蕉窓雑話 第五巻

底本:国立図書館蔵ヤ9-1083-1(1、2巻のみ)及び、京都大学デジタルアーカイブRB00000250(全巻)
参考図書:『蕉窓雑話・蕉窓方意解』雨宮良三(創医会)

→本文→跋

本文

※以下、基本的に1ページ(半丁、葉)毎に分けて記載する。

蕉窓雑話五編
   東郭和田先生燕語      門人筆記
総シテ婦人ノ身体スラリトシテ臀〔シリ〕モ小キハヨク妊娠スルモ ノニテ亦ヨク安産スルモノ也又肥タルモノモホドヨキ 位ナルハ佳シ唯難産スル婦人ハ皆腰幅広シテシリノアト ヘ出タルモノ也是腰ニ有余アリテ兒アソビ腰ヘモタレ カカルユヘ陰門ヘノハコビモ遠キ歟也カヤウナルハ妊 娠スルコトモ全体少キモノ也又セハラミハ疝ニテ引付ル 故也是ヲハ一切疝ヲ以テ断スヘシ腰ノ広キトハ別也疝

アレハ必月事ノ寸痛ムタトイ痛サルモ必悩ミテジユツ ナカリ又産スル寸ハ腹ヨリモ腰強ク痛ミアトニテ兒枕 痛ノ患アル也
理気湯ヲ用テ経閉ヲ通シサセルコト毎々アリ是上ヲスカ セハ下ユルムヲ以テ也又或人臍旁ニ大ナル疝アリテ其 ヨリ胸中ヘツキ入拘攣シテアルヲ衆医皆腹部ノ拘攣ノ ミニ目ヲ付テ色々治方ヲ施セトモユルマス予理気湯ヲ用 テ胸膈ヲスカセハヤカテユルミタリ此場合ヲ候コトハ指 ヲ横ニ肋下ヘアテテ胸中ヘノ根入ヲ候フ処ノ診法ヲ詳 ニシテ分別スヘシ四逆散ナト用ル処ノ両脇ヨリシテ肋下ヘ

ツキムケテ拘攣スルモノハ胸中ト肋下トノ拘攣ノツキ メ何トナク連属セス絶ヘテアリ然ハトテハツキリト断 絶シテアルニテハナシ只全体上下ヘツキ通テナキト云ホ トノ意持ナリ理気湯ヲ用ル場合ハ胸中ヘノ根入深クツ キ通テアリテ上ト下トヲツリ合セテ見ル時ハ胸中ヘ入 方ヘカタツル気味合ナリカヤウナルハ先胸膈ヨリ治シテ ユクヘシ上ヘチヨツトアタレハカタリト落テ下ノ引ハ リモユルム意也総シテ両脇ヨリ二行通臍旁小腹ナトヲユ ルムレハ上モクツロクモノト胸膈ヲスカセハ下モ自ラ ユルムモノトアリ此処間違テハイカカシテモ病ハ治セ

ヌモノト知ヘシ故ニ南風ヲ引ント欲スレハ必北牖ヲ開 ト云ノ語ナト徒然ノコトト思ヘカラス必北牖ヲ開ヘキ症 ヲ見スマシテコレヲ開ヘシ又上竅ヲ利シテ下竅ヲ通セル モ皆同一理ト知ヘキコトナリ
産前ニ催生ノ薬ト云ハ全体ナキコト也天地自然ノ道理ニ テ生ルルモノナレハ別ニ此方ヨリ催生スヘキニハアラ ス然トモ若元気ウスキモノナラハ広東人参ヲ細末ニシテヲ イテ湯ニタテテ用ユヘシ大抵一度ニ一両ホドマテモ用 ユレハ甚勢ヨク成モノ也又独煎ニシテ濃ク煎シツメテ用 ルモヨシ

難産ニテモ又胞衣ノ下ラサルモノニテモ色々ニスレトモ 下ラス一通ノ草根木皮ニテ力届カサルモノニハ天台真 言ナドニアル処ノ土砂ヲ一口病人ノ口ヘ入テアトニテ 白湯少許ヲ飲スレハ立ニ下ルト也是賁斎久保氏ノ伝也 予未試ト云トモ備急ノコトユヘコレヲ伝フ右ノ土砂ハ真言 ナトニテ加持シタル処ノ土砂也其加持スル時ニハ砂ウ ゴクト也又叡山ノ一僧下利ヲ患フ色々参附剤ナト用ユ レトモ其下止ス只死ヲ待ノミナリシカ後建理合方加附子 ヲ用ル時ニ至テ其人ノ細工ニ土砂ヲ兼用シタレハ不思 儀ニ全快シタルコトアリ土砂ハトカク古代ヨリアル処ノ

モノホト新キヨリハ勝レルナリ
産後一通ノ血道薬中條加味ヲ用ユ肝亢ルニハ生芐加ル コトアリ
一婦人久ク孕ヲ受サリシヲ其脈腹ヲ詳ニシテ大柴胡湯ヲ 用タルニヤガテノ中ニ妊娠シタルコトアリ
上部ニテハ極メテ肝気高キ婦人ニテモ小腹ニ引ハリナ キモノハ経行ノトキナト何ノ悩ミモナキモノ也
妊娠ノ婦人ハトカク眼中ニウルミ出キルモノ也米カミ ノ処ノ筋ニモ見ヤウアリ相家ニテハ只青筋ヲ瘀血暗色 ヲ帯ルヲ妊ト云是ハカリニテハ分リカタキモノ也唯自

然ト気ヲ付見覚ユレシ総シテ此等ノコトモ人相ノ方ヨリ取 付テ医ノ方ヘ引カケントシテハ反テ拘泥シテ害アリ医術ノ 方ヨリ錬リ込テ見覚ユヘシ眼中ノウルミ米カミノ処ノ 筋モ十ニシテ一ニハ一向知レヌモアルモノ也妊ヲ見ルニ ハ先一番ニ妊婦ヲ平臥サセテトクト湯具マテモ解クツ ロケサセ心下ヨリ臍下マテ軽々ニ数遍ナテテ見ルヘシ 臍下バアトシテバビロキヤウニ(※)覚ヘ皮ヘシマリナクハツ トメ取シメナキヤウナルモノ也併痘序ト妊娠ナトハ必 トバトバト(※)早決断ヲセヌコト也是非トモヤカテノ内ニハ知 ルモノ故先両方トモ其場ノ見ハカラヒニ療治シテ居テ向フ

※バアトシテバビロキヤウニ-不明。
※トバトバト-不明。ちなみに『江戸語の辞典』@講談社学術文庫に「とばくさ」という語(副詞)があり「あわただしく行動するさま」という意味。

ヘモ心得サセタトイ何ニテモ害ニナラヌ手アテシテ居ル 由云ヘハ安心スルモノ也其中ニトクト決定メ弥カヤウ ト云コトヲ人ニモ云又夫々ノ取アツカイニスヘシ必容易 ニ早決断ハセヌコトナリ
婦人妊娠スレハ白睛青クナリ且ウストミカカリテ白睛 ヨリ烏睛ノ方ヘ暈ヲ出スルモノ也サレトモ人ニ因リテ初 ヨリ目ノ色付モアリ三月比ヨリ出ルモアリ七月ホドモ セザレハ色付サルアリ是何故ト云ワケハ未タ考ザレトモ 数試テ違サル処也又胎ノ上ニ頭巾ヲキセタル如クヤン ワリト塊ニテ覆タルナドハ知レカタキモノ也或医ノ塊

ナレバ胸サキヘ上ル者也ト云シハ了簡違ナリ
婦人ノ額ヲ見ル時ニハ必我手ヲ以テ其眉ノ処ヘアテ目 上ヲ覆テ見ヘシ目ヲ見合セハ恥ル故ナリ
産前産後トモニ世ニ多ク灸ヲ禁ス是ハ甚拘リタルコト也故 ニ予ハ取ラス凡婦人孕ヲ受ル時ハ腰腹ノ気必不メクリ ニ成モノ也平素ヨリ疝ナト強キ婦人ハ取ワケテ腹中メ クリアシクナルユヱ常ヨリモ別シテ度々灸スヘキコト也其 処ハ先腰眼京門章門ノ辺其外見合ニテ孕中月ニ随テ多 灸スレハ腹中メクリヨク成テ疝ナトモ浮立ツ故分娩ノ 時ニ至テ腹痛ナトノ苦ミ少ク産モ亦甚容易ニシテ産後ニ

至テモ児枕痛ノ害ヲ免ル俗ニ云脊ハラミナトニハ取分 テ多ク灸スヘシ月ヲ経テモカサノ見ヘヌハ多ハ強キ疝 アリテ其ヘ胎ヲシメヨセル故也懐孕スレハ膀胱ナトモ オサルル故何トナク小水モ不利シカチニテ常ノ如クニ ハ通シココロヨカラサル者也世多孕中ノ水腫アルモノ ヲ見テハ分娩セサル中ハ其水気取レスト云ハ愚ナルコト 也取アツカイヲヨクスレハ通例ノ腫ハ随分取レルモノ 也然トモ極虚脱ノ腫ニ至テハ概論スベカラス産前産後トモ ニ水気アルモノハ尤食禁ヲ大事ニスヘシ咳嗽アルモノ ナトモ随分取レルモノ也此水気ヲ後マテ取ズニヲイテ

ハ必分娩ノ後ズツト上冲スルモノ也前方東洞院ノ畑某 ナル人ノ妻妊娠中脚気痿弱ニシテ水気アルヲ患フ色々取 扱テヤウヤウト水気ハ取レタリ扨夫ヨリ産ニ臨テノ時 足痿弱ナル故端坐スルコトナラス只ベツタリトヘタバリ テヲルコトユヱ児ハ産門ニ臨テアリナカラ得生レズ勿論 死胎ニテアリシニヨリ其勢モ甚悪シク其ママニテハ生 レカタキ様子也是ニ因テ先下ヘククリ枕ヲオキ後ロヨ リ病人ヲ抱上テドツトヲトシ枕ニテ尻ヲツカセタレハ 忽チ其児ハ向フヘ飛出タリ時ニ其前ヨリシテ預メ大剤ノ 参附ヲ多飲セヲキタリ扨其分娩シテヨリ大ニ上冲スル処

ヲシツカリト心下ヲ按シテイル中ジリジリトシツマレリ 其衝込ノ甚シキ時ハ実ニ死人ノ如キ姿ニ成レリ叚々其 アトヲ調理シテ久シテ後脚モ立出愈ルコトヲ得タリ是モ其産 シタル夜ハ暮比(※)ロヨリ夜半マテモ按腹シテツカワシタリ 兎角産婦ハ取分テ大事ニ取アツカフベキコト也死胎ハ多 ク上ヘアカリテ胸先キヘ箱ノ如ク成テアルモノ也凡テ 分娩スルト直ニ先ツ夜着ノ上ニ蒲団一ツ位敷テ頭ノ方 ニシキ其上ヘベツタリト寝サスヘシ坐ヲシキツメサス ルハ甚悪シ坐シツメレハ肝気動ク故得テハ暈スルモノ 也血暈ハ燥屎ニ因ルナドノ論説モアレトモ此症ハ全ク肝

※比ーくらべる、たとえるなどのほかに、「ころ」という意味がある。

気ノ動ニ因ルコト也又妊娠中着帯スルコトハナルホトイラ ヌコト也上カラククリヲイタリトテ内ノ具合ハ所詮アチ ヨク付モノニテナシ是ハ反テ内ヲシテ不メクリナラシメ テヨカラヌコト也又男胎ハ多ハ凸ニテ女胎ハ多ハベツタ リシテアリ然レトモ其模様ニテ一概ニハ云カタシ扨又臨 産ノ時ニハイマタ坐草ヘカカラセスヤハリ平臥サセテ アル中ヨリモ兎角努力ノ付トキニハ其肛門ヲ按シテヤル ヘシ其按ヤウハ握リ拳ヲシテ夫ヘ襁褓ヲアテテ是ニテ受 テヲスヘシ甚勢強キモノニテトカク先肛門ノ方ヘツキ ムケルモノ故得テハ陰門ト肛門トノ間ノ処破レルモノ

也強ク肛門ヘツキ向ケル時此方ヨリモ手強クヲスヘシ 坐草ニカカリテ後モヤハリ其通リニスヘシ是ヲオシテ ヤル時ハ産婦甚ラクニ成ルモノニテシカモ児頭ノ前陰 ヘ向フ具合尤佳シ然トモトカク産婆ハ己カ前ノ方ヨリ術 ヲ施スサハリニ成ル故嫌フモノナレトモカマワスオスヘ シ是亦肝心ノ心得也又胎内ニテ児頭ハ下ヘ向フテヲル モノ也ト云モ畢竟是ハククリザルノ如ク成テ居ルモノ ニテ直立シテハヲラヌ道理也是ニ由テノコトナルヘシ又生 下ノ時モ男子ハ俯シテ生レ女子ハ仰テ生ルナレトモ胎内ニ テ男子ハ母ニ背テヲリ女子ハ母ニ向テヲルト云ナトニ

至テハ余リ穿テルコトナル乎又胞衣ノ下ラヌニ薬ヲ用ヌ ナト云説モ拘タルコト也胞衣下ラヌモノニハ両肩井ノ穴 ヲ刺コト五分許ニシテヨク下ルコトアルモノナリ
妊婦ニ灸スルコト悪阻ノ患アラハ悪阻止テヨリ灸ヲ始ヘ シ悪阻スルニ灸ヲ忌ニハアラサレトモ此症アレハ必不食 シ或吐食彼此ノコトトモアル故其処ヘ持込テハ反テ混雑ス ルアンハイモアリ故ニ悪阻ノ止ヲ待テ灸シテ佳シ又間ニ ハ甚悪阻ノ長キモアレトモ大抵ハ見合ウチニ止モノ也又 悪阻ノ甚シキ妊婦ハ兎角労ト見紛フ者ナリ然レトモヨク 診察ヲ精スレハ是非ドコヤラニ違タル処アルモノ也タ

シカニ悪阻也ト云コトヲ弁知シタラハ色々奇怪ノ症アリ トモ驚カズアシラウテ行ヘシ恵美須屋何某ナル者ノ婦ナ トハ甚シキ悪阻ニテ後ニハ血ナト吐クトテ皆々甚狐疑 シタリ右体甚シキコトニテアリシカトモ見ドコロハ肌肉 ナトモ余リヒケス一体ヨキ処アリトクト平臥サセテ腹 部ヲ軽々ニ候ニ臍ヨリ下バツトシマリナキヤウニシテシ カト力アリ其外妊娠ノ候アリシ故弥悪阻也トシテ治ヲ施 シ終ニ安然ヲ得タリ其血ヲ吐ト云シハ能々気ヲ付見タ ルニ真ノ吐血■テハナクシテ余リシヤクリ上ルコト強カリ シ故咽中傷レテ其ヨリ血ノ出タル也故ニ其後咽ノ痛シ

コトアリ是モ亦心得ヘキコト也扨又悪阻ノ病因ハ全ク肝気 ノコト也是胎ヲ受タル柏(※)子ニ肝気ノ動スルニ因テ心下ノ 具合悪ク成ヨリ起ルコト也総シテ妊娠スレハ常ニ異ニシテ色 々奇怪ノ姿アルモノニテ彼梅ナトヲ嗜モ皆肝気ノ迫リ ニテ心下ノ処ドウモタヘラレヌアンハイアル故也先悪 阻ノ止カタキモノハ其脈腹ヲ見合テ小半夏加茯苓或症 ニ因テ其ヘ附子ヲ加ヘ又附子粳米ノ類其外時合次第ニ テ随分手軽キアシライニスベシ兎角重クロシキコトニテ ハ多クハ受具合悪キモノ也然トモ先此症ハ弥悪阻ト知レ タラハ強テ急ニ止ントセスシテ只ホトヨクアシラウテ何

※柏ー文脈から「拍」であろうか。

レヘモ其変動ヲ見合セテヲルコト也又総シテ人ノ腰腹ハ平 生ニテモ得テ不メクリニ成易キモノナルニ造化ノ自然 トハ云ツツ妊娠スル時ハナヲサラ月ノ累ルニ随テ腰腹 不メクリニ成モノ故或食事ヲ妨ケ或足ヘツリ付又ハ小 水不利ナト種々ノコトトモアルモノ也故ニ月ニ随テ叚々灸 火ヲ用ユレハ腹中ノメクリ甚ヨクナリテ内ノ児モ住ミ ヨク妊婦モタヘ易ク肝気ノ上ヘ聚ル処ユルミ下ヘ引ツ ル処ノ疝モユルミテ分娩ノ時腰腹ノ痛甚軽キ也畢竟腹 痛ハ子ノ出ントスル勢ニ因テアルナレトモ疝ヘ激セザレ ハ甚軽クスム也然レハ折マワシテハヤハリ是モ疝エカ

カルコト也且妊中ニ多灸スレハ生ルル児モ甚丈夫ナル■ ノ也即此頃モ近江屋何某ナル者ノ妻妊娠中多灸治ヲサ セテ平産シタリ其児ハ甚丈夫ニテ布袋ノ図ヲ見タル如 シ其前ノ児ハ甚薄弱ニテ已ニ死タリ兎角妊中ハ灸治ノ コト也灸スル時ハ脊ハラミモスツスツトカサ上リテ腰ノ 痛ヲ免ル先灸処ハ章門京門ヲ第一トシ其外腰背ヘスヘ シ灸点口授アリ
妊娠ヲ取アツカウ大事ノ心得ハ心下ヲスカスト疝ヲユ ルメルノ二ツナリ
妊娠八九ヵ月或臨月ニ至リテ小水不利スル者多シ是ハ

胎漸々ニ成長シテ上ミハ中脘アタリヘ迫リ下ハ横骨ノ内 ヘ下ル也右横骨ノ内ヘ下ルヤウニナレハ胎ニテ膀胱ヲ オス故尿口シマリテ小水不利スル也コレニ因テ日々按 腹シテ胎ヲ上ヘカキ上ケ横骨ノ内ヘ迫ラヌ様ニスレハ小 水ハホト能通スル者ナリ
妊中ノ水気モ至少許ノコトハアトマテ残テモ苦カレ子トモ 余ホド腫ヲ見スモノハ随分取アツカイヲヨクシテ産前ニ 水気ヲヌクヘシ然ザレハ後必害アリ其取アツカイハヤ ハリ常ノ水腫ノ通リニ食禁ヲ厳ニシテ塩気ナトヲモ断セ 症ニ対シテ方ヲ処シ按腹ナト度々スレハヌケルモノ也世

医多ハ食禁ヲキヒシクシテハ胎ノ養出キストシテ食ヲ恣ニ セシムル故ヌケヌヲ知スシテ只妊中ノ水気ハ取ヌモノト 心得ルハ甚愚ナルコト也イカホド食禁サセテモ常人ノタ ユルホトナレバ妊婦トテモアトニテ疲レハセヌモノ也 此処ノ目ノ付処違故水気ノヌケサルコトヨクヨク心ヲ用 ヘキモノナリ
婦人妊娠中嘔吐止サルモノ兎角腹候ニ気ヲ付ベシ若任 脈通リ水分ノ穴ニ於テ動悸高キモノナラハ小半夏加茯 苓ニ生粳米薯蕷生芐ヲ加ヘテ用ベシ数日嘔スレハ中気 モ虚スル故米ヲ加ルナリ予此方ヲ用テ毎々奇効ヲ得ル

コト多シ至テ小剤ノ香砂六君子ニ粳米ヲ加ヘタルヲ一処 ニシテトコロトコロニ黒ミアルヤウニ狐色ニ炒テ広東人参 生ニテ一分ヲ入水煎シテ少々ツツ頻々ニ用レバ至テヨク オサマルモノ也症ニ因テ脱候アルモノニハ製附子ヲ加 テ炒用コトモアリトカク妊娠ノ知レガタキハ眼ニヨク気 ヲ付テ見覚ベシ腹モ強クオシテハ反テ知レズ軽々ニナ デオロシテ見レバ何トナク臍下ニ力アツテ只バツトシ タルヤウニオボユルモノナリ右妊娠中ニ嘔吐不食ナト ノアルモノ其嘔止テ食ツケハ胎浮立テヨク知レルモノ 也又妊娠中ノ大腹痛ニハトカク常ノ香蘇散ヲ小剤ニ合

シテ用ユレバ奇効アルモノ也
一婦人産前ヨリ脚気痿弱ヲ患フ小水不利シ三四日ニシテ ヤウヤク一行其腹候ニ因テ姜桂加呉茯ヲ用ヒ且サマサマ ニ論説スレトモ至愚ナル人ニテ説ヲ受ズ足ノ痿弱セルヲ 殊サラニ憂トス故ニ後ニハ論説ヲ止テ只前方ヲ久服セ シムル内叚々小水モ利シテ一日四行ホドモ通スル位ニ成 リ其足モ立コトヲ得タリ総シテ肝気ニテ強クシメコミタル 水気ハ外ノ水気ノ如ク意ニモ成ス表分ヘモ余リ腫ヲ見 サヌモノニテ多ハ只跗上脛骨ノ上ニアルマデナリ是肝 部ヘ水ヲシメコム故也又症ニヨリテ姜桂ヲ用テホトヨ

ク利水セザルニ分心気飲ニ芍薬ヲ去タルナド用レバ快 利スルモアルナリ
俗ニ八月子ハ育チ九月子ハ育ヌト云ハ甚キ妄説也信ス ヘカラス予カ男女両人九月ニシテ生レタリ女子ハ初至テ 薄弱ナリシカ今甚壮健也男子ハ今幼年ニシテ少シ手薄キ 方ナレトモ是ハ妊娠中已ニ九月ニ至テ五日許モ昼夜トモニ 大ニ脱血シタル故ニ因テ也又月ヲコヘテ生ルルハ随分 佳コト也カマワスヲクヘシ
産婦ヲ産台ヘ入跪坐サセルコトハ甚悪シシ生ヲトスト直 平臥サセテ佳是加川氏ノ大卓見ナリ

妊娠初月経ヲ見モノアリ月ヲ経テ後経ノメクルアリ又 悪阻ヲ患ル中ニメクルアリ始終メクルアリ是其人ノ性 ニ因コトト見ユルトモ常ヲ失タル姿也先十人ニ一人ト云ホ トニテ少ナルモノ也又産シタル翌月ヨリ経ノメクルモ アリ二年モシテカラメクルモアリ是モ常ヲ失タル也全体 ハ産シタル月マテユキシ処ニテ経ヲ見ルモノ本式也 胞衣ノ衝心スルハ甚恐ヘキモノナリ
妊娠中熱欝甚ケレハ堕胎スルモノ也熱欝強キ時ハ大黄 消石ナト用テ害ナシ又巴豆ナトモ症ニ因テ用ヘシ所謂 故アレハ損ナシノ道理也麻疹ナトハ甚腸胃間ヘ熱欝ス

ルモノ故油断スレハ堕胎スル也又妊中疫熱強モノモ尤 恐ヘキコト也去ナカラ此方ハ下剤ヲカケルニ甚具合アリ テ其剤ノハコヒヤウ大事也腸胃間ヘ熱欝スルコト強ケレ ハ其余リ必子宮ヲ熏蒸スル故堕胎スルナリ
世ニ去胎ノ薬色々アレトモ上ヨリ用テハ堕胎セズ多ク胎 ヲオトサセルハ皆坐薬也又水銀ヲ服シタル人ハ必奇怪 ノ病ヲ発スルモノナリ
妊娠四五月ニシテ堕胎ニ慣フモノハ一ハ妊中頻ニ房ヲ犯 コト止サルニ因リ一ハ疝ニテシメ付ルコト甚シク一ハ本ヨ リ衝任ノ至テ手薄キモノ皆此患アリ衝任薄シテ堕胎スル

ハ下地手薄キ処ヘ多ハ毎年妊娠スル故下部ノ調フ間ナ クシテ此患アル也必堅ク絶房サセテ滋補ノ薬ナト用中一 年ホトモ間ヲヌカセテ妊娠スルヤウニスレハ右ノ患ヲ 免ルモノナリ
妊娠六七月ヨリ下利スルモアリ産後下利スルモアリ甚 シキモノハ一年余モ止スシテ肌肉モ消痩シテ蓐労ニ成ル モアリ又疝ニ因テ右ノ姿ヲ見スモノアリ甚蓐労ニ紛ル ルモアルモノ也心ヲ用テ診察スヘシ疝瀉ナトハ尤灸シテ 佳シ薬剤ハ脈腹次第ニ用テ佳キ中甘草瀉心湯ニテ心下 ヲユルメ子ハナラヌモノ多シト知ルヘシ

一婦人寒熱往来咳嗽等ノ症アリテ肌肉甚羸痩シ其状ア タカモ虚労ノ如シ然ルニ此症ヨク診察ヲ詳ニスレハ全 ク虚労ニアラズシテ胎毒ニ因テ右ノ諸症ヲ見スノ候アリ コレニ因テ馬明湯ヲ久服セシム後果ノ肌表ニムラムラ ト毒ヲ発シテ漸々ニ肌肉長シテ快気セリ然レトモ月経イマダ 順ナラザルニヨリ又順気湯ヲ用シカバ経行モヲイヲイ 順ニ成レリ又此症ニ血ヲ吐モアルナリ
一婦人妊娠中痘ヲ患フ其痘トクトス■テ数日ヲ経テ後 安産シタルニ其児痘ヲ発シ既ニ潅(※)膿シナガラ生レタル コトアリ母ハ五分許児ハ二三分許ノ軽痘ニテアリシ也

※潅-カン、そそぐ

室女ノ妊娠シテブラブラトワツラウテ居ルモノヲ療治 シカカリテ弥妊娠ナルコトヲ候ヒ得タル時其ママニテ療 治シテ居テハ始終スマズサレトモサシムケテ云テモ役立 ヌコト故是非其親ナトニ其由ヲ告知サ子ハナラヌコトアリ 此時ニ甚心得アルコト也必麁忽(※)ナル取アツカイスヘカラ ス先其心得ト云ハ何レノ親ニテモ我子ニ右体ノ不埒ア ルコトヲ聞知ル時ハ必ハツト思フテウロタユルニヨリ多 ハ皆高ヲククリ損フテ直キニ我子ニ取カカリ詮義スル 故得テハ娘メニ捨身ナトサセテサンサンノコトヲ仕出ス モノ也左様アリテハ此方ノ気ヲ付タルガ反テ仇トナリ

※麁忽(ソコツ)-麁の本字は麤。肌理があらい、粗末な、おおきい、ほぼ、などの意がある。麁忽は粗忽と同じと考えられ、軽はずみなこと、唐突でぶしつけなこと、不注意なために引き起こしたあやまち、などの意味。

生ヲ傷ル故大ニ済世ノ道ニ背クト云モノニテ一向気ヲ 付サル方ガマシ也只医タルモノハ専ラ済世ノ心ヲ本ト シテホドヨク其高ヲククラセテ怪我ノ出キヌヤウニ致 シツカワスガ本意也其高ノククラセヤウノ一端ヲ云ハ ハ先其親ニ対シ弥妊娠ノ候アル由ヲ知ラセ扨右ニ付親 タル人ノ心得ニテ大ニ生ヲ害スルコトアリ此処ヲ一番ニ 心得フルヘシ先其許ノ内室ナトニ密夫ニテモアリテ私 ニ妊娠セラルルナラハ是ハ世間ヘ対シテモ其ママニテ ハスミカタキコト也息女トテモ私ニカヤウナコトアリテハ 誉メタルコトニテモナク世上ヘ対シテモ面目ヨキコトニハ

アラサレトモ已ニ右体ニナリシ上ハトヤカウ致シカタモ ナキコトト云ヒ又世ニナキ例ニモアラズ毎々アルナラワ シナレハ是非モナキコトト落付キ此上ハホトヨク取アツ カイツカワスカ親ノ慈悲ト云モノ也若然ラスシテ直ニ息 女ヘサシムケテ責問ナトセラレテハ一途ニセマリ得テ ハ不了簡ナトシ出スモノ也是ハ何レ其中ニ立チ世話ス ル人アルモノ故年バイナル下女ナトノ中ヘ取カカリト クト聞正シ相手ノ人物苦シカラヌモノナラハ或ハ養子 ニシ又ハ其方ヘ嫁ツカセナリトモセラルヘシ如此スレハ 少シ配偶ノ時ヨリノ割合早ク出生ノアル処ヲ世上ヘ気

ノ毒ナルマテニテ是モ暫時ニ人ノ取沙汰ハ止テ其ナリ ニ事美シクスムモノ也若又相手ノ人物宜カラスシテ配偶 シカタキ処アラハ早々其方ノ埒明ケシテ何方ヘナリトモ シルヘヲタヨリテ立チ忍ハセホトヨク出産サスヘキコト 也必取アワテテ堕胎ナトサスヘカラス左様アリテハ現 在ノ孫ヲ殺ノミナラス時宜アシケレハ子ノ命マテ失フ モノ也此処ヲトクト会得シテ是ヨリ帰ラレタリトモ必ウ ロタヘタル取ハカライセラレス先何ニモ知ラヌ体ニテ 其内ニトクト思案ヲ付ラルヘシナトト云ヤウニ其高ヲ ククラスヘシカヤウセスシテ堕胎ナトサセテハ折角人ノ

為ヲ思ナカラ反テ生ヲ傷ノ端ヲ起シテ甚医ノ道ニ背ク コト也ヨクヨク慎ムヘシ
産後ノ腫瘀血畜滞ニ因テ発スルモノ所謂血腫也此症ハ 血色脈腹ナトニテ弁別スルコトニテ別ニ口授アリコレニ ハ下剤ヲカケ子ハナラヌ場合アリ琥珀類ヲ用ルハコレ トハワケ合違也産後水気ナト利水ヨリスルト瘀血ヨリ スルトハ畢竟標本ノ分也総シテ標本ヲ知寸ハ術ノ先後ス ル処モ随テ知レトモ標本ヲ明ルコトハ甚難キモノニテヨク 心ヲ用ル寸ハ大抵七八分マテハ分ルモノナレトモ今一二 分ノ処ニ至テ甚分チカタキモノ也又胞衣ナトモ其形及

大小ノ処ヨク気ヲ付テ見ルヘシ此等ハ見タリトモシヤウ モナキヤウナルモノナレトモ医タルモノハ総シテ胞衣ニ限 ラス瘀物ニテモ病人ニカカリタルコトハ見覚ヘヲクヘシ 産前ヨリ脚ナトニ水気ヲ持テ居テ産後ノ悪露下ルコト少 クヤハリ腫ヲ持テ気急ナトアルモノ水気ヲ制スルノ剤 ヲ用テヲレハ反テ瘀血モヨク通シ出ルモノナリ
産後悪露行サルモノ多ハ是疝ノナス処ナリ
産後一通ノ悪露行サルノ症ニシテ他ノ故ナキ者ニ桂枝茯 苓丸ヲ用ユルニハ全体ヌルキ方ナルユ〔ヘ〕大抵将軍ヲ加用 ユヘシ

経ノ行時腰腹ノ痛モノ四逆散加減ニテユルミカヌルニ ハ芎帰湯合甘草乾姜湯方ニテヨクヤハラクモノ也
産後脚膝痿弱ノ症全体産前ヨリ脚気水気ナトアリテ産 後ニ至テ気急ナトアルモノニハ場ニ因テ豁胸湯類ヲ用 イ見ハカライニ脚気ノ取アツカイシテ水気モヌケテヨ リ腹ノモヤウ次第ニ其癖物ヲユルム手叚ニ取カカルヘ シスヘテ痿弱ノ症ニハ灸治ヲ専ニスヘシタトイ治シテ後 モ再タヒ妊娠スル寸ナトハ別シテキヒシク腰ナトヘ灸ス ヘシ勿論臨月ニナリテモカマワススエルコト也此症肝気 ノコトニヨルモノ多シ又痿弱ノ症ハ薬湯ニ入ルルコトモア

リ一通リ癖物ニテワサヲスルモノハ大抵ソレソレノ煎 湯ヲ腹候次第ニ用ヒテ灸治ヲキヒシクスレハ佳レトモ間 ニハ癖物ノシメコミ至テ強シテサシテ水気モナケレトモ何 分煎湯ノミニテ行ヌモノアリ是ニハ紫円ヲ兼用セ子ハ ナラヌ也桂枝加朮附麻黄附子細辛湯ナトヲ用テ紫円ノ 分量ハ見合ニ三日ニ一下或五日ニ一下ホトツツ疎滌ス ヘシ毎日下シテハヨロシカラス是東洞老人ノ工夫ノ手叚 也彼家ニテハ烏頭ヲ用ヒラレシタレトモ予ハ附子ヲ用ル也 又四逆散類ノモノニモ見ハカラウテ紫円ヲ兼用スヘシ 又虚候オモニ成タル者ニハ十全大補湯類ヲ見合セテ用

ユヘシ又全体ハ下剤ノカケラレヌ症ナレトモ然レハトテ 脱症ト云ニテモナキユヘ参附ヲ用ユヘキコトニモアラス 唯心下ヘシメコミ胸中ヘアツマルコトノ甚シキ者ニハ理 気湯ヲ用テ足ノ立出ルコト毎々アリ
死胎ノ心下ヘツキテ下ラサルモノアリ又下ヘヲチコミ テアルモアリオチコミタルハ産シ易シ上ヘツキタルハ 下リカタキ方ナリ
一婦人産後廿日許ニシテ大嘔吐ヲ発シ数日止ス左胸下ヘ ツキコミテ痛コト甚シ本方呉茱萸湯ニ広東人参三分ヲ加 ヘ用テ妙ニ治シタリ

婦人難産ニ因テ尿道ト精道ト一ニナリタルハ不治ノ症 ナリサレトモ此処後々ニハ痛ハナキモノ也又疝ニヨリテ 淋ヲ患ルコト数年ナルモノナトハ痛ハアルモアレトモ先タ ラタラトトリシメナクオリハセヌモノ也頻数ニシテ渋ル ナドハ多ク疝ニヨルモノアリ陰門タダレアルモノナド ハ内疳ニ気ヲ付ベシ疝ニヨルモノモ四物湯八味丸類ノ 潤剤ヲ用ベキモノアリ四逆散加減ニテヨキ者多キモノ ナリ
産後ノ血暈ハ右ヨリツキコミテフサク故右ヲ下ニ寝サ セテヨシト産科ニテハ云コトナレトモ是其病婦ノ平生寐ツ

ケタル得カタアルモノユヘ左リ下ニスルカヨシト云ハ ハ左ヲ下ニ寝サスヘシカヤウナルヲ強テ右ヲ下ニサス レハ反テ眩暈スルモノナリ
産後昏暈ノ症二通リアリトカクウンウント云ナカラ仰 ムクヤウニスルハ実症ニテ気ツカイナキモノ也ウツム ク方ハ甚悪症ニテ多ハ直ニ死ス此ノ如キモノ予已ニ二 十人モ見及ヘリ血ノ大ニ脱出シタルト左ナキトニハ拘 ラヌモノ也兎角産ノ時ハ努力ノ聲ノ仰山ニ聞ユルヲ佳 トスカヤウナルハ実症故昏暈シテモウツムカヌモノ也襖 ゴシヨリ聞テハ音トモセスヤウヤウ子ノ啼聲ニテ産シ

タルコトヲ知ト云ヤウナルハ大脱症ニテ必変アルモノ也 世俗ニ云通リ青竹モ握リクダクト云ホト勢アルモノハ 佳是ヲ近ク比論スル時ハ痢疾ノ後重ト同道理ノ者ニテ 実症ノ方ニハイキミアリ又右ノ症ニ醋ヲ嗅セルコト無用 ノコト也又産後大脱血シタル者モ必ス死症ニハ限ラス産 前ノ大脱血ニテモ同コト也何モ皆肝火盛ナル婦人ナリ只 ヨク虚実ノ二等ヲ分テ治ヲ施スヘシ産後児枕痛血暈経 候ノ時分ノ腰痛腹痛等ニ五霊脂蒲黄ナト用ルコトハ甚了 簡違ナリ
一婦人産後大ニ欝冒ス色々按摩ナドシタリ黒薬等ヲ用

ユレトモ開ケズ予コレヲ診スルニ胸脇甚苦満シテツヨクコ レヲオセトモキユツトモ云ズシテ動悸モ何ニモナク已ニ吐セ ントスル勢也因テ四逆散ニ生芐紅花ヲ加ヘテ用タルニ 頗ニ開キタリ此紅花生芐ハ全ク瘀血ヘカチテ用タルニ アラズ甘味ノ生剤ヘ組合セテ只肝火ノ上逆ヲムツクリ ト潤シユルメタルモノナリ
産後児枕痛ニ芎帰湯ニ甘草乾姜湯ヲ合シタルヲ用ルコト 先産ノ騒動ニ因テ固有ノ疝ヲ動シコレカ為ニ気モ塞リ 悪露モ亦自然ト滞リ彼是スルニヨリ此痛ヲ発スル也故 ニ此症多クハ疝ヲユルムルヲ以テ先手トス疝ユルメハ

悪露モメクリテ痛ハ自止必シモ悪血ヲ無理ニ世話ニ スルコトニハアラスヨク此理ニ貫通スル時ハ其ヨリ色々 ノワサ付テ来ルコト也スヘテ治術ノ上ニ於テハ先手後手 ノ差別ヲヨクヨク弁セ子ハナラヌコト也先後ヲ取違テハ 病ハ治シカヌルモノナリ
経ノ行ル時ニ灸ヲ止ルハ動スル故ナリ
婦人乳間ノ時ハ両方ヨリヲシヨセテ正シクシテ取ヘシ 妬乳吹乳同シコト也只熱ヲ持テ腫ルルヲ云ナリ
乳相ヲ試ルハ先ツタレチチハ悪シ甚垂レタルハ夏ナト 乳汁クサリテ兒ニアタルモノ也〇不相応ニ乳フサノ大

ニシテ穴一ツアルハ必乳汁ナキモノ也屡試ルニ皆然リ〇 サシ乳ト云モノ佳シ是ニ大ザシ小サシアリ小サシト云 モノサラニ佳シ穴数十四五モアルハ最ヨシ兎角サツサ ト乳汁ノ出ヲ佳トス〇乳ト乳ノ根ノ間行キ合テ其間ノ スカスハ根広キ故佳シ〇ミチチト云ハ甚見知リカタキ モノ也此乳ハ最悪シ是ヲ漢文ニシテ見レハ名ケテ肉乳 トモ云ヘキヤウナル者也至テ美シク青筋立テ佳キ乳ト見 ヘテモトクトヒ子リテ見レハ肉脹シテアルモノナリ肉脹 シテアル故皮肉ノ分ヲツマミ知カタシ此乳ハ汁少キ故 必其兒羸痩スルモノ也佳キ乳ハ何ホド脹リテモ皮ト肉

トハ知レルモノ也〇又産婦ノ乳挟起リカタキモノアリ トカク内へ引込テ表ヘ浮キカタキモノアリ〇産後俄ニ 乳汁ノ多ク出ルハ暫時ニアカルモノナリ三日モシテカ ラソロソロト出ルモノ佳ト知ルヘシ
乳汁通セサルモノ格別ノ子細スラナクシテ只通ントシテ通 スルコト能ワサルモノ也総テ虚実ニ拘ラス極上品ノ天花 粉ヲ葛糕(※)ノ如ク餅ニシ砂糖ナト付テ大抵三斤許食スレ ハ必出ルモノ也此方モト別ニ組合セアリシヲ予カ作略 ニテ一味ノ餅トシ用ユ甚便利ナリ
乳岩ハ不治ノ症也此症悪臭甚シキモノハ更ニ不治也ト

※糕(コウ、こなもち)-ケーキ。こなもち。穀物の粉を他の成分とまぜて蒸し固めた菓子。

知ヘシ甚シキニ至テハ薬紙ニマテ悪臭ノウツルモノ也 一二度モ産シタルモノニ此症アルハ十ノ中ニテ一モナ キト云位ニテ多ハ皆産セサル婦人ニアリ全体七情ノ気 ノ欝結スルヨリ出ルコトユヘ其ヘサシテ瘀血ヲ結ヒテ臭 気強ク成也故ニ多ハ此症ヲ患フ人ハ性質甚綿密ナルモ ノ也其初碁石許アル中ニハ大体ハ知ラヌモノニテ桃ヨ リモ大ニ成テ後知ルモノ也若桃ヨリモ大也ト云ホトニ 成テ後ハモハヤ不治ニ帰スル也其腫ノ凝タル処ハ碁石 ナトノ如ク至テ堅シ是ヲ以テ他ノ腫ト分ツヘシ畢竟堅 キ故ニ岩ト名ケシモノナルヘシ其腫ノ後ニハ岩形ヲ成

ニ因テ岩ト云ニハ非ルヘシ予家祖父ヨリ今ニ至テ三世 ノ間夥シク此症ヲ療シタル中愈タルモノ僅ニ一人アリ 是ハ四十未満ノ婦人或夜臥シテ居テ不図自身ノ乳ヲヒ子 リ見タルニ乳中ニ碁子ノ如キモノアリ是ヨリ気ヲ付ケ テ予カ兄公ニ見セタリ兄公ヨクヨク其ワケヲ説聞カセ 所詮真ノ乳岩ニナリテハ遅シテ七八年早シテ二三年ノ中ニ ハ死スルモノユヘ今ヨリトクト覚悟シテ既ニ死タル意持 ニ成テ家事ヲ抛(※)チホドヨク養生セハ希クハ(※)愈コトヲ得ン カトテ其夫ニモヨク移性変気ノコトトモヲ云キカセタリ其 ヨリ兄公ノ処ヘ一里許アルヲ二三日ニ一度ヅツ見ヤニ

※抛(ホウ、ヒョウ、なげうつ)
※希クハ(こいねがわくは)

来リ其余ハスヘテ慰メ事ノミニカカリテ諸方ヘ遊行シ 且其人門徒宗ニテアリシ故日々寺院ヘマイリナトシ其 間々ニ始終服薬灸治ヲ怠ラスサセタルニ三年ニシテハシ メテ碁子ノ如キモノ消シテ愈ルコトヲ得タリ
婦人帯下ノ赤白モ拘ルコトニハアラスサレトモ兎角白キモ ノモイタツテ臭気ソヨキハ最悪症也水ヲ雑ヘ下スモ甚 悪症ナリ
婦人血塊ヨリシテ腹脹満スルモノ腹皮多ク青筋ヲ見スモ ノハ治シガタキモノ也総シテ形円満ナル塊ハタトヘ初ノ 内ニテモ取ガタキモノナリ

一婦人乳及背ニ流注毒アリテ甚憔悴シタルカ一日左臀 大ニ痛ヲ発シ皮肉ノ中鎗ニテツカルル如シサレトモ腫物 ニナルベキ容子ナドモ見ヘス又ザクザクト痛ニテハナ シ右ニ因テ少シモ起臥スルコト能ワズ小便頻数身ニ寒熱 アリテ絶食シ困苦ココニ極ル予コレヲ熟診スルニ左臍 旁一ノ疝塊アリテヨクコレヲオセバ臀ヘツキヌク如シ サレトモスベテ腫ルルコトナシ故ニ四逆散ニ呉茱牡蛎劉寄 ヲ加タルヲ用ユ三日ニシテホツクリトユルミ諸症失スル 如シ唯其流注ノ毒未ダ全ク愈ザルノミ也此気味合ノ病 人甚多キモノニテ其持カカリノ症ニ拘ル寸ハ必誤ルモ

ノ也カヤウナル病人ハヨク彼此ヲ引合セ見レバ腹脈言 語精神ナドハ苦ム処ヨリハヨキモノナリ肝気ノ所為ニ 因ル者ハ兎角極虚ノ如ク見ヘテ思ノ外ナルアリ又実ニ 極虚ノ病人ニ至テハ彼此引合セテ算用ノ合ヌハ甚恐ル ベシ
松原才次郎門人橋爪順治ト云シ人療治ニ或婦人ノ髪中 ヨリ火ノ出ルヲ治シタルコトアリ其人梳ルコトニハツハツ ト火ノ出ル音アリ夜ニ至テハ音ノミナラス火多散リ出 タリ其薬方ハ始終三黄加石ニテ全ク愈タリ又予カ知音 ノ処ノ婦人或時下ニハ白羽二重ノ下着シテ上ニ袷セ(※)ヲ着

※梳(ソ、ショ、くしずける、すく)
※袷セ(あわせ)-裏地のある和服のこと。

テ外ヘ出テ帰リシニ下ト上トノ着ルモノ何トナク引付 タルヤウナル意持ニテ是ヲ引ハナスニベリベリトモシ ソウナル気味合アリシヲ脱カヘナルトテ其衣類ヲ闇処ヘ 投シタルニ忽チハリハリト火出タリ其人不審ニ思テ又 湯具ヲ脱テシコキ見ルニ大ニハラハラト火ヲ出セシコト アリ其後モ毎々右ノ通リ也ト云故ニ予或夜行テ見ルニ イカニモ相違ナシ強テ湯具ヲモシコカセテ見タルニ悉 ク火ヲ出セリ此人初ヨリ吐水ノ症モアリ予紫円ヲ用テ 全治シタリ其後モ此症ヲ患ル人数々見及ヒタルコトアリ 是皆肝火強キ人也其人ノ肌肉ノ肥瘠ニハ拘ラス何トナ

ク肌肉シマリテ肝火ニテハル気味ニテヌメリアルアン ハイアリ此肌アンハイヲトクト見覚ヘテ後アレコレ右 ノ症ヲ見出シタリ
小児臍帯ノ太キモノハ天稟ノ強也細キハ薄弱ナルモノ ナリ臍帯ノ切ヤウハ古来ヨリ其寸法ナトムツカシク云 ヘトモタワイモナキコト也長ク切テモ短ク切テモカマワス モノ也去ナカラ一通リニテスム処ハ強キ世ニ背ストモ 俗ニ従テ可也然レトモ間ニハ日ヲ経テ後ニテモ長過テ爛 ナト付害アルハ切ヘシ畢竟是ハ中ヨリ通シタルモノニ ハ非ス造化ノ功ニテ臍ノ処ヘ假ニヒツ付ケタルモノト

見ユ故ニ長ク切テモ短ク切テモカマワヌモノ也果ノ蒂 ノ如キモノナレトモ果ノ蒂ハ中ヘ通シタル処アリ臍帯ハ 其トモ違ト只上ニヒツ付タルモノ也此切ヤウノ長短ニ 因テ性命ニカカルナト云ハ尤妄説也前方一小児三十二 三日モ臍帯脱セスシテ殊ノ外苦ミシアリ産婆ノ細工ニテ 甚長ク切タルヲ帋ニテ包ヲキタル故一ツニ成テ諸方ヘ カラミ付正中ニ茎ノヤウニ成テ立タル処ヨリクルクル ト盤屈ノ甚堅ク成タルカ下ノタタレテアマハタニ成タ ル処ヘアタリテ痛甚シキ故昼夜啼トヲシテ居タリ即大 アル剪刀ニテ其茎ノ如キ処ヨリハサミ切取ツ手ノヤウ

ニ残ヲイテ滑石黄柏ノ末ヲ付タレハ其翌々日ニ脱シタ リ紙ニテ包ヲイテモ堅ル拍子ニテヂリヂリトチヂミテ 盤屈スルモノナリ又臍帯ノ太キハ脱スルコト遅キモノ也 臍帯脱スルコト遅キモノハ是カ為ニ甚痩ルルモノナリ 臍風撮口ハ初ニ下シテ胎毒ヲヌカヌ故其ヘ肝気ヲシメテ 上衝スル也初ニ胎毒ヲ下スコトヲセスシテ只五香辰砂ナト 用ヲケハ得テ此患アルモノ也此症ヲ臍ヘ風ヲ受ルヨリ 成ルト云ハ甚了簡違ナリ
小児ノ臍ノ甚突出シタルハ臍帯ノ盤出シタル時引ハリ 甚シキニ因テ也シカモ其引ハリ出シタル処ヘ水気ノ伏

スル故突起スル也脱スルコトノヲソキハ堅マラヌユヘ也 又大人ノ臍ヨリ水ノ出ハ灸及腫物ナトノアトノ付タル 処ヨリ汁ケノ出ル如シ
総シテ人ノ臍ノコトハ千金已来晩近(※)ノ医書ニ至マテ叚々大 切ナルモノトシテアレトモ全ク腹中ヘ通シタルモノニテ モナクサホド恐ルヘキコトニ非ス上ニモ云ヘル如ク胞衣 ノ貼レタルアトニテ畢竟柿ノ蒂ノ如キモノナレトモ中ヘ ハ通テナシ其據(※)ハ一貴人ノ御簾中妊娠ノ時始終診ニ出 タルニ月ノ累ルニ随イ叚々臍ヲハリ出シテ後終ニ臍ノ 形ナク只一面ニヌンメリトシタル常ノ腹皮ハカリニ成

※晩近(ばんきん)-近ごろ、最近の、数年来、ここ2、3年。
※據(キョ、コ、よりどころ、よ)-よる。たよる。よりどころ。あかし。

リ少シモ凹キ処ナクシテ悦澤(※)ナル中ニ鼠色ノ痕アルハカ リ也此時老女ナト奇怪ノ臍ニ成ラセラレタリトテ甚気 ツカイシカト苦シカラサル由云置シニ分娩サセラレテ 後ハ旧ノ如凹ナル臍ニ成リテ中々引ハリテ見テモ底ノ 深サハ知レス其後モ御産ノ度コトニ右ノ通リ也是ヨリ シテ妊婦ニ遇コトニ気ヲ付見ルニ今已ニ六人右ノ通リナ ルヲ見及ヘリ臍ノ腹底ヘ通ノナキト云コト是ヲ以テ知ヘ シ若又腹底ヨリ柱ノ立タル如クツキ通テアルモノナラ ハ胎ノ長スルニ随テ臍ニアタツテハリ上ルコトモ成リカ タキ道理也又腹脹ノ病人臍ノ突起スルモノハ其処ヘ多

※悦澤-意味は不明。悦懌(えつえき)の誤記であろうか。その意味は「しこりがほぐれてよろこぶこと」。

ク水気ヲ持故也左モナキハ一面ニハツトナル故此症モ 甚ニ至テハ臍ノ形ヲ失スルアリ兎角腹ノ皮ノ狭キ婦人 ニ臍ノ開コトアリト知レ
小児胎ニアル時乳ヲスウテヲルト云ハ俗間ノ妄説也天 地自然ノ道理ニテ胎内ニヤトル中ハ別ニ乳食スルモノ ニハアラス只自然ト造化ノ気ニテソタツ処ノモノ也是 タトヘハ猶冬ノ時分蝦蟇蛇ナトノ穴ノ中ニ蟄シテ居テ何 ニモ食サルトモ生テアルカ如キモノ也故ニ胎内ニ在ルウ チハ所謂先天ノ気ニテ化育シ出生シテ後ハ後天乳食ノ 養ニ因テ成長ス是ヲ以テ出生シテヨリ後ハ乳食ヲ与テ

後天ノ養ヲ成サル時ハ必死ス然ルニ臨産ノ時今乳ノ口 ヲハツレタリナトト産婆ノ云フハ畢竟其ワケヲモ知ス シテ自欺ト云モノ也小児胎中ニアル時ハ上ニ一皮袋ヲカ フリテ居テ上下左右トモニ包マワシテアルモノ故決シテ乳 ヲクワヘテヲルモノニ非ス故ニマサニ生レントシテ産門 ニ臨タル時努力ノ勢ニテ其袋ハチリトサケテ水ヲ出ス 是ヲ破水ト云俗ニ戸アケテ云此水ハ何ニカ敗濁ノ者也 其ヨリ頭ヲ出シ生ルルユヘ袋ハアトニテ胞衣ナトノオ リルトキ追々ニ下テシマウモノ也又流産月ノ足ラスシテ 生レタルモノニ袋子トテ小キ袋ニツツマレナカラ生ル

ルアリ又賀川玄悦ノハナシニ半産シカカリタル時袋ナ リニ陰門ヘツマルアリ其時努力ノハツミヲ見合セ爪甲 ニテ其袋ヲツミキラ子ハナラヌコトアリ余ホト厚キモノ ニテ容易ニ切レカタク努力シテハリカケタル処口ヲ切コト ニテハツミナキ間ニハ柔ニシテ反テ切レスト也又胞衣ハ 全体臍ヨリツケ出シテ陰股ノ内ヲ後ヘ引廻シテ背ヨリ 頭ノ上ヘカフリテヲルモノナレトモ是ハ生ルル時ニハ色 色ニ子チレテアトヘ残ル也又初妊シテヨリ月ノ累ルニ随 テ色々ノ物ノ形ニ似タルナト云ハ尤俗説ニシテ取ニ足ラ ス十月マテノ間月々ニ形ヲツギタスヤウナルコトニテハ

最アトヨリ出キタル処ハ未熟ニテモチナヤミモシニク キ道理ナレトモ全ク左様ノコトニテハナク天地自然ノ妙理 ニテ已ニ両精相カモシテ胎ヲ結フ時ハヤカテノ内人ノ 形ヲナシテモハヤ五月ニモ至レハキツト耳目口鼻マテ モ具レトモ只其アタリニテハ目モ眠リタル如ク爪甲ナト モ其形ハ有テイマタ堅固ナラサルマテ也サレトモ妊娠ノ コトハ実ニ造化ノ妙理ニテ其至レル処ヲハ私智ヲ以テ測 リカタキコトアリ臨産ノ時横骨ノ開タル処ノ様子ナトハ 甚仰山ナルモノニテゾツトスルホトノエヤウニ成テア ル也然ルニ十分ノ時節至ラサル内ハ彼上ヨリツナキモ

セス下ヨリ別ニサシ上ケテモナキモノガ下ヘヌケ出モ セスシテ堅固ニ月ヲ保ツ処ナトハマコトニ妙ナル具合ト 云ヘシ
小児生下シテ三日メニ乳ヲ付ケ其間ハ薬汁ヲ飲セヲク モノ一通リ定リタル処也大抵三日外マテ乳ヲ付ズシテヲ クコトハナシ初生小児ノ取アツカイハ兎角唐ノ開元天宝 ノ時分ノ法方妙処アリト知ヘシ
小児生レ得テ胸膈ニ病ケナキモノハ生レヲチタル日ヨ リ乳ヲ付テモ苦シカラス薬モ一通リ甘連紅花大黄或俗 ニ用ル款冬根〔フキノ子〕(※)ノ苦カキモノナトヲ飲セヲイテモヨシ只

※款冬根(かんとうこん)-キク科タンポポの根。

先天ヨリシテ胸ニ病ケノアルモノハ中々右ノ取アツカイ ハカリニテヲイテハ後日ニ必ヨロシカラズ故ニ乳モヲ ソク付テ随分紫円ナト用ヘシ其ワケイカニト云ヘハ先 上ニモ叚々云通リ胎内ニヲルウチハ袋ニテ包マワシテ アルコトユヘ時々ニ乳味ハスワ子トモ其袋ノ中ニテハ何レ 敗濁ノモノニマミレテアルコト故病アル児モ病ナキ児モ 自然ト其敗濁ノモノ咽ニ下ル也サレトモ根元胸ニ病ケナ キハ上下ノ気ヨク通スル故其穢物下モヘサハケル故生 レテ後モ早速ニ二便トモヨク通スル也此ノ如キハタトヘ 其日ヨリ乳ヲ付一通リノ苦キモノノ類ヲ飲セヲキテモ

害ナシ彼元来胸膈ニ病ケアル児ニ至テハ胸膈ノ気閉テ 上下隔塞スル故穢物モ必停畜シテ生レテ後モカニババ(※) ナト通セズ小水ナトモ通シアシキアリカヤウナルモノ ニ早ク乳ヲ付レハ胸膈益不サハケニナリテ穢物弥滞ル 也又薬モ一通リノコトニテハヨロシカラス故ニ紫円ヲ用 レハ必大ニ穢物ヲ吐下スル也此通リニ取アツカイヲク 時ハ成長シテ必無病ナルモノ也畢竟胸膈トチタル処ヲ 紫円ニテズツト穴ヲツキトヲスユヘ上下ヘサシテサハ ケル也是即チ胎毒ノ根元ト知ルヘシ彼俗説ニ生ルル時 ニ瘀血ヲ飲ムコレ胎毒ノ根元ナリト云ハ一向ニワケヲ

※カニババ-蟹屎。かにくそに同じ。新生児が生後初めてする大便。黒くて粘りがある。胎便。

知サル故ナリ
小児初生ノ時大抵虚弱ニ見ユル位ノモノニテ実ニ至極 ノ虚弱ト云ニテサヘナキ物ナラハ乳ヲ付ヌ中ニ紫円ニ テヌクヘシ此ノ如クスレハ後必丹毒変蒸ナトノ患ナシ 其用イヤウハ蜜子リノ紫円一粒山椒一粒許ナルヲ蛤殻 ニ湯少入コレニテトキ一旦一粒用テアトニテヨク湯ヲ ノマセ吐瀉ヲ取リテヨシ用テ後面ヲ赤シテ啼モノ也其間 ニ甘連紅花ナト兼用シテ乳ニ代ユ此ノ如ク用ルコト三日ニ シテ初メテ乳ヲ付レハ後甚健ナル者ナリ
凉膈散ナトハ全体熱服スルハ悪シシ冷服ヲ佳トス

紫円ハ千金ノ分量ハ宜カラス巴豆少キ故余リホドヨク 下ラズ又赤石脂ノ代ニ鉄粉ヲ用ルコトハ赤石脂ノ佳品ナ カリシ故東洞家ニテ始メラレシコト也此方別ニ一家ノ分 量アリ
小児先天ヨリ受来テ早ク発スルトコロノ病ハ何レニ毒 ハツヨケレトモイマタ陰陽ノ道ヲ知サル内ニ療治スレ ハ毒ノヌケヤスキアンハイアリ是下元ニ欠タコトナキ 故ナリ
肝ハ東方ノ木ニテ其色青シト割付タルモ廃斥(※)セラレヌ コトアリ其証拠ハ平日肝気ノ高キ人ハ青キ菜類モ食セサ

※廃斥(はいせき)-排斥。受け入れられないとして、押しのけ、しりぞけること。

ルニ青キ大便ヲスルコトアリ又小児急驚ナトワツラヘハ 必青キ便ヲ通スルモノニテ其便色ノ青キ中ハマタ引付 ハ出ルモノ也黄色ノ便ニ変シタラハモハヤ引付ハ出ヌ ト知ヘシ是大事ノ心得也又小児平日ニ肝ノ動ク時モ青 キ便ヲスルモノ也又今世間ニテ云小児中暑病ノ引付ト トハ少シ右ノトハ一例ニ云カタキ処アリ
小児胎毒ト云ハ先天ノ毒ニテヤハリ胎中ニアル時叚々 ト母ノ食毒ヲ受又穢濁ノモノヲ自然ト吸コムニ因テ也 是ヲ生ルル時ニ瘀血ヲ飲ユヘト云ハ今一イキ拘リタル コト也総シテ児ノ成長シテ後此症ヲ診察シ得ルコトハ兎角血色

ヲヨク見覚ユルニアリ内ニイカホト胎毒アリテモ未タ 表分ヘ発セサル内ハ見ヘカタキモノ也格別ニ色ノアタ 白キモノナトニ多此症アルモノ也又至テ黒キニモアリ 又至テツヤツヤシキニモアリヤハリ毒ニ因テ反テツヤ ツヤシク見ユルモノ也コレヲ要スルニ唯ヨク毒色ヲ認 得ルコト第一也此症毒心胸ヘ付モノナトハ腹候モ診シカ タシトカク心胸ヘ入コミタル毒ヲ診フニハ肋下ヘ指ヲ 横ニヤリテヨクヨクオシテ見ルヘシ上ヘスツト上ツテ アルト左マテニナキトハ分ルモノ也一小児此症ニシテ心 胸ヘ聚リ其聲鼾キスル如シ此等モヤハリ馬明湯ナト用

ユヘケレトモ全体薬キライニテ其上部ヘツヨク聚リテア ルユヘ麻杏甘石ヲ用ユコレニ因テ其毒面部ヘムラムラ ト見レタリ又所謂遺毒ノ症ニテ父母ノ疳瘡ノ毒ヲ受来 ルモノハ至テ難治也多ハ其小児ニモ疳瘡ナトヲ生スル モノ也是ハ畢竟父母ノ湿毒ノカタマリトモ云ヘキ者ユヘ 治シ難キ也肝癖アルノ人ハ平生チヨチヨト痩タリ肥タ リスルモノ也是ハ実ニ然ルニハアラサレトモ癖物ノ沈ム ヤウナル時ハ肥肉ヲシメヨセルユヘ痩タルヤウニナリ 癖物ユルメハ又ツヤツヤシクナルナリ
小児口舌アレテ乳ヲスイ得サルモノ多シ是肝ニカカル

コト也古ヨリ舌ハ心ノ苗也ト云ヘリ肝火心ニカカルトモ云 ヘシ鵞口瘡類総シテ舌ノアレルニカタベニト藍殿(※)ヲ等分 ニ合シタルヲヌリテ佳シ内服ニハ抑肝加芍ナト用ルモ 佳此カタニテ取アツカウ方ノ理気湯最ヨキ也
初生ノ小児通例ノ五香ハ先用ヘカラス其ヨリハ甘連ニ 紅花将軍ヲ用テ佳シ
重舌ハ舌下ノツリノトコロヲヨケテ針シテ血出セハ愈ル モノナリ
木舌ハ舌強リテモノ得イワヌモノ也是ニ二種アリ肝気 ニテ引ツルモノハ似テ非ナルモノニテ偽症也此症ト真

※藍殿-藍澱か。

ノ木舌トヲヨク見分テ療治スヘシ真ノ木舌ハ肝気ニテ ツルニモアラス何ニカ知レスシテ強ルモノ是也胎毒アル モノナラハヤハリ馬明湯ナトヲ用ヘシ
岐阜屋八郎兵衛者子三人アリ初二人トモニ皆胎毒強カリ シ故初生ヨリ三歳ニ至マデ何モ紫円ヲ用テ健ニ成長セ リ近コロ生レシ女子モ丈夫ニハ見ユレトモ初二日マテ一 向ニ啼コトナシ只時々ニ吐下スルバカリ也故ニ其胸サキ ヲオセバ頭ヲフリ頚ヲスクメナドシテシバラクシテドツト 吐スルユヘ見ルニ皆薬汁ナドノ叚々胃口ニタマリタル モノト見ヘテ茶碗ニ一ツホドモ吐テヨリ啼出セリ勿論

初ヨリ甘連紅花大黄ノ擺(※)薬ニ紫円ヲ兼用スレトモ二日メ ニ至リテモ小水一向ニ通セズ故ニ陰器ヲ気ヲ付テ見ル ベシトテ尿道ナドヲ見サセタレトモ全体女子ノ生レシ寸 ハ其陰器腫テアルモノユヘ十分ニ見ヘズ一医来リテ按 腹シタレバ少シ通シタレトモ十分ニ出ズ時ニ辻井勾當ナ ル者来リテ云フ母ニ帯下多キモノハ生下ノ児其帯下ニ テ正白ナルモノ也且其児ノ陰器ヘモ右ノ帯下ノモノツ マリテ通利セザルモノ数々覚ヘアリトテ小キ鳥ノ羽ニ テ陰器ノ溝ヲ上下ヘナデサセタルニ烟管ノ吸口許ナル モノ二三本取出シコレヨリシテ大ニ快利セリ此等ハ最兼

※擺(ハイ、ひらく、ふるう)-①ひらく、おしひらく。②ならべる。③ふるう、ふるいおとす。

テ心得アルベキコトナリ
総シテ薬ハサイサイアタタムレバ薬勢ヌルク成モノ也 小児腋下及内股ナドタダルルモノ古キヨキフトンナド ノ中ワタノ狐色ニナリタルヲフツサリスルホド取テ先 タダレシ処ヲ湯ニテ洗テヨクヌグヒ其アトヘ右ノワク ヲハサミククリテヲケバ妙ニカハクモノ也綿ハ随分モ メンワタノ古ク成タルモノヨシ
大人小児鵞口瘡類ノモノニ藍澱乾〔アイツボノ上ノアハ〕胭脂(※)等分ニシテ塗テ妙 也〔門人某生云此薬乾キタルヲ用ル寸ハ上品ノ蜜ヲ入筆頭ニテ塗テヨシ此症便秘スルモノ芒黄ニテ通セサルニ犀角玄参升麻ノ類ニテ妙ニ通ルコトアリ〕

※胭脂(エンジ)-臙脂(エンジ)、紅色の染料。頬につける紅。

小児風邪ニモアラスシテ寒熱アリテガミガミト云イ物ニ 驚キ易キモノ或メツタニ怒リナトスルモノニテ一通リ 浄府湯ナト用ルト云ヤウナル処ヘ抑肝加芍ヲ用テ甚効 アリ浄府湯ハ別ニ用ヒ場アル薬也是ハ柴芩ノ類ニテ上 ノ飲ヲスカシ四苓ニテ下ヘヌクノ手叚ナリ甚妙ナル処 アル方也又苦味ハカリスカスモノトハ思フベカラス甘 味ニテスクモアリ苦味ニテスクモアリ此具合ヲヨクヨク 合点シテ用覚ヘ子ハナラヌコトナリ
小児ヲオタテレバ甚笑フモノ也是ハ実ニオカシキニハ 非スヤハリ恐ルルナリ心得アルヘキコト也

俗ニ白ロ子ト云モノハ白癩也
小児ノ聤耳〔ミミダレ〕ハ胎毒ノ所為也得テハ是ニテ耳聾ニ成モノ ナリ
小児夜ニ至レバ甚タ体ヲ痒ガリ風疹ノ如キモノ多ク出 ルアリ是皆毒ニ因テ発スルモノ也馬明湯ナラデハ治セ ヌモノ也
小児生レ立ヨリ陰嚢偏墜スル者ハ先天ノ毒強キ故治シ 難シタトイ生レ付ニテナクトモ幼年ノ内ニテイマダ腎元 ヲ損ズルコトモナキニ発スルハヤハリ先天ノ毒強キモノ ユヘ治シ難シサレトモ大人ト違イ未ダ陰陽ノ道ヲ知ズシテ

下元ヲ損ゼザル故毒ハ強クテモ反テ治ヲナシ易キ場モ アル也何レニ偏墜シタルモノナドハ劉寄奴入ノ剤ナド ニテ程ヨク取アツカウベシサレトモ又偏墜シテ居テ其上 ニ皮膚痒シテ掻ケバ疹ヲ発スル症モアル者ナドハ先其胎 毒ヨリスルヲ先手トス馬明湯ナド用テ胎毒サバケレバ 其拍子ニ疝モサバケルコトアリ
小児脱肛モ何レ腸中及脾胃ノ気薄キヨリスルコト也其中 格別ニ孔ノヒロク大ニシテ箇ノ出入自由ニナリウツムキ テ人ニ札シテモ出ルト云ヤウナルハ不治ノ症也翻花シテ 末大ニ成テアルハ治スヘシ

尿牀ノクセアル人臍上一寸一穴臍下一寸一穴天枢二穴 神闕一穴臍カヘシ一穴已上六穴日ニ灸スルコト毎一穴五 十壮已上病愈ルヲ以テ度トス
小児吐乳止サルモノニハ古渡上品ノ丁香皮ヲ何ノ方ナ リトモ対症ノ剤ノ中ニ加ヘ用レハ妙ニ止事アリ
小児初生ノ時薄弱ニ見ユルモノモ只虚ノミト思ヘカラ ス多ハ胎毒ニヨリテ薄弱ナルヤウニ見ユルモノ也予カ 長女初メ生下シタル時其形至テ小クシテ甚虚弱ニ見ユ故 ニ人皆以テ天稟ノ薄キモノ也トス予謂ク全ク然ラス是 胎毒ニ因テ然ルモノナリト即初生ノ日紫丸一粒ヲ用ユ

第二日且(※)ヨリ暮ニ至テスヘテ通気ナク全身色白ク成テ 死シタルモノノ如シサレトモ呼吸イマタ絶セス其腹ヲ候 ヘハ心下ニアタリテ動気アリ予又謂ク是畜毒ノ成ス処 也ト即又紫丸三粒ヲ用ユレハ心下クツト下リテ面赤ク ナリ甚瞑眩シテ頻ニ啼キ大ニ黒物ヲ吐下ス其翌日亦不通 也因テ又三粒ヲ用ユ已上三日ヲ経テ已後両便快利シ全 身赤色ヲ見シテ漸々ニ生長セリ
馬脾風麻疹丹毒ノ三種大略治法ヲ同クス其内馬脾風ハ 少シ別ニ取アツカイアリ先丹毒ハヤハリ凉膈散加石羔 ナト用テヨシ兎角熱毒ヲ急ニヌカ子ハナラヌコトニテ油

※且-文脈から「旦(あした、あさ、あけがた)」であろうか。

断スレハ必内攻スルモノナリ敷薬ニハ石ミカハ〔カイルノソラ カキノ方ニアラスヤハリ一通リノ石ミカワニテ上ニ刺ナキヲ云即ミゾソバ一名タソバト云モノ是也〕一味 生ニテ黒ヤキニシ冷薬ニテトキ付ルナリ又馬脾風ハ脾 肺ノ熱ニ因ルコト也其薬方ハ軽紛甘遂末ノ二味ニテ急ニ 頑痰ヲバトスカ主也此薬二三歳ノ児ニハ少シキ匕ニテ 二三分ホト用ユヘシ右薬分量ハ甘遂末ヲ大抵烟管ノ皿 ニ山モリ一ハイホトニ軽粉ヲ三分一ホト入ヨクオシマ セ猪口ニ水ヲ入コレニテトキタテ用ユ度数ハ見合ニス ヘシ若甚急卒ナル時ハ紫丸備急円ノ類ニテ下シテモヨキ モノナリ

痘ノ療治ナトモ随分至テ簡約ニ取マワシテスムモノ也 最初ニハ先升麻葛根湯類ヲ用ルカ一通ノアタリマヘ也 サレトモ三日マテノ中ニ毒勢甚強キモノハ下剤ヲ行フヘ シ紫丸ヲ用ル症モアリ又至テ虚白ノ痘ヲ発スル児ハ必 平生ヨリ皮ウスニシテ色白キモノ也俗ニカヤウナル児ハ 軽痘ヲスルモノ也ト云トハウラハラニユクモノ也甚モ ノハ後ニ必豆ヲ水ニ浸シタル如クナリテツブレルモノ アリ此ノ如クナルハ其初見点ノ時分甚紅ク美シスキル 也即コレヲ名テ嬌艷ト云甚悪症也此症ハ灌膿ヨリモ前 ノ処ニテ早ク附剤ヲ用ヘシ薬方ハ何レナリトモ見合ニシテ

※嬌艷(キョウエン)-なまめかしくあでやかなこと。

附子ヲ加ヘシ畢竟オモニ附子ノ力ヲカルコトユヘ方ハ見 ハカライニテヨシサリナカラ此症附剤ヲ用ル中附毒ト 熱毒ト相カモシテ痒ミヲ発スルモアリカヤウナルハチヨ ト中ニテ一日許大連堯飲ヲ用テ痒ミ止メハ直ニ前方ニ モドスコト甚大事ノ手叚ナリ又毒至テ強キモノニシテ其痘 石ノ如キナトニハ始終凉膈散加石羔ヲ用ツメテヨキモ ノモアリ
土州(※)ニテハ痘瘡ヲ患ル児ニ糯(※)米ヲ食トサセル処アリ又 薩摩ニテハ野猪肉ヲ煮テ用イ又野猪肉ノ塩ツケヲ或ア フリ或煮テ用ユ甚ヨク痘ヲ出スモノト也サレトモ毒気甚

※土州-土佐の別名。
※糯-もちごめ。

強キモノニハ糯米ナトハ忌ヘシ一通ノ処ヘハ糯米ナト 用レハヨク出ルモノ也痘ハトカク食サヘヨク進メハ気 ツカイナキモノ也
痘ノ発熱ノ間ハ日数ニハ入レヌナリ
痘ニ疹ヲサシハサムモノハ解毒スベシタトイ下利ナド アリテモヤハリ解毒ニテ其下モ止モノナリ
一児七歳ノ時痘ヲ患フ其瘡六分許ノ症也結痂ノ比ニ至 テ或日七ツ時分予往テ診察シタルニ何事モナカリシカ 其夜俄ニ変ヲ告テ予ヲ招ク予即時ニ往テ見レハ両医予 ニ先テ至ルアリ一老医即予ニ云ラク痘家今既ニ走馬疳

ヲ発シテ殆ント救ベカラサル状アリト予甚是ヲ疑ト云ヘ トモ云々シテ其ヨリ入テ親シクコレヲ診視スルニ口ノ正 中ノ処烟管ノ吸口ホト開テ其両方ハ閉テアリナヲクワ シク視ルニ膿水ナトニテ閉合右ノ通リニ成タルモノナ リ其ヨリ前彼老医ノ息散薬ヲ進メンヲ主人ヤカテ児ノ 歯齗ニ塗タルカ膿水ト相粘着シテ歯齗ノ外一面ニ塞リテ 口ヲ開コト能ス予兒ニ問テ曰食ヲ思スヤ兒曰食ヲ思ヘトモ 口開コトヲ得スト其声至テ微ナリ予即水ト鉄漿(※)ヲ付ル筆 トヲ取ヨセテ其ニテヨクヨクウルヲシテコケ付タルモ ノヲ引メクリ歯齗ノ外ヲモトクト掃除シタレバサツハ

※鉄漿(おはぐろ)-お歯黒に用いる液。酒に鉄片を浸して酸化させたもの。

リトシテハグキ唇ルトモニ紅色ヲ見シ即時ニ大指頭許ナ ル焼飯十箇ヲ食シタリ扨其間座舗ニテハ彼老医予ガ手 ヌカリニテ右ノ悪症ヲ生シタルヤウニ云且其身ノ早朝 ヨリ来ラザリシコトヲ残念カル由ナドヲサマサマニ病家 ニ阿諛シ予ヲ謗ルノ聲聞ヘタリ然トモ予ハ知サルマ子シテ 徐々ニ其席ニ進ミシカハ彼老医予ニ云フ変症此ノ如キ ハ救ヘカラサルニアラスヤ如何ト予答云今タノ変症定 テ走馬疳ナリヤ曰然リ予曰吾カ見ル処ハ然ラス故ニ法 ヲ以テコレヲ救ヒ既ニ全治スルコトヲ得タリ曰食ノナラ サルヲイカント予因テ具ニ其状ヲ陳レハ老医赧然(※)トシテ

※赧然(たんぜん)-恥じて顔の赤くなるさま。赤面するさま。

言ナシ予又主人ニ云ラク凡医ヲナスモノ病ヲ診候スル コト麤漏ナル寸ハ此ノ如キノ誤アリ慎サルヘケンヤ今ク コトノ如キ医ノ麤漏ヨリ起テ大ニ人ノ親タルモノヲ惑 ハシメ且予ヲシテ夜中来リ至ラシム是其本ヲ原ヌル寸 ハ其老医ノ息ノ薬ヲ遺リ主人ノ用タルニ因レリト云云 予カ郷一農家ノ妻兒ヲ抱テ釜下ヲ燃ヤシ居タル中不図 見ルニ兒ノ鼻下ニ一小点アリ草ヲ燃シナカラ見レハ其 点已前ヨリハ大也見ルコト屡スル中漸々大ニ成リ歯齦ニ 至マテ黒色ヲ見ス因テ其人愴惶(※)トシテ予カ本家ニ至リ涙 ヲオサヘ兒ヲ擁シテ命ヲ活センコトヲ請フ其時既ニ上唇

※愴惶(ソウコウ)-あわてふためくさま。あわただしいさま。

腐爛シテ歯齗脱落シタルヲ予カ先大人初備急円ヲ用テ 後凉膈散ヲ投セラレシカハ愈タリ久シテ後復唇トハクキ ヲ生シタレトモ甚フツツカナル口モトニ成テ十歳許マテ ハ達者ニテ居タルカ後疫ヲ患テ死タリ
凡医ヲ学者尤心得ヘキコトハ我芸術ヲ以テ人ニ矜(※)リ人ヲ 挫カント云ノ了簡アリテハ芸術ハ上達セヌモノ也我芸 能ヲ以テ人ニスレアタルト云処ヨリ入テハ何分ニモ真 ノ道ニハ入ラレヌモノ也此故ニ総シテ主人ヲモチ奥務メ ナトスル者ハ尤其心得アルヘキコト也中間朋友トモスレ合 忌嫌フ気質アリテハ其アゲグニハ得テ闇ウチ又ハ鎗ダ

※矜(キョウ、キン、カン、あわれむ、つつしむ、ほこる、やもお)

マニアカルト云ヤウノ患アルモノ也諸人ヲ挫キ我独リ 進コトヲ得ントシテハ向フ処尽ク敵ト成ノ道理也左様アリ テハ彼仁者ハ天下ニ敵ナシノ聖訓ニ戻ル故決シテ他人ヨ リシテ立テサセヌモノ也カヤウナル時ハ大ニ人ヲ失フモ ノニテ他人ヨリモ必好キコトハ聞カセクレサルモノ也若 諸人ニ見ハナサレ独モノニナリテハタトヘイカホト技 芸アリトモ受用ルノ人ナケレハ施用ユヘキ処ナクシテ終ニ 己カ身ノツマリトナルモノ也全体人ニ勝ンコトヲ主意ト シテ修業シテハ根元ノ処真ノ道ニ違戻ル故芸術モ亦必真ノ 地形ニ至ルコトハナラヌモノ也ヨシ又己カ芸能格別ニ人

ニスクレタルコトアリトモ其ハ一分ノ宝ナレハ自ラ珍重ス ヘキコトニテ何ニモ人ニホコリ人ヲトリヒシクヘキ為ノ 道具ニハアラス然ルヲ諸人ヲ忌ミ子タミテ敵トシテハ 己カ量モ日々ニ狭小ニナリテ其屓ヲシミノ処ヨリ人ノ 善キ訓モ受ルコトヲ忌ムヤウニナリ人ヨリモ亦益ヲ付テ クレヌモノ也兎ニ角ニモ人ヲ妬ミ人ニホコルハ宜カラ サルコトユヘ相カマヘテ慎ミ嗜ムヘシ然レハトテ謙遜ニ モ亦大抵程ノアルモノ故余リ分ヲ過テ我ヲ包ミ廻シメ ツタ下リニスルモ反テ阿諛スルニ似タリ故ニ兎角アリ ベカカリ(※)ナルヲ第一トスヘシ何モ角モ此方ノアリベカ

※アリベカカリー「あるべきかかり」の音の変化。①通り一遍であるさま。型どおり。おざなり。②ありのまま。③手当たり次第。やたらむしょう。

カリニシテオレハ腸一ハイノ器量ヲ向フヨリヨキホト ホトニ見取テクレルモノ也又総シテ人ニ物教ルコトナト吝 惜スル人ニハ自然ト人モ見限テ離ルルヤウニナリ吝マ サル人ニハ草履ヲツカミテナリトモ受タク思フハ一通リ 指アタリタル人情ナレトモ物学フ身ヨリハ其吝ム人ニモ イカヤウニモシテ学ヒ得ルヤウニシタキモノ也然シテ吝 ム人ニ我愛相ノ尽ル処ヲ以テ己ヲ省ミ人ニ吝マサルヤ ウニスヘシ又人ニ善悪モヨク気ヲ付テ見ル時ハシハラ ク話シテオル内ニ大抵知ラルルモノニテ向フノ気ハイ ノ出ル処ニテ分ルモノ也古語ニモ一言以テ智トシ一言

以テ不智トストアリテチヨツト話スル内ニモヨク其ア ンハイニ気ヲ付テ見ル時ハ其モヤウニテ知ルル也兎角 スツト真一文字ニ出カケルハ善キ人也前ニ障子ヲ立テ 其内ヨリ出ツ入ツスルヤウナル気ノ人ハ必悪キモノ也 然トモ中ニハ又何分一度二度ノ応接ニテハ一向ニ端倪セ ラレヌ人モアルモノニテ此ハ極テ善キ人カ最悪キ人カ 也兎角人ハ実意深切ト云モノ第一ノ事也是ヲカタク尽 テ見ル時ハ即忠也コノ忠ヲ立ヌク時ハ岩ヲモ通ス処ノ 力アリト云ヘシ
一人平日ヨリ甚花ヲ好ムノ癖アリ或時花ノ会ニ行途中

ニテ蘭花ノ見ゴトニ開タルヲ見金子一両許ニ買得テ直 ニ其葉トモニ刈リテ僕ニ携サセ其鉢ヲハソノママ花戸ニ 取ラセテ夫ヨリ会席ニ臨ミ右ノ蘭ヲ残ラズドツト一瓶 ヘ投シタレハ人皆一大美観ヲナセリトテ其膽ヲ称シタ ルコトアリ今是ヲ思ニコレハ人ソバヱト云モノニテ此ノ 如キ所作カラノ人ニ正道ナル人ハナキモノニテ尤悪ム ヘキコト也兎角医ヲ為スモノト出家トニハ尤右ノ場ニ処 スル人多キモノニテ是甚慎ムヘキコトナリ又一医平生諸 候方ヘ出入スル人アリ或時屋鋪方ノ家中ニ金三百両ヲ 拝借シタキ由ヲ云其故ヲ問ヘハ我島原ノ太夫ヲ受出サ

サント思フ故ニ已ニ轎(※)ノ中ニモ金子ヲ貯ヘオケリ是ニ 足シテ直ニ是ヨリ彼処ヘ行ヘシト云是ニ因テ家中ノ人 止〔ム〕コトヲ得ス其由ヲ告ケテ金三百両ヲ出シ借シタレハ其 ママ轎ニ乗テ島原ヘ行キ右ノ太夫ヲ受出シテ妻トシタリ 此等モ屋鋪方ニテ借ラストモ懇意ナル町人ノ所ニテ借テ モスムコト也是只人ノ得セヌコトヲシテ見タカルト云モノ ニテ彼幇間(※)持ナトノ諸人ノ得セヌ処ニテ赤裸ニ成タリ 灰吹ノ汁ヲ呑テ見セルト同シ所作柄ニテ賞スヘキコトニ ハ非ス真ノ医タラント思フ者ハカヤウノコトハ尤恥チ嗜 ミテ只我業ヲ全シテ治術ノ上ニ臨ミタル時人ノ二十貫モ

※轎(キョウ、かご、やまかご、くるま)-①かご。肩にかついでいくかご。②くるま。小さい車。
※幇間(ホウカン)-①宴席に出て客の遊びに興を添えることを職業とする男性。②人にへつらって気にいられようとする者。太鼓たたき。

持所ナラハ実々ニ病人ヲ不便ニ思フ心ヨリ十分ニ肩ヲ 入テ三十貫モアル処ヲ是非トモ持テ行ト云気ニナリ随分 長ク久キニ堪テ見ルコトヲ専トスヘシ是即克己ノ道也 平生言フ処ノ虚実ヲ人ノ体ニカケテ見ルコト治術ノ上ニ 於テ甚大事ノ入流也トカク夫々ノ人体ノ厚薄虚実ヲ度 テ薬剤ノ補瀉ヲナスヘキコト也必シモ一概ニ病ノ虚実ノ ミニ目ヲ付ヘカラス皆夫々ノ木地ニ因テソレ相応ノ物 ヲ用サル時ハ大ニ害ヲ招クコトアルモノ也其ノ夫々ノ物 ト云ハ譬ヘハ同シ掃除ナレトモ庭ヲハクニハ竹箒ニテ掃 キ席ヲ掃ニハシユロ箒(※)席ヲフクハ木綿ツギノ雑巾床コ

※シユロ箒-棕櫚箒。棕櫚(シュロ)の木の幹の皮を穂先に使った和箒。

柱床コフチナトヲフキ拭フハ絹フキント云ヤウニ夫々 ノアヒカタアリ庭ノ掃除ヲスルニシユロ箒ニテ掃キ飛 石ノ苔ヲオトスニ帛フキンニテナデマワルト云ヤウナ ルコトニテハヌルスギテ中々間ニ合モノニ非ス塵埃モサ ツサト行スヨコレモ取レス朝カラ晩マテ骨折テ居テモ サシタル益ナシ是ハイカニト云ヘハ受ル処ノ木地ト用 ル処ノ道具ノ肌合ハス本ヨリ用イマシキ処ヘ用ユル故 也処ヲ是ニテハスマヌトテ俄ニ改テ丈夫ナル竹箒ニテ ハツハツト掃ステ新シキ切ワラニテモ持テ来リドウドウ ト水ヲ流シカケテコスリマワス時ハ暫時ニ奇麗ナル庭

ニナル也是ヲ又譬テ云ンニ若其掃除スルモノノ中ニ至 テ若輩ナル麤相モノアリテ先ノ竹箒切ワラノ手キワヲ 見テ扨々快キモノ哉凡掃除ハカクコソ有タキモノナレ ト二途ニ思ヒ座敷ヘ上リ竹箒ニテ中ツキタタミヲタタ キタテ切ワラニ水ヲ打カケテ床コ柱ナトヲコスリ廻シ タラハソリヤコツハイミチント(※)云モノニテホコリ垢ノ 取レヌノミカ肝心ノ座シキヲハ再ヒ用ニ立フレヌヤウ ニスル也中々其手ニテハ行ヌモノナリ然ラハドウシヤ ト云ヘハ先座シキノ掃除ヲスルナレハ知レタトホリ塵 リ払ニテ先障子襖ナトモハラヒ扨シユロ箒ニテタタミ

※ソリヤコツハイミチント-不明。

ヲハキ其レヨリ肝心ノ床コフチニ至ラハ先口色ナトニ 塗タルモノナラハ最初ニ油ヲ付テヨクシミコマセテ後 絹フキンニテユルユルトフキ取ル時ハ垢ハ十分ニ取レ テ其アト疵モ付ス甚奇麗ニナル也何コトモ皆カヤウノモ ノニテ今洗濯ヲシテモ同コト也粗キ布木綿ヲフリツケテモ ミ浣ガ快トテ至テ緻蜜ニシテ尤古キ帛ナトヲ同シヤウニ モミテハ忽チ弊レテシマウ也表具ノアラヒハリ一ツシテ モコノ差別ヲ知スシテハ大ニ仕損スルコトアリ况医ハ大切 ノ人命ヲ的ニスルトナレハ尤是ノ心得アルヘキコト也若 コノ心得ナクシテ徒ニ芒黄ノ実症ニ扶カリシ味ヲ■(※)シテ

※■-耳の中の横棒が一本少ない字。

虚脱ノ人ヲモカマワス向フ見スニ用ヒテハイカホト仕 損シアランモ知レス尤意ヲ用ユヘキコト也然ラハトテ芒 黄ノ物ヲ恐ヘキ道理ハナシ只其虚実ノ分レメト用テ処 ヲ得ルト得サルトノサカイヲ恐慎テ工夫鍛錬スヘキコト 也兎角芒硝大黄ニ癖ナルモノハ陳皮半夏ノ功ノ著キヲ 知ラス紫蘇香附ニ泥ムモノハ巴豆甘遂ノ能ノ霊ナルヲ 識ラス要只其中ヲ得テ両ナカラヨク用ルニアリ是故ニ 治術ノ上ニテハ病勢ノ盛衰劇易ハ元ヨリニテソノ人ノ 体ノ虚実ト薬剤ノ軽重遅鈍ヲ善弁スルコト肝要ノ務也 常々言示ス通リ総シテ病人ノ居ル間ヘツツトハ入ベカラ

ス必一二間モ間ヲオイテ先何トナク其形容ヲ遠アイヨ リトクト望テヲイテ後親ク病人ニ近付テ見ルヘシ又我 宿ニテ診察スルニモチヨツト病人ノ頭ヲ出スヨリ気ヲ 付ケテ其アルキヤウヨリメスワリヤウナトノ勢ヲチラ チラト見ル処ニテ其軽重虚実ノ大叚ヲ一ツ心ニ認ヲク ヘレ反テ此チラト見タル処ニテヨク分ルモノ也平臥シ テヲル病人ナラハ兎角其寝姿ヲヨクヨク見テ取ルヘシ 必俗ニ云カゲノアルナキト云アンハイアルモノ也然ラ ハトテ其カゲトハトノヤウナルモノトハ云カタシ只チ ラリト見タル処ニテ其勢ノアルトナキトハ分ルナリ病

症重キモノニテモ其寝姿ノ勢何トナク佳キ処アルモノ ハ治スルコトアリ病勢軽クトモ何トナク其寝姿ノサヒシキ ハ佳兆ニ非ス譬ヘハ何ホドニ小キ痩コケタル人ニテモ 梅干ノ如キ姿々ニテモ死ヌマシキ病人ハ何トナク勢ア ルモノ也又何ホド肥大ナル人ニテ鬼ヲモ欺クヘキ体ナ リトモ其勢ヲ失タル者ハ必不治ニ至ルモノ也是所謂カ ゲノアルトナキトノ処也大仏ノ家中菅谷氏ノ男子柿ヲ 食シテ停滞シ大吐瀉ノアトニテ四支厥冷肘膝ヲ過ルニ至 シ時ナド其寝姿ヲ望ムニ甚佳キトコロアリテ中々死ヌ ヘキ勢ニ非故ニ予カ治ニテ早速全快ヲ得タリ然ニ此時

モ予カ往サル前ヨリ医生四五人モヨリ集リ側ニ付添テ 居テ色々トシタレトモ治セズ終ニハ手叚尽テ空ク手ヲ束 テ居タリ是余リ其病人ニ付居テ親ミ過ル故種々ノ変ド モニ眩惑シテ有頂顛ニ成テ居ル故見ヘヌ也又池田家ノ痘 ヲ見ルハ甚麤略ニチヨツチヨト見テ通ルマテ也是ヲ問 ヘハ診察ハアマリ入ホカニ見レハ反テ見ヘスチヨツト シタルトコロニテヨク分ルモノ也是タトヘハ罪人ナト ノ引渡サルルヲ見ルカ如シ彼ワタリモノナトアリテ数 百人ヨリコソリテ是ヲ見ント立サワク時我モタチヨリ テ其引ワタシテ通ル処ヲチヨツト見タル処ニテハカル

ホト死地ニ就ク者故何ホト巌気ナルモノニテモドコト ナク一体サビシクイヤナ容子ニ見ユル也然ラハトコソ 常ノ人トハ違タルカトトクト見ントテスリヨリテツク ツクト久シクナカメテヲレハ初ノイヤナ気味合ノ処ハ ドコヘカ行テヤハリ常ノ人ト同コトニ成モノ也此道理ヲ 以テ也ト云ナルホト此人モ専門ニテ実ニ虚ヲ求ムルノ 人ナル故其謂ヘル処此此ラニ至テハ一理アリ久シテ見ヘ サルハ彼ニ親シク馴レル故其異ナル所ノ見ヘサル也史 記扁鵲伝ニ色ヲ望脈ヲ切ニシ形ヲ瀉スコトヲ待スシテ病ノ 所在ヲ言トアリ是ハモト仲処士ニホコリタル詞ナレトモ

今日甚入用ノコト也此瀉形ト云モノ即チラリト形容ヲ見 トルコトト見ヘタリ然ラサレハ此字義分ラスカゲルノアル ナキヲ認得ルアンハイヲ云タルナラン扨右ノ通リニテ 其真形ヲ瀉スコトハ初ニチラト見取ルヘキコトナレトモ是ハ 初叚ノ心得ニテナヲ夫ヨリ親ク病人ニ近ツキテ一々ニ 精ク診候スヘシ必一概ニザツト見ルコトトシテ麤略ニ失ス ヘカラス四方八隅ニ眼ヲクバリ必見ヲトシナキヤウニ スヘシ古語云如入芝蘭之室久而聞其香典之化也トコ レハモト教化ノ上ニテ云ヘルナレト医術ノ上ヘ移シテ見 ハ彼病人ニ馴過テ反テ死生ノ見ヘ分ラサルモノナトモ

ヤハリ此語ノ与之化ノ気味合ナランカ今日ニテモ初ニ ヨク香ヒタルモノノツ子ツ子ニヲフテヲル中ニハ其香 ヲ知ラサルヤウニナルモノ也病人モ余リ親クナリ過レ ハ反テ診察ヲ誤ルコトアル者ナルヘシ
彼我ヲ隔テストハ病人ノ苦ム処ヲ聞テハアノ息ツカイ ニテハ定テ此処ハサケルヤウナラン此息ハ此処ヘヒビ クナラント云マテヲ我身ト一ツニシテ見ルヘシ彼ガ痛ミ ハ彼ガ苦ム処ニテ亦彼ガ堪忍フ処也ト云ヤウニナリテ ハ必診察麤略ニ成モノ也彼ガ痛ハ実ニ我痛トシテ見レハ 是非トモ精シク成モノ也然トモ亦余リ病人ヲ不便イタワシ

ト思処ニ贔屓付惚レスキテ其苦痛スル処ニ眩惑スル時 ハ反テ眼ノ暗ラムコトアリ色ヲ望ニ目ヲ以セス聲ヲ聴ニ 耳ヲ以セストハ是場也尤心ヲ用テ務ムヘキコト也
病人ニ対シタル時肩ノイカラヌヤウニスヘシナゼナレ ハ兎角肩ノイカルヤウニナルハ此方ノ気分ノヲサマリ 悪クテ上ワ調子ニナリテ居ル故也随分気ヲシツメテ只 向ヨリ云コトヲフンフント聞テ居ル気ニ成テ気ヲヲサム ヘシ気ヲサマレハ肩ハイカラヌヤウニ成ナリ病家ニ居 ル中ニモマダ何ン軒モ何ン軒モ行子ハナラヌナドト気ニセ キアリテハ必見落シ多キモノ也ヨクヨク心得ヘシ

人ハ何レノ道ヲ学フ者モ兎ニ角子バキモノシヤト云性 モチニテ鈍キハ反テ佳シススト過ルハ反テ麤漏ニ失ス ル者也物コト子ツウスルト云ヲ高上ニ云ヘハ貞固(※)也貞 固ニシテ事ニ幹タルニ足レリト云モ此子ツウスル処ノコト 也又人ハ各一短一長アル者ニテ彼ガ長スル処ハ必己カ 短処アルモノ也彼長スル処ヲ学得テ己カ短キ処ヲ補フ ヘシ又彼カ善キ処ヲ見テコレニ従ヒ悪キ処ヲ見テハ 己カ悪キ処ヲ省ミテ改ムヘシ是己ヲ治ルト云モノニテ 聖門第一ノコト也又己ニ備ラヌコトハ必人ニ求テ益ヲ得ヘ シ具ラヌ者ヲ一人ニ求サレトハ古聖ノ詞也

※貞固(テイコ)-心がただしく、たしかなさま。

病ト命トハ異也ト云ハ東洞家ヨリ始レリ医ハ司命ノ職 ニ非ト云レシモ聞ヘタルコト也小児ナトノ大病ニ取合テ サツハリト絶食シ不語ニ成テモハヤ死タル者ノ如ク見 ヘナカラ折々ニハ手ヲ挙タリナトシテ実ニ只折フシ乳豆 ニテ口ヲ滋ホメヤルマテナル者ノ三十七八日モ夫ナリ ニ死モセス息在テ居シナトアリマタ病モ何モナシニコ ロリト頓死スル者モアリ此事ニテ見レハ実ニ命数ハ天 ニ在テ医ノ私スヘキ処ニハ非ス真実ノ処ハ病ト命トハ 別ノモノ也然トモ今日子弟ヲ導クモノハココニ一ツノ心 得アルヘキコト也只命ハ天ニ在ルモノニテ医ノ知サル処

トシテ放テハ診察モ自ラ麤漏ニ失スルヤウニ成也命ハ天 ニ在ニモセヨ畢竟命ノ惜サニコソ医ヲ頼ミ養生モスル コトナシ医モ亦性命ノ存亡ヲ心ニ与リ色々ト辛労工夫ヲ スルニ付ケテコソ見ヘカタキコトモ叚々見ヘ出ルコトノア ルト云モノ也然ルニ肝心ノ命ヲハ天ニ在コト故死フカ生 フカ天道次第夫ハ此方ノ知ル処ニ非ス只病勢ノ虚実ス ラヨク見テヲレハ大ニテ医ノ職分ハスムコトニシテハ荷ノ カカル処軽キ故診察ノ上ニ於テモ努力スルコト少シテ自麤 漏ニナル道理也故ニ極意ノ処ヲ云時ハ性命ハ天ニ本ク コトナレトモ治術ノ上ニテハ随分ナルタケハ其死生ノ場ヲ

見覚ント心懸クヘシ是造化ノ功ヲ奪ントニモ非ス造化 ニ先ントニモ非ス只造化ノ成リ行ヲ見届ントスヘシ 大病人ニ受取テ療治スルノ時其病人ヲ大切ト思フニ付 ケテ此方ノ食事ノ常ヨリハ一膳モ減ルホトニニナケレハ 十分ノ処ノ芸ハ出キヌモノ也去ナカラ此ニ二様アリ此 年ノ頃マテハ兎角此大病人ヲ仕損シテハ病家ニモ我ヲ怨 ミテタワケタル者ト思イ世間ヨリモ疎ンセラレン然レ ハ是非トモ手際ニ療治セスシテハ此方ノ一分ノ立ヌト云処 苦ニナルヨリ食事ノ減リシコトアリ毎々思案シテ見テモト カク此処ヘ陥タリ此ニテハ彼ヲ愛スルト云モノニテナ

クヤハリ我ヲ愛スルニアタル也只今ニテハ此場ハサツ ハリト免レテ只彼ヲ愛スルノ意ヲ専トス其意得ハ先大 切ナル病人アレハ必其親子兄弟ナトハ色ヲ失イウロウロ トシテヲル者也此処ヨリ取付ヘシ死生ノコトハ自由ニモシ カタキコトナレトモ其家内ノ心胆ヲクタク処ト病人ノ苦ム 処ヲ実々ニ不便ニ思イ届ヌマテモ此方ノ力一ハイヲ尽 スヘシ此方ノ名利ノ処ハ忘レテ只一筋ニ彼ヲ不便ニ思 コト深切ナル時ハ此ヨリシテ我食ノ減ルモノ也カホトニ力 ヲ入レハ自然ト目ノ及カタキ処モ見ヘ出ルモノニテ畢 竟医ノ冥加ニモ叶ヘキモノ也彼ヲ愛トハ此ノ処也ヨク

ヨク心ヲ用サレハ此実意ヲ得カタキモノ也務テ我名利 ヲ愛スル場ヲ免ルヘシ
医ノ術ハ活物ヲ向フニ引受テスルコトナルニ古来ヨリ死 物ノ規矩準縄ヲ引アテテアリ此全体ハ不自由ナルモノ 也此等ノ処モ其心得アルヘキコト也
総シテ物コトノ煆錬(※)ト云コトハナケレハナラヌモノ也伏水 海道ニテ製スル小児ノ玩弄ニナル土ノ鈴アリ此中ノ丸 薬ノ如キ玉ヲスルニ初三年ノ間■(※)古セサレハ其響ヨク ナラヌト也此等ノモノニテスラ其煆錬此ノコトシ医ノ 修業ナトハ尤煆錬ヲ肝要トスヘシ

※煆錬-煆煉(かれん/作り上げる、焼き鍛えること)の誤記であろうか。
※■-稽の日部分が去の第一画の横棒を失った字。文脈から稽の字であろうか。

手如握虎トハ全タイ恐シキモノナレトモ恐レトモ何トモ思■(※) ス取ルナレトモ油断ハナラヌ油断シテハ至テ恐シキコト也ト 云処ヲ云タルモノ也
総シテ病人ヲ見テ方ヲ処スル時ヒツクリトヨク症ト方ノ 相対スルハ其病必治シ方ト症トノ対シ具合ヒツタリト セヌハ其病治セヌモノ也譬ヘハ上手ノ大工ノケツリシ 板ト板トヲ打付タルヤウニヒツタリトヨククイ合ヘハ 病ハ愈ルモノ也サレハ此方ノ麤漏ニテ目ノ届ヌ処ヨリ 方症ヲ対シ損シタルハ此方ノ不調法ト云モノニテ格別 ノコト也サモナクシテ此方十分ノ忠誠ヲ尽シ千辛万苦シテ

※■-判別不明。文脈から「ワ」であろうか。

残処ナク付廻シテ見テモ方ノ付ヌハ難症ト知ヘシ大概 精密ニスレハ病情モ尽ルモノ故方症モヨク対スルモノ 也然ルニ対セヌハ悪症也
病ノ愈ンコトヲ願ヒナカラ灸治ナトヲ嫌フハ譬ヘハ書物 ヲヨマスシテ学者ニ成ンコトヲ欲スルカゴトシ
総シテ脈ヲ診スルニハ病人ノ腕クヒヲ仰ニソラシテミル ヘシ肉ウスクナリテ分リヨシ病人ノ手ヲ前ヘ屈マスレ ハ脈沈ミテミヘカタシ
昔日或病人ニ建中湯ヲ用シニ膠飴ヲ梅干ホト入ヘシト 云シヲ病家キキ損シテ三十日モツツケテ薬ニ梅干ヲ入テ

用シコトアリ故ニ病家ヘ云キカスコトハ何コトニテモ念入 テ云ヘキコトナリ
書ヲ学ヘハ紙ヲツイヤシ医ヲ学ベバ人ヲ費スト東坂ノ 云レタル如クナルホト医ヲ業トスルモノハ反テ人ヲ傷 ルコトアリ然トモ数多ノ人ヲ傷テハナラヌコトユヘ最謹慎ニ スベキコト也何レ費スハツイヤスナレトモ十人ツイヤシテ 百人モ活スルモノアレバツギ合ニナルト云モノ歟也サ リナガラ人ヲ費スト云ホドノ手ゴハキメニ数遍アヘハ 肝胆ヲクダクニツケテ術ハアガルモノナリ
他医ノ療治シテイル病人ナドヲカゲカタワラヨリ色々

邪説ヲカマヘトキヲトシテ我手ニ療治スルナドト云如 キ至テ卑劣ナルコトハ夢ニモセヌヤウニ慎ムベシサヤウ アリテハ生涯人ノ表ニ立コトハ出キヌモノ也只ヲトナシ ク大ヤウニ療治ヲ表トヲリニテスベキコト也
劇病ノ如ク見ヘテ思ノ外軽キ病アリ此ノ如キヲ衆医見 損シテ手ヲ束子タル処ヘ出会イ弥軽病ナルコトヲ候イ得 テ療治シテ全快ニ至レハ病家ハ悦懌ニ堪スシテ命ノ親也 ナトト云モノ也左様ナル時ニ必調子ニ乗リテ手柄自慢 ヲセヌコト也諸医難症トテ躁キタレトモ全ク左様ノコトニテ ハナク軽症ニテアリシ故治シタリト云コトヲヨク云キカ

スヘシ是易キヤウナルコトニテ甚云カタキモノ也然ルヲ 得テハ心得違テ調子ニノリナルホト危篤ナル処ヲ助リ シハ実ニ拾ヒ者ニテ大ナル仕合也此方ナトモ所詮ユカ ヌコトト思シニ存ノ外ノコトナリナトト云テ大ナル顔シテ 居ルハ甚不埒ナルコトニテ天罰ノホト恐ルヘキコト也又実 ニ危篤ノ症ニテ有タリトモ病人ノ全快シタルカ左ホト医 ノ手柄ト云ニモアラス又人ノ性命ハ見ゴト人手柄ワサ ニユクモノニモアラス只三十日ニ治スル処ヲ巧者ニス レハ十五日カ二十日ニ愈ルマテノコトニテ畢竟ハ其方ノ 運命アリシ故助リシ也ナトト云ヘシイササカモ造化ノ

功ヲ我手柄ノヤウニ思フヘカラス
蒔己ナドハ最大家ニテ其医案ナドオ甚ヨシ其文章見ツ ベキモノ也張氏璐玉ハ手叚ニ於テハヨキコトモ多ケレトモ 文章甚拙キニ似タリ赤水玄珠ハ甚文章当世メキタル(※)モ ノナリ
人身ノ蔵府ワリ合モ全体ハ五蔵五府ト云テ佳コトニテ畢 竟命門三焦ナドハワリ屑ト云ヤウナルモノ也叚々ワリ 合ヲスレバ拠ナクカヤウノワリ屑出キル也其三焦ナド ハ別シテソリ出シクヅナリ
耳ノ輪ナドハ無用ノモノノヤウナレトモ此モノナケレバ

※当世メキタルー文意不明。「めきたる」は「のような、似ている」という意味。

耳ノキコヘアシシ故ニ耳ノ遠キ人ノモノヲキクニハ耳 ノ輪ヲ前ヘオシカタムケテキク也輪ノ処ヘ向ノ人ノ言 フコトノアタルヲ真ニキキコム意ト見ユル也会厭ナド モナケレバナラヌモノニテ是ノオチタル人ハアツキモ ノナドヲツツト飲コム寸必咽ヲヤクモノ也畢竟是ニテ 飲食ヲクバルモノナリ故ニ予ガ旧里ノ方言ニモ是ナシ ヨクワケト云又歯ナキ人ノ熱物ヲ食スルニハ油断スレ バ■ヲヤクモノ也又睾丸ナケレバ陰茎勃起セズ又睫(※)ナ ケレバ目ノ見ヘモアシク第一ニハ目中ヘ塵埃入ナリ 予ガ師トシツカヘシ処ノ旭山戸田斎宮先生ハ元備前ノ

※睫(まつげ)

家中ニテ鈴木古左衛門ト云シ人ノ兄也祖父ノ時マデハ 禄千五百石ニテ番頭ナリシガ方直ヲ以テ時ニ容ラレズ 故ヲ以テ其子ニ至テ禄五百石ニ減少セラレ物頭トナル 是モ同方直ノ士ニテ世ト合セス即先生ハ其嫡子ニテ熊 沢流ノ学者也シカモ天性鎗術ヲ好ミ力ヲ尽シテ鍛錬セラ レシカトモ身体矮小ニシテ膂力トモ人ニ優ラサレバ武術ノコト ハ心ニ任セザルコトトモ多カリシニヨリ自ラ退身シテ舎弟ヲ シテ家ヲ嗣シメンコトヲ望マレタリ父其故ヲ問ルレバ先祖 已来国恩ヲ蒙ルコト今ニ至テ数世ナレバ其恩顧ノ深ク高 キコト且タ忘レサル処ナリ然レトモ此身ノ天稟薄弱ナルカ

故ニ武術ヲ以テ人ニコユルコト能ズ此ノ如クニテハ自然 武辺ノコトモアラン時諸人ニスグレテ武功ヲ顕シ以テ国 恩ヲ報センコトモ覚束ナシ徒ニ慷慨ストモ其能ニ任ザラ ンコトヲ如何トモスルコトナシ幸ニシテ弟其ハ今已ニ強壮ニシテ シカモ膂力モ人ニスグレタル処アリコレオヲシテ我ニ代テ 家ヲ嗣シメバ万一ノコトアラン寸我ニマサルノ能アリテ ヨク君恩ニ報ヒ家名ヲオトサザラン否ラズンバ恐クハ 君上ニ対シ祖先ニ対スルノ道ニ於テ尽サザル処アラン ト也父其言ヲ義也トシテ終ニ二男ヲシテ家嗣タラシメ即先 生ノ産業ヲ問ルレバ母公ノ父戸田氏ノ嗣今已ニ断絶セ

リ彼家モト医ヲ業トス我亦モトヨリ退身ノ望アルニヨ リ預メ医ニ志コトアリ願クハコレヨリ彼家ヲツイデ医ヲ 業トセン幸ニコレヲ許ト也父亦其言ヲ然リトシテコレヲ 許サレタリ先生又請テ曰願クハ我ニ十金ヲ賜ハバ復請 コト莫シ是終身ノ願也ト父曰尓今僅ニ此数金ヲ請テ復セ スト云歳月ノ長ク世路ノ違イ易キ豈ヨク飢寒ニ堪ザル ノ憂ナカランヤ曰男子一タビ言ヲ吐豈復言ヲ食ノ理ア ランヤ且不肖ニシテ家ヲツグコト能ズ徒ニ此数金ヲ請スラ 心ニ於テ安カラザル処也何ゾ其他ヲ顧ミテ再ビ言ヲ穢 スコトヲセン父曰行ケ復請フコトナカレトテ即金十片ヲ出

シテコレヲ与フ先生即金ヲ拝シテ懐ニシ平生秘スル処ノ 甲冑ト鎗一條ヲ携ヘ親友ニ別ヲナシ郷里ヲ去テ洛ニ上 リ西六條ノ境内ニ寓居セラルルコト已ニ三年ナリシカモ 誰アリテ来リテ療治ヲ求ル人モナシ其間難苦ヲ甞ラレ シコト勝テ云カタシ其初ニハ人ノ為ニ按摩導引ナトシテ其 謝物ヲ得テ飢寒ヲ救ワレシカトモ漸々ニ嚢裏空ク成ルニ 至テ熟々ト思維セラルルニ此ノ如キニテハ所詮長久ヲ 保ツコトモカタカラントテ其ヨリ米穀ヲ鬻(※)クノ処ニ至テ 或陳久ノ大麦或蠧(※)ミ余シタル黄豆ナドスベテ価ノ廉ナ ルモノヲ買得テコレヲ煮熟シ和スルニ白塩ヲ以テ日々

※鬻(イク、シュク、かゆ、ひさぐ)-①かゆ。水を多く入れて炊いたごはん。②ひさぐ。売る。③養い育てる。
※蠧(ト、きくいむし、しみ、そこなう、むしばむ)-木を食う虫。衣類や書籍などを食う虫。むしばむ、虫が食う。そこなう。原文中の字は虫が一つ少ない字体。

ノ食トシワヅカニ飢ヲ免ルルノミナレトモ恬然トシテ以テ 意ニ関ルコトナシココニ本国用達ノ町家アリテ時々訪来 リテ其窮迫シテ居ラルルヲ見テ若飢寒ノ難アラバ必告ゲ ラルベシ隔意セラルルコトナカレナドト懇ニ云ヘルコト親 友ノ如クナリシカトモ終ニ一金ヲモ請求メラレズ且其人 モトヨリ深キ交アルニモアラズ又此ノ如ク人ヲ憐ムベ キ人物トモ見ヘズ不審キコトトノミ思ハレシガ後ニ探索シテ 其情曲ヲ詳ニセラルルニ皆其家君ノナセル処ニテアリ シカバ実ニ海山ノ恩ヲ感ジ数行ノ涙ヲソソガレシト也 然ルニ歳月人ヲ待ザレバ空ク春秋ノ来往スルコト已ニ三

ビニ及ヘリ先生ココニ至テ謂ラク京俗ノ浮華ナル人情 ノ軽薄ナル吾性ニ適シテ生ヲ終ヘキノ地ニアラスレカジ 居ヲ浪華(※)ニトセンニハトテ挙家ノ賊器ヲ貸リ僅ニ白金 二十余銭ヲ得テ自ラ肩上ニ鎗一條ヲ架シ其両端ニ掛ル ニ甲冑ト些ノ物トヲ以テ独歩シテ洛ヲ発シ伏水ニ至リ終 ニ浪華ニ下ル然トモ此時ニ当テ半面ノ知識モナケレバ身 ヲ宿スベキ処モナク孤舟ノ海ニ漂カコトク独鶴ノ雲ニ 迷ニ似タリヤウヤクニシテ丐(※)童ノ長タルモノノ栖(※)ル処ニ 投ン得テココヲ以テ暫時ノ寓居トシ即其夜ヨリシテ竹管 ヲ吹テ街上ヲ走リ人ノ為ニ按摩導引ヲナセリ此ノ如ク

※浪華(ロウカ)-波が砕け散って花のように見えるもの。いわゆる地名を指す「なにわ」であろう。
※丐(コウ)-乞う、乞食の意。
※栖(セイ、サイ、すむ、すみか)

ナルコト連夜ナリシニ或夜九之介橋ノ街上ニテ市人ノ会 処ヨリ喚入テ按摩導引ヲナサシメタリ其主人頗ル志気 アルモノニテ先生ノ容貌ヲ熟視シテ公何人ゾ恐クハ此賤 業ヲ事トスルノ人ニアラザルベシ願ハ其詳ナルコトヲ聞 コトヲ得ント云ヘリ先生亦敢テ辞セズシテ曲ニ其状情陳ヘ ラレシカハ主人コレヲ聞テ嘆賞ニ堪ズシテ即為ニ其居ヲ トスルコト猶子ノ為ニスルガ如シテ終ニ市中ノ人タルコト ヲ得セシメタリコレヨリシテ本業日ニ盛ニ行レ後果シテ清 名ヲ海内ニ発セラレタルコト人ノ知レル処也然シテ其志ヲ 得テ大門戸ヲ張リ開カルルノ日ニ当リテモ彼会処ノ老

夫婦ヲ崇敬セラルルコト一ニ父母ノ如クシ元旦ニハ必先 其家ニ至リシカウシテ後他人ノ処ニ行カレ又年々春初ニ ハ必近隣ヲ招テ宴ヲ催サル此日ニアタリテモ必彼老夫 老婦ヲシテ席ニ首タラシメテ自ラ配膳セラルスベテ其本 ヲ忘ズシテ二老ヲ親マルルコトハ猶嬰児ノ父母ヲ慕ガコト ク恋々(※)トシテ終始一モ違コトナカリシ也又先生ノ人トナリ ニ於ル其身体ハ至テ矮小ナリシカトモ音色ハ雷霆(※)ノ轟ガ ゴトク義ヲ見テハ涙ヲ流シテ感シ不義ナルヲ聞テハ狂 獅ノ如シ人若不廉(※)不遜ナルコトアル寸ハ其怒リアタリカ タケレトモ若ヨク過ヲ悔テ罪ヲ謝シ君子ノ怒リニ因テ益

※恋々(レンレン)-①恋い慕って思いきれないさま。②執着して未練がましいさま。
※雷霆(ライテイ)-かみなり、いかずち。
※不廉-値段が安くないこと、という意であるが、文脈にそぐわない。

ヲ得タリナド云ヘル寸ハ忽チ怒ヲ止テイササカモ不平 ノ色ナキコト譬ヘバ爾後ノ朗月ノ如シ又総シテ病家ニ行ル ル寸ハイツモ大道ノ正中ニ轎子(※)ヲオロサセテ出ラレ親 ノ病ナル寸ハ必其子出テ轎子ノ前ニ跪キテ迎サセラレ 若然ラザル寸ハ忽チ轎頭ヲ廻ラシテ帰ラレタリ此ノ如 クナルコト時々アリシユヘ人以テ常トシテ必子ヲシテ出迎ヘ シメタリ其子前ニ至テ跪寸轎子ノ中ヨリ手ヅカラ薬篭 ヲ出シテ其子ヲシテ携ヘ入シメラルルコト何レノ豪商ノ処ニ テモ皆然リ又自療治セラレタル病者若死スル寸ハ一切 ニ其家ヨリノ謝物ヲ受ラレス若止スシテ再ヒ来ル寸ハ其

※轎子(キョウシ)-輿(コシ)のこと。人間を乗せ人力で持ち上げて移動するための乗用具。中国宋の時代に轎子と呼ばれていた。

使ノ前ニテ封ヲ更メテ其檀寺ヘ贈ラシメラレタリ若又 大病ナドノ平快シテ反テ謝物ヲ薄フスルモノアル寸ハ其 激怒セラルルコト猛虎ノ怒レルガゴトク尓等ハ活命ノ恩 ト云ヲ知ラズヤ先ニ極テ困苦セル寸ハ頭ヲ垂レ地ヲ叩 テ窮ヲ告タリ其苦悩ヲ救シモノハ我ニアラズシテ誰ソヤ 然ルニ今此些少ノ金ヲ以テ謝セントス是能尓ガ命ヲ買 得ンヤト云ルレハ胆ヲ冷シテ大ニ恐レ帰リテ後更メ封シテ 来ルトキ若其謝物過分ナルハ又大ニ立服シテ大抵医ニ謝 物ヲ贈ルニモ其ヨキホドノアリシモノ也我亦何ソ多キ ヲ貪ランヤトテ面前ニテ秤リヲ出シ自取ベキホドヲト

リ其アトハ皆返サルルコト毎々ニテ其他諸事ニツケテモ 廉潔ナルコト皆此ノ如シ治術ノコトハ常言ニモ専湿邪ヲ唱 ラル外ヨリシテ云寸ハ万病一水毒ト云ホドノコトニテ最治 痢ノ術ニ長ゼラレタリ且自己ノ見解ニテ本州ノ学ヲ好 ミ苑中多ク草木ノ品ヲアツメラレタリ或時本草ヲ以テ 世ニ鳴ル処ノ島津常之進ナル人来リテ苑中ノ百草ヲ観 其品類ニ冨レシコトヲ賞歎(※)シ是ヨリシテ交リ日ニ深クナリ 後終ニ其人ノ門人トナリテナヲ本草ヲ研究セラレタリ 又老後ニ及バルルマデモ総テ実子ノナカリシユヘ螟蛉(※) モアリシカドモ碌々(※)ノ人ニテ箕裘(※)ノ業モ全カラズ終ニ

※賞歎(ショウタン)-感心してほめたたえること。
※螟蛉(メイレイ)-①青虫に同じ。②(ジガバチが青虫を養い育てて自分の子とするという故事から)養子のこと。
※碌々(ロクロク)-①平凡で役に立たないさま。たいしたこともできないさま。②小石が多くあるさま。
※箕裘(キキュウ)-父祖の業。また、その業を継ぐこと。

其祀ハ絶タリ又先生老後ニ及バレテ彼秘蔵セラレシ処 ノ鎗及甲冑ヲ舎弟ヘ贈ラレタリ其時ニヲクラレシ書束 ヲ予ニ示シ見セラレシガコレヲ読ミテ師弟トモニ大ニ落 涙シタルコトアリ其書ハ大意ハ自ラ少カカリシ時ヨリ嗣 ヲ舎弟ニ譲リ本国ヲ立去リテ不羈(※)ノ身トナリ医ヲ以テ 業トスト云ヘトモ国恩ノ重キハ一日モ忘ルルコトナシコレ ニ因テ万一国家ノ大事ニモ及ベキコトアラハ此甲冑ヲ着 シ此鎗ヲ携テ速ニ国難ニ赴キ溝洫(※)ノ填(※)草トモナラント思 ヘルコト寝食ノ間モ忘レズ故ニ往昔難苦ココニ極リシメ 日ニアタルト云ヘトモコレヲ売リテ飢渇ヲ救ハザリシハ

※不羈(フキ)-①物事に束縛されないで行動が自由気ままであること。②才能などが並はずれていて、枠からはみ出すこと。
※溝洫(コウキョク)-田畑の間にある溝。
※填(テン、ふさぐ、ふさがる、うずめる、うずまる、はめる)

コレガ為ヲ以テノ故ノミ然ルニ今日已ニ桑楡(※)ニセマリ タレバ徒ニコレヲ秘シテ何ヲカマタン弟ヨク此志ヲツイ デ国恩ヲ忘ルルコトナクンバ何ヲ以テカコレニ加ントテ 其長サ三間ニモ余レル書ヲソヘテ贈ラレタリ其義ノサ カンナルコト皆此ノ如クナリシユヘ平日ニテモ義臣烈士 等ノ談ヲナス寸ハ感賞ノ余リ声ヲ放テ號哭(※)セラレタリ 又其容貌ハ先白髪髯ニテ身ニハホイチン(※)ト云ヘル服ヲ ヨヒレンイヲ服シ〔初シン衣ヲ白ニテ着シラレシカ動モスレハ街上ニテ犬ノ為ニ吠ラルルニ〕 〔ヨリ後ニハ色ヲ染ラレレリ〕背ニ大ナル綬(※)ヲツケ飾リタルチサ刀ヲ帯 シ恬然(※)トシテ間歩(※)セラルルコト其常ナリ又或時郡山ノ家中

※桑楡(ソウユ)-①クワとニレ。広く樹木をいう。②夕日が樹木の枝にかかること。夕方。夕日。③一生の終わりの時期。晩年。
※號哭(ゴウコク)-大声をあげて泣き叫ぶこと。
※綬(ジュ)-①古代中国で、官職を表す印を身につけるのに用いた組紐。官位によって色を異にした。②古代、礼服着用のとき、胸の下に垂らした帯。白地に種々の色を組みあわて、平緒のように組んだもの。③勲章・褒章・記章などを身につけるために用いる紐。
※恬然(テンゼン)-恥ずべき事などを何とも思わないで、平気でいるさま。
※間歩(カンポ)-ぶらぶら歩くこと。閑歩。

柳里恭(※)病アリテ先生ノ診察ヲ請シカ初ハ相待スルコト礼 尽セル故先生モ甚愉快ノ容子ニテアリシニ少間シテ彼人 先生ノ劔美ナルヲ熟視センコトヲ請フ先生シバシバ辞セラ ルレトモ懇請シテ止サリシカバ先生大ニ激怒セラレ足下ハ 一国ノ政務ニ与ルノ人ニアラスヤ然ルニ人ノ刀劔ヲ請 見ルノ礼ヲ知ラサルハ何ゴトゾ凡人ノ刀劔ヲ請見ント 欲スル寸ハ必先己ガ帯佩(※)ヲサシ出シテ後初テ人ニ請コト 士タルモノノ常也足下従来文学ニノミ耽ルユヘ反テ此 等ノ礼節ヲモ知ラサル也予ガ本国ニテハ至テ微賤ノ士 モ未曽テ此ノ如キヲ見ズトテ大ニ辱シメラレシカハ里

※柳里恭(リュウリキョウ)-柳沢淇園(ヤナギサワキエン、1704-1758)のこと。江戸中期の詩人・文人画家。大和郡山藩士。
※帯佩(タイハイ)-①太刀を身に帯びること。②芸能や武術の身の構えや作法。

園モモトタダ人ニアラザルユヘ甚恐入テ罪ヲ謝シ我モ モトヨリコレヲ知ラザルニハアラザレトモ誤テ礼ヲ失シタ リ願ハ吾多罪ヲ赦セ先生ノ咎メハ大ニ我ヲ益スルノ賜 也請此教ニ服シテ今ヨリ後此過ヲヲカスコトナカラント 云シカバ忽チ怒ヲ止テ愉快ノ顔色ニナラレタリ里恭即 自ラ劔ヲ出シテ先生ニ呈スレバ先生亦出シテ是甚麤劔 ナリトテ見セラレタリ又ツ子ニ病客ニ対セラルルニモ 商売ノ徒ニハ劔ヲ徹セズシテ診脈セラルルニヨリ其故 ヲ問ヘハ凡ソ士ニ対スルノ寸ハ彼劔ヲ徹スレバ我モ又 徹シ彼徹セザレバ我モ亦徹セズ通例農商ノ徒ハモトヨ

リ無刀ナレバ我何ノ劔ヲ徹スルコトヲセント云レタリ或 時知音ノ人シキリニコレヲ諫タレトモキカレザレシカ久 シテ後無刀ニナリテ歩行セラレタリ其故ハ彼有馬凉及ト 云シ医備前ノ伊木豊後ト云ヘル人ノ療治ニ行ントキ已 ニ客舎ヲ発シテ後復立帰リテ劔ヲ徹シテ行シガ後ニ門人 其故ヲ問ヘバ彼人病アリト云ヘトモ平臥ニモ至ラズ然レ ハ其平日ノ権柄ニテ我ヲ待寸若シ劔ヲ徹セズバ我モ亦 徹セズシテ診察センニ他人ヨリ見バ見苦シカラン故ニ我 先劔ヲ帯セズシテ至レハ其場ニ論ナキコト也ト云シコトアリ 此論ニ感シテ先生モ亦徹劔セラレタル也右ニ述シハ僅ニ

其一端ヲ挙タルニテ先生平日行状ニ於テハ彼此記シオ クヘキコトトモ数多アリト云ヘトモ姑クココニ略スルノミ
   西椹医冲生生生参校
蕉窓雑話五編終

蕉窓雑話跋
先子少時、学医於東郭和田先 生。其侍次、先生毎有説話、輙与諸 子筆、以記之、後会輯成巻。名曰 蕉窓雑話。其言之於医話、一語金 玉、以故為人所竊冩遂、以流播 于世矣。先子懼其魯魚誤、実荊璧 失真典、諸子謀欲請之先生以上

※参考:http://www.aurora.dti.ne.jp/~saiun/shiryo/shosoza.htm(小松一先生書き下しとのこと)
※輙-すなわち。輒。
※輯-あつめる。
※竊-ぬすむ、ひそか。
※冩-うつす、うつる。
※遂-なしとげる、ついに、とうとう
※懼-おそれる、驚いてびくびくする、あやぶむ、懸念する。
※魯魚(ろぎょ)-(魯と魚は字が似ていて間違いやすいことから)まちがいやすい文字、文字の誤りの意味。
※播-たねをまく。
※荊璧 韓非子 和氏に出てくる様子

梓。而先生忽易簀、遂不能之果。爾後 諸子亦継逝。先子、毎以慨恨、戌寅 夏病疔瘡。湯薬之間、乃取而校 之。又附以一二之言、将以上木、既愈。 而礙于事務、稽留、越年則 旧毒復発、遂不能起。及其辞 世嘱予。以梓事。予、不肖斬。焉 在哀経哭擗之中、未能奉命

※簀-すだれ、すのこ。
※慨-なげく
※礙-さまたげる。
※稽留(けいりゅう)-とどまること、とどこおること。
※嘱-たのむ。
※焉-いずくんぞ

也。今茲除服則急謀剞劂、以壽 之于世。聊以冀、称遺命懇々 之万一云爾
文政辛巳復六月
  服部主一謹識

※今茲(こんじ)-ことし、本年。
※剞劂(きけつ)-①彫刻用の小さい刃物。②彫刻をすること、彫刻をしたもの。③版木を彫ること、また印刷、上梓。
※称-ほめる、たたえる、となえる、はかる。
※聊-いささか。
※冀-こいねがう。
※懇-ねんごろ。①まごころ、心をこめて。②うちとける、したしくする。