蕉窓雑話 新旧漢字一覧

打ち込みに当たり当用漢字や本字に修正したもの。第一巻で修正したものは第二巻でも修正する。第三巻以降も同様である。
表記は「修正後の字(底本における字)」である。

第一巻

医(醫、毉)実(實)伝(傳)宝(寶)続(續) 虚(虛)証(證)読(讀)学(學)沢(澤)
当(當)国(國)予(豫)辞(辭)数(數) 称(稱)号(號)処(處)薬(藥)尽(盡)
変(變)応(應)聴(聽)声(聲)条(條) 残(殘)画(畫)余(餘)場(塲)対(對)
随(隋)挙(擧)隠(隱)円(圓)芸(藝) 気(氣)励(勵)体(體)誉(譽)戦(戰)
発(發)剤(劑)為(爲)概(槩)栄(榮) 帯(帶)胆(膽)鉄(鐡)悪(惡)脈(脉)
労(勞)強(ムが口)弾(ツが口口)覚(覺)拘(口がム) 広(廣)摂(攝)称(稱)会(會)与(與)
麦(麥)数(數)参(參)専(專)竜(龍) 滞(滯)帰(歸)転(轉)塩(鹽)乱(亂)
華(草冠+巫+十の様)黒(黑)弁(辨)缶(罐)状(爿+犬) 湿(濕)旧(舊)渋(澁)霊(靈)既(旁の変形)
経(經)莽(莾)軽(輕)壮(爿+士)枢(樞) 姜(薑)団(團)蘇(蘓)賓(ウ冠+眉)

第ニ巻

欝(上部がツ+ワ冠+艮/寸の様な字)富(冨)台(䑓)旨(上/日)総( 總) 轟(軣)触(觸)礼(禮)拠(手偏に處)蠍(蠍の虫が下部にくる)
斎(齋)略(田が上にくる)冥(ワ冠に具)恵(惠)攣(亦/手) 陰(今の部分が異なる異体字)婬(士が缶)搔(旁の上部が発の上部と同じ)摂(攝)州(刕)
冗(ワ冠にル)煙(𤇆)愁(心がりっしん偏となる)紙(帋)承(羊/水) 縦棒は一筆)独(獨)仏(佛)麤(麁)後(后)
迯(逃)萌(萠)惰(月が日となる)尓(爾)草(屮)図(圖) 廉(産の生が兼)

第三巻

嘗(甞)摂(攝)決(决)砕(碎)廃(病ダレ+発) 視(眎)駅(驛)欠(欫)

第四巻

欠(欫)逃(迯)歟(欤)解(觧)秘(祕) 舗(鋪)党(黨)巣(窼)疎(疏)往(徃)

第五巻

帰(皈)払(拂)価(價)貌(皃)恋(戀) 草(艸、卉)礼(禮)