシハ一欠事トモ云ベシ是ハ 是非トモナケレバカナワヌコト也温薬ヲ以テ水寒ヲサバク 寒薬トハ格別ノ能ニテ腹痛ニ多ク温薬ヲ用ルモ皆同意 也兎角温物ハモノノ結聚シタル処ヲ散スルノ力優レリ ト知ベシ草木ノ花ヲ開キ葉ヲ生ズルモ皆陽気ノ温暖ヲ

得テホコロビトケル也又水ハ至陰ノモノニテ其ワザニ 於テハ現在ニ冷ヤスニ違ナシ故ニ陽気ヲシテ冷テ其常ヲ 失シム其処ヲ温物ニテ散スレバ陽気常ニ復スルコトヲ得 コレヲ名テ回陽トハ云シモノ也又素問ニ春三月コレヲ 発陳ト云草木花キ実ルトアルヲ古方家ナトヨリ治術ニ カカラヌ無用ノ言トシテ捨レトモ予ヲ以テコレヲ見レハヤ ハリ今日ノ治術モ此意ニテセ子ハナラヌコトニテ中々捨 ベキコトニハアラズ総シテ左様ニサシツカヘ多シテハ物コト 甚不自由ニナリテアシキユヘナルヘクハ何レヘモサシ ツカヘナキヤウニシテ凡ソ天地間ノ事物ヲ以テ我法則ト

シテ治術ヲナスベシ何ノ物何ノ事トテモ皆道理ハ同シモ ノ也又打撲傷ナトヲスベテ瘀血ノコトトスナルホト現在 ニ打チタルコトナレバ瘀血ハアルナレトモ是モ全体打撲ス レハ忽チ其処気滞スル故其ヘサシテ水ヲ聚メコレヨリ 諸変ヲ生ス此等ハ大水也タトイ常体少シノ打キスニテ モ打タル処ハ必気滞リテ水気モ聚ル也打タルアトノ黒 色ヲ見スナドモ気ノ滞リテ其ヘ血水ノ聚ル故也カヤウ ニナリテフクレタルモノナド無理ニツブシテ見ルニ血 ハ三分ニシテ水ハ七分モアリ是ヲ以テモ水気ノ変動スル コトヲ知ヘシコノユヘニ気メグレバ水モサバケ水サバク

レバ気モ開トハ云ナリ
総シテ腹脹ヲ患ル人ハ皆底ニ塊アルモノ也塊ナクシテ腹脹 スルモノニアラズ然ドモ常体ノチヨツトシタル脹ナトハ 此例ニアラズ一日急ニ腹脹スルモノナドハ随分塊ナシ ニモ脹レトモ是ハ腹診ヲ詳ニスレハ分ルモノナリ
沈香降気湯合豁胸湯方ヲ用ヘキ症ニシテ任脈ニ動ノ付タ ルヲ水気ニテシメテ其動ヲ引ハリカクシタルモノ前方 ニ生芐一戔五分許モ加ヘテ用ユレハ引ハリユルミテヨ ク動ヲ見スモノ也沈香降気湯ハ香附子ヲ主薬ニ用タル モノ也此方ヲ用ルニ咽ニ云分アリテ通リカタキニハ本

方ノ如ク食塩少許ヲ入ニ用ヘシ
水腫ノ病四支ニ腫ナクシテ先腹ノミ脹ルモノハ脾腎ノ虚 也初腹ハリテ後満身ニ腫ノ及フモノモ同ク脾腎ノ薄キ 也極テ羸痩シタル上ニテ腹脹スルモノニモ二三種アリ 全体腹脹ヨリ持テ出タル腫脹ハ多ハ不治也又産後ノ腹 脹ニハ瘀血ヲ兼ルモノアリ是ハ腫ノ勢ニ相違アリ又常 体ノ腫ハ先小水不利シテ四支ヨリ腫又腹表ヘ腫ヲ見シ テ指形入也胃中ノ真陽并ニ腎中下元ノ気ノ脱シタルモ ノハ四支及表分ヘ腫ノメクルヘキ力ラナクシテ腹裏ニタ マル也故ニ腹脹ニシテ若四支ヘ腫ヲ見ス寸ハ必クワクワト

シタリ又ハ銀箔ノ色ノ如ク腫ルル也腹脹スルコト右ノ如 シテ急ニヘツタリト成テ死スルハ底ヘ沈ム故也ヨクヨク 意ヲ用テ見覚ユヘシ
脚気衝心ノ症ハ兎角胸中ニ水ヲ畜ルコト多故其ヘ又気ヲ 引上ル也常ノ水腫ハ左様ニハナシ脚気ノ方ハ一旦水気 ハ下ヘサガリテモ胸中躁シキモノハ油断スヘカラス衝 心スル症ハ心肝ノ間ニ多ク水ヲ畜ル故其病発ノ時ヨリ シテ胸膈躁シキモノ也満身腫タル症ナドノソロソロト心 ヘ冲ントスルハ小水不利シナカラ足部ノ腫引モノ也此 症本胸ニ一箇ノ水毒アル故也又衝心スル水気ハ其前ニ

咽ノ処ノベ付タル如クベツタリト外ヘ腫ルコトアリ去ナ カラ此ハアルモアリ無モ有ツテ一定セス只十カ十ナカ ラ違ワヌナ肋間ノ動甚シキ者也故ニ兎角脚気ニハ峻ニ 胸膈ヲ利シ急ニ心下ヲクツロケル処ノ木瓜檳榔呉茱萸 犀角桑白ナドヲ用テアルコトナリ
脚気ヲ患ル人多便秘スルハ上部ヘシマル故ナリ
脚気衝心ノ症ニ四物湯ニテヨキアリ八味丸ヲ用テ治ス ルアリ故ニ一概ニ脚気ニハ補法ナシトハ云ヘカラス
脚気病人ノ嘔気高シテ水薬ヲモ受ザルニ世医只控涎丹ナ ドヲ用テ居ル場合ヘ二陳湯枳縮連尭ヲ加ヘタル類ヲ用

テ嘔ノオサマルコトアリ
脚気ニハ水分ノ動アルニ下剤ヲ用ルコトモアリ又地黄剤 ニテナケレバナラヌモアリ即回春ナドニモ四物ヲ用テ アリ此等ノ処ニテハ最任脈ノ候ヲ詳ニスヘキコト也又脚 気ニテ鳩尾ヘ強クシマリ任脈ニ動ヲ持タルニ沈香降気 湯ニ生芐ヲ加ヘ用ルコトアリ又常ノ病ニテモ両脇ノ急縮 強シテ任脈ニ動ヲ持タル者ハ四逆散ニ薯蕷地黄ヲ加ヘテ 鎮火スルコトモアリ此等ハスマシ汁ノ中ヘドヂヤウヲ入 タル如キトテ世医ノ笑フコトナレトモ此腹候アレハ右ノ通 ニシテ用イ子バオサマラヌモノ也

脚気病人ニ乾瓢類ヲ禁スルコト千金ニ見ヘタリ此等ハ拘 リタルコトナルベシ瓢類ハ皆ヨク疏水スルモノ也禁セズ シテヨカルベキコトナリ
初ヨリ胸動甚シキ脚気ハ何レ下元ノ薄キモノ也左モナ キハ先通例ノ湿痺類ノコトニ成也湿痺ニ成モノハ先四支 ハ少シテ兎角腹ハカリニ水ヲ聚ルモノ也初ヨリ胸膈ニ水 ヲ畜タルハ衝心スル也初ヨリノ水ノ畜ヘ場処チカイア ルコトヨク気ヲ付ヘキコト也其中肝気ニテ引立テ衝心ノ勢 ノ如ク仰山ニ見スルモノアリ是モヨクヨク意ヲ用テ診 候スレハ分ルモノ也

人相家ニテ顴骨(※)ノ下ノ横ニ流レタル皴ノ処ヲ法令ト名 ク此法令ノ■(※)此ノ如ク広キ人ハ諸人ノ多ク倚頼(※)スル相 ニテ佳キ相也ト云ヘリ労瘵ヲ患フル人ノ肋骨ヲ見ルニ 此アンハイアリ総シテ胸肋ノ鳩尾サキニテ■■(※)此二様ノ 如ク成タルハ何レニテモ佳キモノ也若■(※)此ノ如ク狭ク ナリタル人ハ多ハ瘵疾ヲ患ルモノ也予数々試ルニ然リ 此ヲ以テ見レバ此症最先天ヨリ受ル処アルコトユヘ治シ カヌルハヅ也且亦顔色ナドモイカホド美シキ人ニテモ 此症ヲ患ル人ハ何トナクイヤラシキアンバイアルモノ 也天庭ノモヤウ又背ノ血色ナドニテモヨク気ヲツケテ

※顴骨(かんこつ)-頬骨におなじ。ほおぼね。
※■-鼻と思しき絵。
※倚頼(いらい)-依頼と同じ。
※■■-肋骨弓と剣状突起と思しき二つの絵。
※■-肋骨弓と剣状突起と思しき絵。

見レバ已前ヨリ知ルルコトアルモノナリ
瘰癧ヨリシテ労ニ成モアリ痔ヨリシテ労ニ成モアリ此等上 下ノ違アルマデニテ全体ハ同シ道理ナリ
腎気虚スレバ血燥スト云コト腎中ノ水缺ルコトアル寸ハ必 命門ノ火亢リ命門ノ火亢レバ肝火亦倶ニオタツユヘ右 両火ニテ血液ヲ燥ス也是ヲ以テ肝腎トカカル也又腎中 ノ精液ハ実ニ妙霊ノ物ニテ強テ穿鑿シカタク勿論直ニ 指シテ血液ト一ニハ云ガタシ是ハ一時ノ欲火ニテ相扇 テ聚リ出ルモノ歟(※)解蔵シテ見テモ腎中ニ精汁トオホシキ モノハナク只シブ色ノ汁アルバカリ也ナルホド腎ハ両

※歟(ヨ、か、や)-…か。…や。推測・反語・感嘆の助字。

枚アリ是ヲ見レバ命門ノ火腎水ナドト云シハ尤ナルコト トモ云ベシ右ノ如ク解蔵シテハ精汁ナケレトモ是ハ生ノ時 ト違イ其精汁ハ外ヘ消散スルモノナル歟何レニモトク トハ測リ知ルベカラザルモノ也シカシナガラ先ツ子ニ ハ腎中ニタマリテハナキモノト見ユ又婦人子宮中ナト ニモツ子ニモ血ハタマリテアルベキヤウナルモノナレ トモ解蔵シテハ血ハ少シモナシ是モ合点行ヌコト也畢竟無形 ノ息アレバ血モアリテ息フツツリト切レバ血モナクナ ルト見ユル也是ヲ以テ見レバ人ハ風気ヲ以テ生長スト ハ実ニ尤ノコト也風気ノヌケトヲラヌ処即肝欝ナリ肝腎

ノ火ニテ血液ヲ燥スト云モ畢竟肝ハ血ヲ蔵スニヨリ又 腎水ノ虚耗シテ内ヲ守ルコト能ハザルニヨリテ也故ニ只 一通リ肝気ノ亢ルノミニテハ血燥セヌモノ也是未ダ腎 気ノ虚耗セズシテ水液ノ守リアルニ因テコゲ付ザル也又 一旦暴急ニ吐血衂ナドスルモノハ腎気ノ虚耗シタルモ ノモ否サルモノモ同ク肝木ノ亢ルコト最急劇ニシテ上心肺 ヲ熏蒸スルコトシキリナル故也シカシナガラ是モヨク立 入テ見ル寸ハ肝脾肺トカカル也酒肉厚味ナドヲ貪ノ人 胃中宿滞アル寸ハ必伏火ヲ生ス下地腎気カケタル人ハ 勿論ニテタトイ左ナクテモ胃中ニ伏火アレバ必肝火添

テ上心肺ヲ熏蒸スルユヘ或吐血或衂血スル也故ニ麦門 加石羔黄連ナドニテ胸中ヨリ胃中ノ火ヲトリシヅメル 也其甚シキモノニ至テハ三黄加石ナドト行コト也此等ハ 皆実人ノ上ニテノ取アツカイ也又其虚火火炎上ニ因テ吐 衂咳血ナドアルモヨク夫々ノ脈腹ヲ詳ニシテ潤燥滋陰ノ 剤ナドヲ用ベシ又腸胃中ニ伏火アルモノ其炎上ヲ待ス シテ畜タル処ノ火ニテ蒸立テ大便下血トナルモアリ又血 淋尿血ナドハ腎膀胱ノ方ヘ火ヲ畜ルモノ也此二症ハ実 症少キモノニテ兎角虚候多キ也
労ニモナランカト思フモノハ肉ノオチアンハイヲ気ヲ

付ヘシサレトモ又肉落スシテヤハリ労ニナリユクモアリ又 肩胸ナトハカリ先ツ肉脱スルモアリ又肥白ナル婦人ナ ト顔色四支ナトモツヤツヤトシテアリナカラ労ニ赴ク モアリ又胸中心下腹部トモニサシテ水気モナク脱候甚シ キニテモナキニ少シ歩行シテモ気息至テ短促シ度々休息 セサレハタヘカタキモノナトモ得テ労ニオチルモノ也 気ヲ付ヘシ
労ノ初ナトニ下利久シクアルト云ヤウナルモノ草根木 皮ノ及ビガタキ処ヘ干牛丸ヲ用テ効アルモノナリ
瘵疾ヲ患ル者ノエリモトノ肉ノヒケカタハ他病トハ違

モノ也意ヲ用テ見覚ユヘシ
霊天蓋ハ瘵疾ナドニ用レハ大ニ瞑眩シテ大熱ヲ発スレトモ 効ハナキモノ也是屡試タルコトナリ
腎部弱キ人ハ至テ夏月ノ炎陽ニ堪兼ル者也注夏病(※)ヲ患 ル人ハ何モ腎元手薄キ人ナリト知ヘシ多房ナル人ナト ハ必此患アリ又下元ハ薄ケレトモ此患ナキモ間ニアリ此 ハ腹候ニ違タル処アリ若下元素ヨリ薄弱ナルニ其上猶 慎悪ク腎気ヲ傷損シテヲル者炎夏ニアタツテ強テ諸事 ヲ務メル時ハ天陽ニ堪スシテ卒死スルモノアリ寒ハ形ヲ 傷リ暑ハ気ヲ傷ルト云モ実ニ然ルコトナリ

※注夏病(ちゅうかびょう)-夏バテのこと。

房欲ハ犯サスト云ヘトモ妓ナトヲ近ツクルコトヲ好ム人ハ 何レニ腎中ノ火ヲ動スユヘ養生ノ為ニ宜シカラス山水 麇鹿(※)ヲ愛スルトハ精神ノ動静ニモ大ニ違アリ
胎毒ニ因テ労ニ紛ルル症アリ寒熱盗汗咳血ナドアルモ ノナリ其労ト別ナル処ノ標的ハ手足ナドノ肌ヘ松ノ木 ノ肌ノ如シテコレヲカケバフツフツト出モノシテ強ク掻 ク寸ハ血ナド出也是詳ニ脈腹全体ヲ引合セテミレバ分 ルモノ也イヨイヨ胎毒所為ナルコトヲ知レバヤハリ馬明 湯ヲ用テヨシ此症亦頭部ニ白禿ナドヲ発スルモアリ
血症ノ出ントスル人ニハシキミ(※)クサキト云ヤウナルニ

※麇鹿-のろじか。
※シキミ-樒(しきみ)か。仏壇や墓所によく供えられる木。強い香と、実や葉に毒があり、害獣対策や厄除けや魔除けの意味でも適していたらしい。

ホヒノアルコトアリ又虚労ヲ患ル人ノ吐血スル前ノ熱ハ ハツトテルト云ヤウナルモノナリ
川骨■薢(※)ナドハサシテヲモワシキ効ナキユヘ今用ヒズ 桂枝芍薬知母湯ハ古方ニハ非ズ其組方違ヘリ
虚労陰虚火動瘵疾ノ三ハ其本皆異也其中虚労ト火動ト ハナヲ治スベシ瘵疾ニ至リテハ治セヌモノ也全体初ヨ リシテスガタ異ナルモノ也ヨク気ヲ付ベキコト也
虚火ニ因ル渇ハ口中ノ乾クコトハ甚ケレトモ少々ツツ飲モ ノニテ実火ニ因ル渇ノ如クガブガブトハ飲ヌモノナド ト云ハ拘リタルコト也随分虚火ノ渇モ甚シキニ至テハ夥

※■薢-■は草冠に田/廾。「薢」の字を含む生薬としては、「菟薢(ひかい)」がある。同じ音「萆」の誤字であろうか。

シク飲モノナリ
腎気薄弱ナル処ニテ房欲ヲ慎マザルハ古キ石ガキノ石 ヲ下ヨリ一ヅツヌクヤウナルモノナリ
肥大ニシテ実人ト見ユルモノノ腎元虚シテ居テ急ニ斃ル ルナドハ得テ見損スルモノナリ
咳嗽甚シキモノニ鶏卵一ツ黄白トモニ茶盞ニ入レ手ヲ住 メス撹セル中至テヨクニヘタチタル湯ヲズフトツギコ ミ猶手ヲ住メス撹セ其中ヘ氷砂糖ノ濃煎汁或常ノ白糖 三匕許ヲ入カキマワシテ蓋ヲシテ卵ノ臭ヲ去リ用テヨク 止ルモノナリ

炒姜ハ干姜ヲ炒テスミノ如クシタル也骨蒸労熱ヲ解ト 也然トモ真ノ労熱ハ解シカタキモノ也先総シテ手弱キ処ヨ リ出ル熱ヲ解スルモノ也茯苓建中ナトニ加ルモヤハリ 虚熱アル処ヘ用ル也トカク此物ヲ用ルハ附子ニアラス 石羔ニアラス黄芩黄連ルイニテモナキト云処ヘ以テユ クコト也故ニ大略只手ウスキ処ノ熱アルモノニ用ト心得 テヨシコレヨリ転シテ近年疫邪ノ手ウスキ処アル症ニシテ 柴胡已上ノ処ノボツボツトスル熱合ニ用ユ大抵升陽散 火アタリヲ用ル場ニテ其方ニ加ヘ用レハ手ギハヨクサ メルコトアリ此物必シモ血熱ヲ解ト云ニハ拘ラサルコト也

右ニテモ左ニテモモトヨリ絶脈シテ居ルハカマワヌモ ノ也四十已後ニモナリテカタカタノ脈ノ絶スルモノハ 若多房ノ人ナトニアル時ハ甚悪ナリ
澼嚢ノ症本事方ノ前後何レノ書ニモイマダ其名ヲ挙タ ルヲ見ス此症本事方ニ出タレトモ本邦古来ノ医イマダコ レヲ倡ルモノナカリシヲ近来シキリニコレヲ云モノ多 シ然トモヨク其症ヲ認得テヨクコレヲ治スル人少シ先此 症ハ随分知リ易キ処ノモノニシテコレヲ治スルニ甚取ア ツカイヤウアリ全体此症ハ何ニ因リテ起ルコトゾト云ヘ ハ脾胃ノメグリアシクシテイツトナク胃中ニ水飲ヲ畜フ

ルヨリスルコト也水飲聚ル寸ハ必又火ヲ生ス是水アレハ 必火アルノ理也火ヲ生ズルガユヘニ其人大ニ渇スルモ ノ也渇シテ多ク飲ニヨリ畜聚シテヤガテノ内ニ吐水ス吐 スレバ復渇ヲ生シ飲テハ復吐スルユヘ連綿トシテ止コト ナク後ニハ食ヲモ吐スル人アリ是其症ノ大略也其吐処 ノ水モ只一通ノ水ハカリニテモナク後ニハ色々穢濁ノ 水ヲ吐モノ也■𤇆煤(※)ノ如キモノ及フノリ(※)ヲトキタルゴ トキモノヲ吐ハ難治ノ症也又此症ニ腫気ノ漆コトモアリ 腹痛スルモアリ又此症全体小水ハ利スレトモ大便ハ多ハ 秘結スルモノナリ必是ヲ世話ニスルコトニアラズ其病甚

※■𤇆煤-■は止と右が上下に合わさった字。若、であろうか。𤇆は「かま」。
※フノリ-布海苔か。藻類フノリ科フノリ属の海藻で、食用のほかにも接着剤の糊としても昔から使われる。

シキニ至レバ日ニ肌肉モ消痩シテ叚々皮毛モカジケ(※)精神 モツカレテ血色甚アシクナルモノ也若此症ニシテベツタ リト平臥シ一向ニ牀ニ立コト能ザルヤウニナリシモノ ハ多ハ治方ナシ愈ルコトヲ得ルハ其ヨリ前ノ処也ト知ベ シ全体予ガ此症ヲ治スル処ノ手叚ハ本事方トハ少シ背 馳(※)セリ又此症ノ腹候ハ先活物ヲ嚢ニ入タル如ク不時ニ ムクムクカシコココ(※)ヘ高クナル也是其飲ノタマルニ随 テ叚々ト上ヨリモ見ユルヤウニ高クナルニテ実ニ鼠ナ ドヲ嚢ニ入タル如ク頭足アルモノノヤウニシテコチラヨ リヲセハアチラヘヒヨツトヌケテ高クナリ上ヨリオサ

※カジケ-悴ける。①手足が凍えて自由に動かなくなる。かじかむ。②やせ細る。衰え弱る。
※背馳(はいち)-①くいちがうこと。合わないこと。理にそむくこと。②背をむけて走り去ること。
※カシコココ-彼処此処か。あちこちという意であろう。

ハ下ヘヌケナドシテ定処ナキモノナレドモ先多クハ臍旁ヨ リシテ右ノ脇下ナドヘサシコムモノ也故ニ良姜入ノ薬ヲ 用テ効アルモノ多シ脈モ先アマリ亢リハセヌモノ也サ レドモ是ハ人々ノモヤウニヨリテイロイロアルベシ小水 ハ短少ナルモアリ大便ハ秘結スル方多キモノ也此症全 体ハ脾胃ノ虚損ヨリ出ルコトナルユヘ食禁ヲ守ラシムル コト第一ノ手叚也タトヒイカナル奇方妙剤ヲ投シテモ若食 禁ノシヤウユルケレバ治スルコトナキモノ也予往年此症 ヲ療スルニ諸攻撃ノ剤ヨリシテ種々ノ奇薬ナドヲ用イ百 計スレトモ手ギハヨク治スルコトヲ得ス後ニハ満腔子一箇

モ手叚ナキヤウニナリ凡此症ニ遇寸幾(※)ント匙柄ノ折ン トスルモノ数年然トモ猶昼夜ヲ舎ス工夫ヲ用テヤウヤク 近年ニ至リ此症ヲ治スルハイヨイヨ食禁ヨリスルニア ルコトヲ悟ルコレヨリシテ多ク此症ヲ療スルニ悉ク手ニ応 シテ験アリ然亦極虚難治ノ症ニ至テハ其人イカホド食禁 ヲ守ントシテモタユルコト能ザルモノ也カヤウナルハ多皆 死症ト知ベシ大抵食禁ニ堪ル内ナレバ治セズト云コトナ シサレトモ又人ノ我ママニテ禁ヲヤブルモ数々アルモノ ナレバヨクヨク気ヲ付テ禁ノヤブレサルヤウニ取アツ カウベシ一通ノ軽症ハ食禁ヲ丁寧ニスレバ薬剤ナシニ

※幾-①数についての不定・疑問の語。いくつ。いくら。②ちかい。ほとんど。

モ愈ルナリ必食禁ヲユルカセニスベカラズ先其食禁ノ 法一昼夜ノ食料精米一合ヲ以テ定トス是ニテヨクヨク 堪カヌルモノナラバ其人其症ニヨリテ少ツツノ増ヲナ スベシサレトモ先大抵ハ一合トカキルベシ扨右一合ノ米 ヲ随分水少ニカツタリトシテ至テヨク煮ヘタル粥ニタキ 六ニヲシワケテ一昼夜ノ食トシ一度ニ其一分ツツヲ食 シテ断シテ味噌醤油ノ汁及魚鳥ノ肉ハ勿論一切ノ生マシキ モノ硬キモノヲ禁シ只菜ノモノニハカンテンコヲリコ ンニヤクナドノ煮シメタルモノノ一寸四方モアルナレ バ一度ニ二切位或味噌ナレバ棗一ツホドツツ用ユベシ

病人至テ慎ヨキ人ニアラザレバ多皆食ノ少ヲ患テ平生 トハ格別心イヤシクナリ何ニテナリトモ腸胃ヲ充シメン トシテ多ク菜ノモノヲ貪ルモノ也又介抱ノ人其外見マイ ヲトヅルル人モ余リ食ノ少ヲ気ノ毒ニ思イ色々クヤミ ゴトヲ云寸ハ病人ハ本ヨリ我コノム処ナルユヘ得テハ 其拍子ニノリ禁ヲヤブルモノ也ヨクヨク気ヲ付テ戒ム ベシ扨又右ノ食餌ヲシタルアトニテハ只食ノ滓ノ口中 ニタマリタルヲウカイスルツイテニ僅ニ一口許飲ヨリ 外ハ一切湯茶ヲ禁ズベシ飲モノ多シテハイヨイヨ腸胃メ クラズシテアシシ右ノ食禁ハ先軽キモノハ半年重キハ一

年或一年半モ守ラスベシハヤク止レハ病後発スルモノ ナリ全体胃ノ気手ウスクナリテ欝火ヲ畜ル症ニテ飽マ デ飲食ヲ貪リテ止コトナカリシ処ヘ右体ノ禁ヲサセルコト ユヘ初ニハ甚タヘカヌルモノ也サレトモ初七日ホドヲタ ヘ得ル寸ハ其アトハ叚々タヘナレテサノミハ難義カラ ヌモノ也故ニ初ニハ先試ニ七日コタヘテ見ルベシト云 ベシ其内ニハ大抵具合ノヨキコトシルルユヘ得心スル モノ也又下地甚食渇シテ多ク貪リタル内ハ至テ羸痩シテ アリシモシモ食禁シテ病少クユルム寸ハ右一合ノ粥 ニテ不思議ニ日ニ肌膚ニ光沢ヲ生シ肥ルモノ也又此症

ヲ世医多ハ反胃也ト見誤ルモノ也又久腹痛ナドヨリコ シケテ此症ニモナルモノ也薬剤モツ子ノ病ノゴトク一 度ニ多用テハアシシ随分小剤ニシテ一日ニ一貼ツツ用ユ ベシ主方ハ脈腹ニヨリテサマサマ手叚モアルコトナレトモ 先大抵ハ安中散ニテヨキモノ也症ニヨリテハ香六加附 子或附子粳米湯ナドモ用ベシ又甘草粉蜜湯ヲ用ル症モ アリ是ハ皮膚枯燥ナドモツヨク腹痛ノ強キ方ニ用ルナ リ腹痛ツヨクシテコジケタル(※)モナドハ甚治シカタキモ アルモノ也右安中散ハモト局方ニ出タリ然トモ其書ニ於 テハ澼嚢ヲ治スルコト云ハズ予ガ此方ヲ澼嚢ニ用ル主意

※コジケタル-拗けたる。拗れるとは①物事がもつれて、うまく進まなくなる。②病気が治らなくて長びく。③ねじける。

ハ先良姜乾姜桂ハ同ク辛温ノモノ也故ニコレヲ用テ彼 胃中ニ畜ル処ノ水寒ヲ温メテ動カシヲダテルノ意也茴 香ハ香竄ノモノニテ心胸ヨリシテ下ヘ気ヲオシヒラキ降 シ延胡索ハ胸膈ノ気ヲオシ下シスカシテ且アタタムルモ ノ也ココニ一ツ肝心ノモノハ甘草也甘味ヲ以テ心下 ヘ通シタル処ノ気ヲムツクリトユルメサケルコト大ニ力 アリテ面白キコト也故ニ甘草ヲハ主薬トシテ大ニ用ユベシ 右体ニ気ヲユルメスカシ開テ水飲ヲ動カシオダテタル 処ヲ牡蛎ニテグツトオシ下ゲテ久々畜タル処ノ水寒ヲ シテ下水道ヘ達セシムルユヘ初メテ胃中モメグルコトヲ得

テ吐水腹痛等ノ症ヲ免ルルモノ也若虚寒ノ候アラバ附 子ヲ加ヘテ用ベシ猶此症モ其人々ニヨリテ大同少異ア ルコトナレバ実地ニ就テ工夫ヲ用イヨク其機変ニ応シテ活 用スベシ必シモ一定ノ法也トシテ拘泥スルコトナカレ又右 食禁ノコトハ澼嚢一症ニ限ラズスベテ中気ノ虚損セルモ ノ水腫久腹痛久下痢ノ如キモ皆此法ヲ以テ拡メテ行フ ベキモノナリ
牡蛎赤ニシ石决明ノ類ハ煆キ用ベシアヂニ功用違フモ ノ也石羔ハ生ニテ用ベシ煆タルハアシシ酸棗仁ハ炒タ ルト炒サルトニテ分チ用ルコトハ拘リタルコト也其ニ拘ラ

ス只炒テ用ヲ佳トス乾姜ハ半炒ニシテ用ルハ家伝方ニ 組タルアリ通用ハ皆生ヲ佳トス傷寒論中ノ方ニ用タル モ皆生用スベシ又黒炒ヲ用ル寸ハ炭ノ如ク炒ベシ生マ イリニテハ効ナシ総シテ乾生姜ヲ用ベシ石灰ニテ製シタ ルハ悪シ黒炒ノ乾姜ハ補中益気外陽散火ナトニモ加ヘ 用ルコトアリ
食禁ヲキヒシクサセテアルモノ其少キニ堪兼ルニハ間 間ニシルアメヲ少ツツ舐ラスモ佳モノ也
脾胃ノ不メクリナル病人ニキビシク食禁ヲサセル処ヲ 近ク譬ヘテ見ル時ハ先砂土ヲ桶ニ入テ下ヘ吞口ヲアケ

テ悪水ヲ濾ト同シヤウナルモノ也中ヘ入タル土子バリ 強ケレハ必水ノヌケ具合悪シシザングリトシタル土砂 ヲ入テコセハホドヨクヌケル也始終ウルヲイ過ル時ハ 脾胃不メグリニ成ル故トカク湿気〔シケ〕ヲヌカ子バナラヌコト ナリ
脚気水腫澼嚢久腹痛之下利ノ類ニ尤食禁ヲ厳ニシテ随分 淡泊ナルモノヲ甚ヒカヘメニ食セテ脾胃ノ湿ヲヌクハ 彼随分ヨクザングリトシタル石雑リノ砂ヲ少シツツ入 テヲケハ上ヨリ入レル水ノスツストヨクヌケルト同道 理ナリ

澼嚢ノ症ヲ患ル人多ク便秘スルコトアリ此中気薄ク成ル 故肝火ノ亢ルカ為ストコロ也下スヘカラスカマワスヲ イテ本症ヲ療ズベシ
澼嚢ヲ患ル人ナドニワカニ渇ノ付ハ吐水セントスルノ 兆也内ニ水多タマル時ハ渇付者ナリ
黄病ハスヘテ皆脾胃ヘカカルコト也黄胖病ハ脾胃ヘ濁水 ヲ畜フルノ症ナル故鉄粉ヲ用テ水ヲ引テ取也鉄粉ハ腸 胃中ノ汚濁宿水ヲ逐フモノト心得テヨシ
甘草粉蜜湯予ハ蚘虫(※)ノ症ニハ用ヒス澼嚢病ニ用ユ澼嚢 ノ症モ一通リハ先安中散ニテヨケレトモ此症ニ痛ノ強キ

※蚘虫(あくた)-人の腹の中に寄生する虫。腹の虫。回虫。

トヤワラカナルトアリ其痛モ強ク甚羸痩シタルモノニ 用ユ其用イカタハ先此方ノ粉トアルニ色々ノ説アレトモ 千金ニ梁米粉トアルニ本ツキ断シテ他粉ヲ用ヒス常ノ粳 米粉ヲ用ユ其米粉ト甘草トヲ等分ニ常ノ剤ホドニ合セ 水二合入テ一合ニ煎シアケ其中ヘ其煎汁ノ分量ヨリハ 多キホド蜜ヲ入カキマセ用レハ甚受心佳シテ痛モ治スル モノナリ
黄病ニ三種アリ黄疸ハ多クハ中気ヘカカルコト也故ニ十 ニシテ七八ハ中気ヲ補助スヘキモノアリ随分附子ナトノ ユキ場アルコト也是ハ兎角其色点黒ヲ帯ルモノニテ大抵

コケ茶色ヲ見ス也此症六十已上ノ老人ナトニアル時ハ 多クハ不治ニ至ルモノニテ十ニシテ六七ハ死スル也又黄 胖病ハ青ミヲ帯フ是第一ノメアテ也此症モ全体ハ中気 ヘカカルコトナレトモ黄疸ナトトワケ違也又発黄ハ一通ノ モノニテ至テシヨキコト也先茴陳蒿湯アタリノ場ヲ考ル ニ此湯ノ症ナトハ中々死スルモノニテハナシ且承気ナ トヲ用ル場合マテエ(※)ハユカズシテスムモノ也世医皆此発 黄ヲサシテ黄症ト云ハ大ナル誤也真ノ黄疸ハ中々チヨ トシタルコトニハアラス叚々其漸アリテヨリ起ルコト也黄 疸ハ茴陳五苓ナト用ルハ全体誤也茴陳ハ全体発黄ニ用

※エ-不明。

ル薬ニテ真ノ黄疸トハワケ違也真ノ黄疸ニモ古来色々 ノ名目モレトモ先ツ二ツ三ツニ分ルコト也勿論下地ヨリ ノ病症ノ組立テ来ル処ニ其々ノ筋合アルコト也腎疽穀疽 ナトノ名アレトモ先其ハ其ニシテヲイテ兎角色黯ヲ帯ルモ ノハ全体難治ノ症也外ニ又黄汁ト云モノアリ是所謂汗 ニテ衣ヲ染ル処ノモノ也此症ハ外々ノ症ヨリハ治シ易 シ汗ニツレテ邪気外ニ漏ルルコトアルユヘ也先此症ハヤ ハリ黄疸ニ属シタルモノ也黄胖ハ世上ニテ大略皆鉄粉 剤緑■(※)剤ヲ用ルコト也予近来香砂平胃散ニ鉄粉ヲタツフ リト加ヘタルヲ煎湯トシテ用ルニ屡奇効アリ若又此等ノ

※緑■-■は礬の冠がツとなった字。礬であろうか。緑礬は鉱物(硫酸塩鉱物)の一種。

薬ニテ治セサル時ハ多ハ皆技尽テ鉄粉剤ノアトハ手叚 ナキモノ也此時別ニ一術アリ奇方録ノ中ニ記ス又傷寒 論ニ橘子黄トアルハ色々黯黒ヲ帯サルヲ云ワンカ為ニ ワサト橘子ノ字ヲ用タル也真ノ黄疸ハ色鮮明ナラス故 ニ橘子黄トアルハ皆一通ノ発黄ヲ云タルモノ也徒然ト シテ此三字ヲ下タルモノト思ヒ草々ニ看過スヘカラス外 ノ処ニ於テ一向ニ黄ノ色ヲ云サル故ニ茴陳蒿湯ニ於テ 丁寧ニ右ノ三字ヲ挙テ黯黒ヲ帯サル由ヲ示シタルモノ ナリ
黄胖病ハ随分食禁ヲ大事ニスヘシ真ノ黄疸ハ先食ハ全

体ニ食ヘヌモノ也是モ食ヲススムナラハ食禁サセテヨ シ
年五十ヲモ過テ腎元ノ気薄ク成テヨリ黄疸ヲ発スルハ 多ハ不治ノモノナリ
鶏卵ヲ用テ効アル黄病ハヤハリ一通ノ発黄也真ノ黄疸 又ハ黄胖ニハキカヌモノナリ
三聖丸ハ妙剤也虚実トモニ通用スヘシ附子ナト用テ見テ モ何分用ヒココロ面白カラヌ処又症ニ因テハ実症ノ取 アツカイニシテ見テモオモワクニユカヌ処ナトヘ用テ 別シテ奇効アリ鉄粉入ノ薬ユヘ兎角鎮墜シテ小水ヲ利スル

ヲ主意トシタル方也黄胖ニモ用テヨキ方ナリ
病人ノ食スル粥ナドハ随分煮ヤウニ念入ベキコト也兎角 カツタリトシテシカモ能ツブレルホド煮ヘタルヲ佳ト ス水ノ多キハアシシ
水気病ノ夜分ニ小水ノヨク通スルホトニナルハヨキコト ナリ
総テ大病ノ後中気イマダ不和間ハ面フクシテアル者也 トクトオリ合テヨクナヲルモノナリ
小半夏加茯苓ナド症ニヨリ生姜ヲ絞リ汁ニシテ入コトア リ

新渡(※)ノ赤石脂用テ相応効アルモノナリ
甘遂ヲ畜ルニハ壺ノ中ヘ蕎麦殼ヲ入其中ヘ甘遂ヲ埋シ テヨク蓋ヲシテヲケハ虫付コトナキモノナリ
黄胖病ニ平胃散ニ家方三物丸ヲ兼用スルハ実症ノ方也 茴陳四苓ニ附子ヲ加ヘ用ユル方ハ虚症也何レニモ此症 ハ胃中ノ熱ヲ大腸ヘ移ス処ノモノナリ
澼嚢ハ処ヲ移シテモ痛ム此症ハ脾胃不メクリニシテ水 飲ノタマルニ因ルコト也早ク療治スレハ十ニシテ十ナカラ 治スルモノナリ
総シテ朮苓ト組時ハ何ノ方中ニアツテモ脾胃ノ湿ヲ燥シ

※新渡(しんと)-新しく外国から渡来したもの。輸入工芸品について、輸入の時期が江戸中期以降であることをいう語(今渡り)。また、その織物や陶磁器など。

利水スルノ功用也故ニ何ナリトモ方中ニテ別ニワザアル 処ノ薬味ノ功能ヲ初ニトクト説シマウテツヅマル処ハ 朮苓ニテ下水道ヘ引テ取ト云処ヘ説ヲトスコトト心得ヘ シ兎角脾胃ハ湿ヲ悪ム故ジクジクトシテ常ニ水気ヲ畜ヘ テハアシシ此ヲ譬フルニ猶好キ屋鋪(※)ニテモ湿気強クア ル時ハ其地面ソコ子ルガゴトシ兎角水気ヲ畜ヨリ種々 ノ病ヲ生スル也東洞先生ハ万病一水毒ヨリスルト云レ タリ曲ケテ云ヘハ同コト也又朮苓ハ専脾胃ヲ補助スルモ ノ也ト説タレトモ茶碗ノカケタル処ヲ土ヲ以テツクロウ ヤウナルモノニテハナシ只湿邪ヲ小水ヘ分消スルモノ

※屋鋪(やしき)-屋敷と同じ意味。

也脾胃ヲ取立ルナト云ハジツクリトヨキ位ニウルヲツ テ居テカラカラト燥タル砂ノヤウニ成ラズ只シケヌト 云位ニシケヲヌクコト也湿ヲ悪トハ云ツツ乾燥サセテハ ナラヌコト也此具合ヲトクト合点スレハ色々補剤ナトノ コトニ付ケテ苦シミシコトモナニモ苦ニ成ラヌヤウニ成也 兎角シケテハ悪シシケルヨリシテ陽気ヲ上ミヘ吹上ルコト ノ出キザルヤウニ成ル故カヤウノ処ヘハ皆朮苓ヲ用タ ル也朮苓ヲ補脾ト云タルハ皆此場ヲサシテ云タルモノ ニテ何ニテモナキコトナレトモ畢竟陸ヲ行ト水ヲ行トノ違 アリ補血ノ剤亦同ク右ノ通ニテツマル処ハ肝火ヲ鎮ム

ルコト也肝火鎮マル時ハ血分枯スシテホトヨク順行ス故ニ 四物ノ具ハ皆肝火ヲ鎮ムルノ薬也即其地黄ハ潤肝ヲ主 トシ当帰ハ潤肝ニシテ緩肝ヲ帯ヒ芍薬ハ専ラ緩肝シ川芎 ハ疎肝ニテスツスツト筋ヲ入レテ上達セシムル処ノモ ノ也川芎ハ右ノ通リヨク肝気ヲ疎通シユルメルモノ故 症ニ因テ肝気ノ手ヒトクシマリテ胸膈ヲベツタリト塞〔キ〕 タルモ半夏厚朴湯ニ川芎ヲ加ヘ用テ具合ヨクスクモノ 也此処ヘ当帰ヲ加ヘテハ行ス甘ミヲ入テモ悪ク芩連ナ ドノ苦味ヲヤリテモ悪シ其間〔ア〕イノ手ヘ行クコト也肝気ヲ 疎スル故頭痛ニモ用ユ川芎ヲ用ル頭痛ハ常ノ頭痛ト違

イ疎肝シテ痛ヲ止ル者也世医多クハ此ラノ具合ヲ只マル 呑ニシテヲルコト也扨右ノ通リ脾胃不メクリニナル本ハ ト云ヘハ肝気両脇心下ヘ横ツテ胃口ヲ妨クル故脾胃シ ケテ来ル也其シケノ甚シキニ至テハ附剤ヲ用ユルトモ其 ニテ行ヌ処ヲ朮苓ニテスルコト也又実症ノ方ヘ成テハ其 シケルヲ見カケテ下剤ナトカケルモアリ此モ同ク脾胃 ノ湿ヲサハクコトニテ何ニモ外ニ子細ハナキコト也近ク譬 ヘテ云時ハ先壺ノ中ニ水ノタマリタルヲ下ノノミ口チ ノツメヲヌキ水ヲハシラシテ取ルハ下剤ヲカケル処也 カヤウニハシラセテ取ホトノ水ナラハノミ口チヲヌク

ヘシ左モナクハ雑巾ニテフイテ取テモヨシ畢竟向フノ 水ノ有無多少ニヨルコトナリ
西瓜ハ食スレハ忽チ利水スルモノ也只ノ水ハ飲メハ留 飲トナレトモ是モ十分ニ飲メハ汗ニ出ルモノ也汗ニ成テ 発スレハ害ナシサレトモ西瓜ノ利水スルトハワケ違ヘリ 多ク水ヲ飲テ汗ノ出ルハ白虎湯ヲ用テ汗ノ出ルト同シ 意ナリ
一角ハ水気ノ下ヨリシテ上ヘ冲クコト甚シキニ用テ大ニ効 アリ胸膈ヲ利シテ小水ヲ利スルコトハ犀角モ同ジ功能ナレ トモ一角ノ方ハ上冲ノ勢ヲ峻利スル故下ニシマル処ノ小

水モ能利スル也尤タツフリト用ベシ犀角ノ方ハ兎カク オモニ胸膈ヘシマリ又肩背ヘカラミクワンジヨリナド ニテシメカラミ或網ヲキセタル如キモノニ用テ甚効ア リタトヒ左ナクトモ用ルコトナレトモ右ノ候アレバ甚キキア ンバイ佳此肩背ヘシメカラムコトハ病人ノ方ヨリモ云モ ノナレトモヨクヨク念入テ尋テ見ルコト也二物トモニ気ヲ利ス ルユヘ水気サバケルナリ
黒豆湯ハ先黒豆ハ消導ノモノニテ心胸ノ間ヨリ胃中ヘ 向ケテ滞ル処ノ水飲ヲ推シスカシ桑白ハ胸中ノ水飲ヲ サバキ梹榔ニテ心下ヨリ下ヘクツトヲス也何レ此方ハ

心下ヲ推シスカス力ラヲ専トス故ニ心下ノ候大柴胡湯 症ノ心下ノヤウナル気味合ナリ
胃気ヲスカシメグラスト云寸ニハ陳皮ヲ用ベシ胸膈ヲ 利スルニハ青皮ヲ用ベシ青皮ノ方ハ甚スルド也此等ヤ ハリ通用ノ陳皮青皮ヲ用テヨシ強テ橘皮柑皮ノ吟味ニ ハ及ヌコトナリ
蘇子ハチヨツト肺部ヲスカスモノ也此等ハ一枚看板ノ 役者ト云ヤウナルモノニハアラズ別ニ此物ナドハサホ ドニ降気スル力ラノアルモノニテハナケレトモ只肺部ヲ スカス故ニ気降ルコトヲ得ルナリ

半夏厚朴湯ニ川芎ヲ加ヘテ心下胸膈ヘ強クシマリタル 処ヲサバク理気湯ニ犀角ヲ加ルマデハ行ヌ処也
桑白皮麻黄ナド咳ヲ治スルハ水気ヲヌク故也徒然トシテ 咳ヲ止ルニアラズ兎角桑白皮ハ水気ヲヌクコトオモニナ ル也水アレバ必其ヘ火モ添イ咳ナドモ出ル故其水ヲヌ ケバ熱気モサバケ咳モ止ナリ
総シテ咳嗽ニモ心肺ヨリ出ルアリ胃中ヨリ出ルアリ是ヲ 能弁別セサレハ治法甚クイ違ナリ
麦芽ハ胃中ノ気ヲスカス故消化スルコトニ成リ水飲ナト モ利スル也是麦飯ヲ用テ胃中ヲスカスト同道理也神曲

ハ用ストモスミタルモノ也
香薷ハ香竄ノモノニテ胃口ヲヒラクノ能アリ発散ヲ主 ニスルト云ワケニテハナシ夏月ハ伏陰内ニアルト云ヘ ルノ語最因ヘキコト也胃口ニ水飲ヲ蓄ヘテ心胸ヲ塞クコト 夏月ノ常也即其処ヲ名テ伏陰内ニ在トハ云タルモノニ テ香薷ノキキ場モ右ノ処ヲ開ク也胃口開ケハ胸中モス ク故コレヨリシテ発汗ナトモ出キルコトハアルヘシ是モヤ ハリ大人小児トモ肝気ニテ強クトチフサキタルニ龍麝ヲ 用テヒラカセルト道理ハ同コト也故ニ香薷飲ハ先香薷ニ テ胃口ヲヒラキ白扁豆茯苓ニテ胃口ニ畜フル処ノ水飲

ヲ下ヘ引トルノ意也然レハ此方暑月ニ用ルニ限ルコトニ ハアラサルヘシ又症ニ因テ丁香ヲ加ヘ用ルコトモアリ桂 ヲ加フルコトモアリ桂ヲ加フルハヤハリ発散ノ力ヲカル ノ意也又枇杷葉湯ニ呉茱萸木香ヲ加ヘタルヲ夏月用テ ヨク心胸ヲ開ノ功用アリ
総シテ薬ノ徐服頓服冷服ナトハヨク其時合ヲ考テソレソレ ノ宜キ処ニシタカウヘシ熱因寒用シテ附子ヲ冷服セシ ムルナト最心得ヘキコトナリ

西椹医冲生生生 閲
蕉窓雑話三編終